FC2ブログ

KAMELOTの来日公演が11月28日(東京)、29日(大阪)に開催

アメリカのシンフォニック・パワーメタルバンド、KAMELOTの来日公演が下記の日程で行なわれます。

<KAMELOT THE SHADOW THEORY JAPAN TOUR 2018>

◆2018/11/28(水) 東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST
開場・開演:OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:¥7,500(税込・スタンディング / 1ドリンク代別途必要)

◆2018/11/29(木) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO
開場・開演:OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:¥7,500(税込・スタンディング / 1ドリンク代別途必要)

今回の公演には最新作『THE SHADOW THEORY』にゲストとして参加していた、ONCE HUMANのローレン・ハート(Vo)がゲスト・シンガーとして参加。そしてサポートアクトとしてアメリカのプログレッシブ・パワーメタルバンド、WITHERFALLが出演します。

サポートがSERENITYだったら仕事をブッチしてでも行くんですけどね…(ボソッ)。
いや、28日は転職する同期の送別会だからいずれにせよ無理でした(苦笑)。







kamelot2018.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。
御大のJUSDAS PRIEST のコメントにて、
自分はHCSS に行くと述べましたが、
やはり心の内に少しばかり、体が2つあったらなぁーと感じてはおりました.........
しかしながらHCSSの面々はその名の通り
“SUPERSTAR”でした!!!!!!!!!
終盤、撤収の時間が差し迫って居るようで、クルーが”まだ演っている”メンバーに手首を指差しながら、ドラムキットを1つずつ取り上げ、コーラスマイクを折り畳む”演出”は思わず笑ってしまいました........
ちなみにJUDAS PRIEST はこの日の水道橋でglen御大は姿を見せましたがあろうことか、electric eyeを演らなかったみたいですね.......
本題を逸脱し、失礼いたしました.......

>Tomさん

いえいえ、本題(?)などお気になさらずに(笑)。
撤収の「演出」、秀逸ですね(笑)。いつもやっているものなのでしょうか。

JUDAS PRIESTのライブに行って「Hellion~Electric Eye」を聴けないというのは、少々物足りなさを感じてしまいそうですね。

今の衰えたロブでも比較的歌いやすい曲のような気がするんですけどね。

KAMELOTの強みはキラーチューンの多さということを体感してきました。とにかく曲がいいですわ。ドラムはアレックスランデンバーグでしたね。

>名無しのメタラーさん

地味な曲もあるけど、キラー・チューンはとことん強力で、名曲級の楽曲を複数持っているのはこのバンドの決定的な強みですね。

ドラムはアレックス・ランデンバーグだったんですか。

新加入の人はもうクビになったのかと思いきや、ググってみたらケガで一時離脱しているようですね。

サポートアクトがセレニティだったら汗

Witherfallは正直、ビミョーすぎてなんとも…何がやりたいのかわからなくて💧
セレニティとかALOGIAがサポートだったら昇天します(笑)
どちらも年季入ってるからサポートとか言うの失礼な話ですが(汗)
キャメロットに釣り合うバンドってありそうでない気がいたします。
セブンスワンダーかコンセプションなら問題ないでしょうが(ボソッ)
しかし…まさかの新旧まぜまぜセトリは予想外でした。
カーンの十八番みたいな曲もバリバリやってて、それがナチュラルにハマってて、改めてトミー・カレヴィック=キャメロットの顔になったんだなぁと感慨深いものが。

>キャメロッターさん

WITHERFALL、ビミョーでしたか(苦笑)。まあ日本人好みのバンドじゃないなー、とは思っていましたが。メンバーのコネかなんかでサポートに選ばれたんですかね。

KAMELOTの今度の北米ツアーの前座はSONATA ARCTICAですから、SERENITYやALOGIAが前座をやることなんて無問題だと思うんですけどね(笑)。

さすがにSEVENTH WONDERとの2連続ショウはトミーの喉にとって負担がデカすぎると思いますが(笑)。

いずれにせよロイ・カーンというカリスマ的なヴォーカリストの後任という重責を見事にこなしているトミーは逸材ですね。