FC2ブログ

EUNOMIA "CHRONICLES OF EUNOMIA PART1"が12月5日国内盤発売

ノルウェーのシンフォニック・メタル/メロディック・パワー・メタル・バンド、EUNOMIAのデビュー・アルバム、"CHRONICLES OF EUNOMIA PART1"の日本盤が爆音! BAKU-ON / RADTONE MUSICから12月5日(水)にリリースされます。

海外では『Pride & Joy』から8月にリリースされている本作ですが、何と言っても20年くらい前のクサメタルを思わせるジャケットが、私のような当時を知るクサメタラーにはビビッと来ます(笑)。

eunomia01.jpg

そして、クレジットを見ると、アレッサンドロ・コンティ(Vo : Luca Turilli's RHAPSODY、TRICK OR TREAT, TWILIGHT FORCE)、ヘニング・バッセ(Vo: FIREWIND)、ヴィクター・スモールスキ(G: 現ALMANAC, 元RAGE)といった(比較的)有名な人たちに交じって、元CELESTYだのFALCONERだのといったクサメタラーにはなじみ深い肩書を持ったゲストも参加していてさらにグッと来る。

ジャケットも音楽もまるで15~20年前からタイムスリップしてきたような音ですが、2011年結成とそれなりにキャリアがあるだけあって、決して質は低くなく、20年前だったらかなり注目されたんじゃないかと思います。

今? 今の感覚ではちょっとマニア向けですかね(笑)。でも、このブログを読んでいるような人だったらイケるんじゃないかと思います(笑)。


MVも、今どき珍しいB級さ加減…。ぶっちゃけ、映像を見ずに音だけ聴いた方がスケール感を感じられます(苦笑)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

臭さが何とも良いですね。パワーメタルを聴いているメタラーには琴線に触れる音ですね。ディスクユニオンなんかに行くとこの手の音が頻繁に掛かっていますねv-14それにしてもジャケットは今風になんとかならなかったのでしょうかv-390

No title

MVの最初に、ギターを掲げた変な兄ちゃんが出てきて思わず笑ってしまいました!
いろんな意味で愛すべきバンドですね。

>しんさん

B級ですが、好き者の琴線には触れる音ですね(笑)。

ジャケットは、今風でないからこそ目立っていると言えるかもしれません(?)。

メンバーのお友達が描いたとか、そういうことなんですかね。今どきネットで探せばいくらでも「今風な絵」を描ける人は見つかると思うので。

>高見沢さん

本人たちはきっと大真面目であろうことが「愛すべき感」を醸し出していますね(笑)。

光るものはあるので、「PART1」で終わってしまわない程度に売れてほしいですね。