FC2ブログ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』感想

今更ですが、大ヒット中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。2日連続で。

2日とも東京ミッドタウン日比谷にあるTOHOシネマズ日比谷で、昨日の土曜日に最新・最高の音響設備であるドルビー・アトモスで1回目を、そして本日の日曜日に「応援上映」で2回目を観てきた次第です。

とはいえ実は私はQUEENの大ファン、というほど熱心なファンでもないのですが、アルバムはあらかた聴いたことがあるし、当時の上司がファンだったので、新宿コマ劇場で上演されたミュージカル、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』も2005年と2006年の両方観ています。

この映画のタイトルである「Bohemian Rhapsody」や、そのミュージカルのタイトルである「We Will Rock You」なんて、あまりに個性的過ぎて、もはや好きとか嫌いとかいう領域を超えて耳に、記憶に、心に残ってしまうとんでもない曲です。

THE BEATLESなどと共に、史上最も伝説的なロック・バンドのひとつだけに、恐らくこれを超えるロック・ムービーというのは今後なかなか出てこないだろう、ドルビー・アトモス上映や応援上映が行なわれる音楽ムービーが(私の興味の持てるジャンルで)どれだけ出てくるだろうか、と考えると、2日連続鑑賞というイレギュラーな行動に出たのもやむを得ないことでしょう(?)。

ストーリーについては、伝記ものなのでネタバレもクソもないというか、このブログを読むくらい音楽を愛している人なら、当然QUEENのヒストリー的なものはなんとなくは知っていると思いますし、そもそも公開から1ヶ月経っている大ヒット映画なので皆さんご覧になっているでしょう。

フレディのバックグラウンドが軽く描かれた後、QUEENのメンバーおよびメアリーとの出会い、QUEENの成功とから、フレディの孤独感による迷走と、バンドメンバーとの衝突、そして和解からのLIVE AIDという流れは、多少の脚色(LIVE AIDの前の活動停止状態は完全に史実とは異なるが)や時系列の変更はあれ、基本的に実話ベースなので、「プロが考えた作り話」である一般的な映画ほどにドラマティックなわけではない。

とはいえやはりロック好き、特にバンド経験者にとっては共感できるシーンも多くて興味深いし、何と言っても役者が演じているとは思えないライブ・シーンの迫力は見事なもので、ラストのLIVE AIDのシーンは否が応でも感動させられてしまう。

極論すれば、それまでのエピソードは全て最後のLIVE AIDのシーンで感動するための材料だったのではないか、という気さえするんですよね。観客は徐々に温められて、最後のステージで沸騰する、という仕組みです。

そしてドルビー・アトモスは期待通りの素晴らしい音響で、かつて『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』を観た時以来の極上音響でした。

翌日の「応援上映」はドルビー・アトモスではなかったわけですが、まあ新しい劇場だけに充分いい音ではありました。違いがわからないというほど耳が肥えていないわけではありませんが。

「応援上映」を観るのは初めてなので、どんなものかとやや身構えて最後列で観ましたが、開演時(あの20世紀FOXのジングルがQUEENっぽいギター・サウンドで鳴らされる)に拍手が起こり、あとはライブ・シーンでサイリウムがチラホラ振られたり、手拍子が起こったりという程度(あとは演奏シーンが終わると拍手が起こる)で、てっきり大合唱が起こるのかと思っていたのでちょっと拍子抜け。

まあ、隣の人の微妙な歌声(かどうかわかりませんが)を聴かされるのもアレなので、ある意味安心しましたが…。

これは日比谷という民度の高いエリアの劇場だったからおとなしかったのか、それとも公開から1ヶ月経って、本当に熱心なファンはもう気が済むまで観終わっていて来場していないからなのかは不明です。大合唱だった、という劇場もあるんでしょうか。

私は割と空気を読む方なので、ほどほどに手拍子するにとどめておきました(笑)。

「QUEENの映画」というよりは「フレディ・マーキュリーの映画」ではありますが、70年代・80年代は現役のバンドとして人気があり(当時を知る人によればやや色物っぽい存在感だったようですが)、90年代はフレディ・マーキュリーの死によって伝説になり、2000年代はドラマの主題歌で大ヒット、そして2010年代はこの映画が大ヒットと、この50年間で最も継続的に日本人の関心を集めた海外のロック・バンドはQUEENだったと言えるかもしれません。

そもそもQUEENってこのサイト/ブログで扱うようなHR/HMアーティストなのか、という疑問を持つ方がいそうなくらいにビッグで伝説的な存在になっているわけですが、まあハード・ロックだった時期がある、あるいはハード・ロック的な楽曲がある、ということは言えると思いますし、少なくともハード・ロックの要素があったことは間違いないと思うので、このサイト/ブログで扱うべきアーティスト、映画であると考えています。

ということで、万が一HR/HMではないので興味がない、などと思っている方は上映しているうちに映画館で観て、その音楽の持つエネルギーを感じていただきたいと思います。

細かい話ですが、『ウェインズ・ワールド』のウェイン役だったマイク・マイヤーズが「Bohemian Rhapsody」に難癖をつける役で出演しているのは、きっと偶然ではないのでしょうね(笑)。

なお、この『ボヘミアン・ラプソディ』についてのエントリーの前のエントリーがイタリアの「ラプソディ」についての内容になっているのは偶然です(笑)。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト



こちらはオリジナルのLIVE AIDにおけるQUEENのステージですが、これを観るといかに映画が「完コピ」であるかということがよくわかります。




bohemianrhapshodymovie.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

Queenの曲を4曲ぐらい知らないという我ながらひどい状態で観に行きましたが
今年観た映画の中で3本のうちに入る作品でした
活動休止は脚色かなって思ってましたがそうなんですね
最後のライブシーンはおそらく瞬きしてなかったと思います!
あと4DXで一回観たかったですね

>かつ丼さん

4曲どころかほとんど知らない人も観に行っているからこそこれだけ大ヒットしているのではないでしょうか。

最後のライブシーンは20分くらいあったと思いますが、眼が乾きませんでしたか?(笑)

4DXのように座席が動くのはアクション映画向けなので、この映画の場合はむしろ音響のいいドルビー・アトモスやIMAXの方が相性いいのではないでしょうか。

No title

ロックスターの栄光と転落から復活劇のストーリはなんのひねりもありませんが
合間に流れるQueenの楽曲のパワーで引き込まれますね
病に冒されたシーンでの「Who wants to live forever」とLiveAidからのエンドロールの
「Don't stop me now」、「Show must go on」は歌詞も含めてずるいですw
こんなの絶対感動させられるやつじゃん!と思いました

>のなめさん

今時フィクションでロック・スターの栄光と転落から復活劇などを描いたら想像力および創造力の欠如を疑われると思いますが(笑)、一応これはドキュメンタリーみたいなものですからね。

そしてやはり音楽は「感動させるツール」として優れているということを感じさせられる映画だと思います。

映画はまだ見てませんがQueenについて

リアルタイムでない若年層にも好評である事を考えると昨今の「洋楽離れ」の原因言われている「日本人が内向きになっている」とかは本当なんだろうかという気になってきますね。単に洋楽の流行りと日本人の嗜好にズレがあるだけなんじゃないだろうかと

これを機にQueenを聞き返してみると改めてブライアンは変な音出してるなあと思います
哀歌であるブルースをあれだけキンキラキンにした人は多分他にいない
そこにどれだけオペラに歌っても結局ブルースロックになるフレディのボーカルが合わさった事が「クラシックとロックの融合」という難題をスムーズに成功させた要因なんだろうなと思います

ヘヴィメタルとしてのQueenは「りぼんたーいむりぼんたーいむ」なDead On Timeが好きです

>222さん

「日本人の洋楽離れ」については、エンターテインメントの多様化や国産ポップ・ミュージックのレベルアップなど、色々な理由がありそうで、簡単には説明できそうにないですね。

ブライアン・メイのギター・サウンドは本当に個性的ですよね。

素人でも聞き分けられるわかりやすい個性があり、それがQUEENのバンド・サウンドにおける個性にもなっていると思います。

「Dead On Time」収録の「JAZZ」は、各曲のキャラ立ちが良くて(QUEENのアルバムはだいたいそうですが)、結構好きなアルバムです。

No title

ご無沙汰しております。

25年位前に見た(TV)フレディ追悼コンサートがキッカケで気に入ってかなり聞きました。
クィーンメンバーによる出演していたメタリカの紹介が、「今頑張ってる若い奴らよろしく!」みたいな、適当というか相当雑だったことが非常に印象的で、「この人達からするとメタリカはまだ小物なんだな。。」と当時、中高校生あたりでしたが、「クィーンって凄いんやな」と納得した記憶があります笑

出演していたメタリカとかデフレパは明らかに緊張している様子でしたが、エクストリームだけは出し切ってる感が非常に印象的で、特にゲイリー氏はまさに心臓に毛が生えてるタイプでした。独唱も堂々と歌い切り、後にヴァンヘイレンに加入したのは、物怖じしない姿勢が買われた違いないと勝手に思っていました。個人的には、同氏の歌は全て陽気に聴こえるのが難点だと思っているのすが、売れまくったあの曲も含め、アメリカで成功するには底なしの陽気さが求められるのだろうか?などと思ってましたね、ほんと懐かしいです。

先日仕事で日比谷ミッドタウン行きました。1Fレクサスカフェ?で提供されている炭酸水がエラく旨かったです笑
今年もブログ楽しませてもらいました、ありがとうございます。良いお年をお迎え下さい。ちなみにまだ映画見てません。。。笑(来年早々に見に行く予定です)

(追伸) 
先日、愛するザ・プードルズの解散が発表され、残念な限りのメリーXマスとなりました。

>学生気分41さん

フレディ追悼コンサート、ちょうど我々の世代が洋楽ロックに目覚め始めた頃に行なわれましたね。

EXTREMEはあの時一番勢いがありましたし、QUEENの後継者は自分たちだ、くらいのノリだったんじゃないですかね。

ゲイリー・シェローンは、まあ、何を歌っても明るく聞こえる声という意味ではVAN HALENの楽曲にはマッチしていたんでしょうけどね…。

東京ミッドタウン日比谷、かなり高所得者向けのテナントばかりですよね。オシャレですが、何もかも高い(笑)。

THE POODLESは、ここ数年低迷していた観があるので、やむを得ないのでしょうか…。

まあ、嫌なことは全て忘れて良いお年をお迎えください。

やっぱりクィーンは凄いなと。

映画を見て思ったのは、この映画のことではなく、クィーンの素晴らしさ!
クィーンは私が一番好きなバンド。クィーンって本当にいいなぁと。
帰宅してからはクィーンDVD三昧です

>グラハムボネ太郎さん

この映画をきっかけにQUEEN熱に火が点いた人は過去ファン、新規ファン問わず多そうですね。

私が映画館を出るときにも「実家に置きっぱなしのQUEENのCD取りに行こうかな~」という声が聞こえてきてました(笑)。

遅ればせながら元日、成田山に初詣に行くついでに、というかこれを観るついでに初詣? 1日で安くなるし!ってことで成田のIMAXで観てきました。

QUEENは数多いる聴きそびれた大物のうちのひとつという感じで全然詳しくないのが却って良かったのか、とてもフレッシュに楽しめました。
ロジャー・テイラー(に扮した俳優さんというべきか)が男から見てもカッコよくてホレボレしました…。

>かおるさん

成田山新勝寺で『ボヘミアン・ラプソディ』…元旦から凄い組み合わせですね(笑)。

QUEENの音楽というのは全くロックの王道ではないにもかかわらずとても普遍性があるので、知らない人でも(むしろ知らない人ほど?)楽しめるものだと思います。

ゴールデングローブ賞の作品賞も獲りましたし、まだまだ人気は続きそうですね。

ロジャー・テイラー役のベン・ハーディ、とてもプリティ・フェイスでしたね。

「Bohemian Rhapsody」のオペラ・パートのレコーディング・シーンにおける「犬笛のような」高音が印象的でした(笑)。

No title

 去年の12月半ばに、某アリオのIMAXで観たおかげで、年末年始はQueen漬けになってしまいました。
 「うむ、そらカイ・ハンセンもパク・・・いや引用したくなるわな~(例:Future Madhouse)」などと感慨にふけっていたところ、↓の記事を目にしてしまい・・・。

 「クイーンの代表曲が『I Was Born To Love You』と言われると、ムッとしちゃう人は?」(増田さん)

 (多くの人がうなずく)

 「私もムッとしますね。あれ、クイーンじゃないのよ。フレディ・マーキュリーなのよ」(東郷さん)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000003-withnews-movi

 「知っとるわボケ!やかましいんじゃ老○め、ここぞとばかりにあちこちで湧いてくんな、○ね!」

 ・・・失礼しました。いやまあ、確かに「Made In Heaven」はアルバム全体的に、゛Queenのコピー”感が凄いし、『I Was Born To Love You』はフレディのソロバージョンのほうが好きですけども、うーん。
 映画の興奮と感動がすっかり冷めてしまった私は、↓の動画を観てようやく心の平穏を取り戻した次第であります。
https://youtu.be/yJ6T9uYImnQ?list=PLg3v3FpQjW-
dkycNJ7cdRPUFufIIlUcve
 長々と駄文を申し訳ありませんでした。

>HDMさん

カイ・ハンセンはQUEENの影響を出していた頃の方が良い曲を書けていたような気がしますね(苦笑)。

QUEENの代表曲を"I Was Born To Love You"と言う人は『プライド』観てただけの人なのだから、そんな人の言うことに目くじら立てるのもオトナ気ないですよね。老害なのに老成はしていないという(笑)。

『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットは増田さんとか東郷さんにとっては10年に一度の書き入れ時でしょうから、そっとしておいてあげましょう(笑)。

誰が何を言おうと、音楽の素晴らしさが変わることはないはずなので…。