FC2ブログ

LOVEBITES / AWAKENING FROM ABYSS (2017)

lovebites01.jpg

このブログでは、いわゆる「嬢メタル」と呼ばれるような女性オンリーの日本のメタル・バンドはあまり取り上げてきませんでした。

一応有名どころのバンドは一通りチェックしていたし、いずれのバンドも広義のメロディック・メタルに属する音楽性なので決して嫌いではないのですが、どうにも一定以上の満足を得られないというか。

あとは『BURRN!』のオッサンたちの下心見え見えな推しっぷりがいけすかないというのもありますね(笑)

まあ、それは冗談として、そんなわけでこのLOVEBITESも「ああ、また新手の嬢メタルね…」くらいに思ってあんまり興味ありませんでした。

とはいえこのバンドはいわゆる嬢メタルの「村」以外でも結構話題になっている感じはあり、話題になっているメタル・バンドはとりあえずチェックしてみる性格だったりするので聴いてみたら、なるほどたしかにこれはなかなか良い。

広義のメロディック・メタルに属しているという意味ではこのバンドも確かに「嬢メタル」なのだが、このバンドの音に関しては私がイメージする所の「嬢メタル」の音に比べると断然本格志向で、“元DESTROSE”だの、“元激情めたりっちぇ”だのというメンバーの経歴がもはやマイナスにしか働かないのではないかという感じがする。

いい意味で愛想のないゴリッとしたリフ・ワーク、「これホントにこの女の子が弾いてるの?」というテクニカルなギター・ソロ、疾走曲やアップテンポの楽曲を中心にしたハイ・エナジーなスピード感、いずれも一線級。

この日本のバンド離れしたサウンドのクオリティに、STRATOVARIUS、NIGHTWISH、CHILDREN OF BODOM、SONATA ARCTICA、AMORPHISなどを手掛けたフィンランドのメタル・マイスター、ミッコ・カルミラによるミックス、ミカ・ユッシラによるマスタリングという、敏腕エンジニア・チームの貢献が大きそう。

「嬢メタル」の多くのバンドが何故だかリアルタイムで通っているはずもない「ジャパメタ」っぽい音になってしまいがち(歌謡の民の血は争えないということか)なのに対し、このバンドのサウンドはかなり欧州メタル然としていて、恐らくバッキング・トラックだけ聴いていたら日本のバンドだと気づかない人も多いのではないか。

まあ、日本のバンドだと知って聴けばそれっぽい部分もないわけではないが、日本のアンチ国産メタルな人が嫌う、「ジャパメタならではの臭み」はほとんどない。

こうなると気になるのはヴォーカルだが、VAMPSやUVERworldをはじめとする数多くの有名アーティストにコーラスとして参加してきた経験を持つというasamiの歌声は、声質こそ日本人っぽい細さもあるが、声域の広さはかなりのもの。

さすがに元祖ジャパメタ・クイーン、浜田麻里のような凄みこそ感じないものの、楽曲のクオリティを損なわないクオリティがあり、それだけで凡百の「嬢メタル・バンド」から頭一つ抜けている。

個人的には今の時代英語にこだわる必要はないと思っているクチですが、あえて全曲英語を貫くその気概は買う。英語の発音の良し悪しについては「Not Bad」という程度ですが、普段からドイツ訛りやイタリア訛りやフィンランド訛りの英語を聴きなれている私にとってそんなことはどうでもいい。

いや、実際聴きながらこのレビューを書いているのですが、終盤2曲、ドラマティックな#11"Edge Of The World"と、これは日本人ならではのメロディ・センスと評価すべきスピード・チューン"Bravehearted"の流れなんて、もはや欧州の一線級のパワー・メタル・バンドに引けを取らないんじゃないですかね。Amazing!

こうなるともはやボディラインを強調し、大胆に脚を露出した衣装なんて偏見を助長するだけなんじゃないですかね。まあ、そういうフェミニンな(?)見た目と、本格志向のメタル・サウンドのミスマッチによるインパクトを狙っているのでしょうが、とりあえずそういう女性っぽい媚び(?)に反発するような人も、一度虚心に聴いてもらいたい良質なメロディック・パワー・メタル・アルバムです。

ちなみにバンド名はJUDAS PRIESTでもDEF LEPPARDでもなく、HALESTORMの楽曲から取ったそうです。【87点】



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

このバンドのVoが、UVERの曲に数年前まで参加していた人と同一人物だったと気付いたのは今年でした。参加していた曲を聴いても特にメタル向きの声とは思いませんでしたが、意外と違和感なくハマっていると感じました。

フルで公開されている曲では「Pledge Of The Savior」が結構気に入ったので、まずは最新作から試しに聴いてみようと思います。

>YTさん

へえ、名もなきコーラス隊の一人ではなく、ちゃんとクレジットされているような立ち位置だったんですか。

私もメタル向きの声だとは思いませんが、これはこれで上手くやっているのではないかと思います。

個人的にはファースト・フルである本作の方がメタル・アルバムとしてのインパクトは強いと思いますが、具体的に気に入った曲があるのであれば、そこをとっかかりに入っていくということでいいのではないでしょうか。

voのasamiさんはNMB48を卒業した山本彩のソロでのライブでコーラスもやっていて…実は私、NMBのガチヲタなので…笑 活躍ぶりが嬉しいです。
あとgtのmiyakoさんは元SIAM SHADEのNATINが始めたバンドで知ったり…とちょこちょこ縁があるので活躍ぶりが以下略←

確かに私もALDIOUSくらいだとどうにもう〜ん…って感じなのですが、このバンドはかなり惹かれてるので、ライヴも行ってみたいな〜と思っています。

adoreさん

そうですね。セリフ(お遊び的な曲ですがメンバーと合コンに参加した女の子役もやったりしてました)パートも担当していて、参加した曲にはクレジットされていました。もうひとり女声パートを担当している(こちらは現在も参加している)有坂美香もですね。

Youtubeにある動画だと

https://m.youtube.com/watch?v=CALOdg6jiA4
とか

https://m.youtube.com/watch?v=iv9FzgXAX5Y

曲はこちらの2曲の方が好きですね。

セリフ(語り?)のパートで参加した曲だとコレが気に入っています。

https://m.youtube.com/watch?v=IDuEih3KUUM


>かおるさん

BABYMETALに限らず、メタラーとドルヲタを兼ねている人って結構いる感じがしますね(笑)。

NMBも山本彩も音楽についてはあまりよく知りませんが、山本彩の顔は好みです(笑)。

かなり勢いがあるので、ライブのチケットを取るのも結構大変そうですね。

赤坂BLITZが即日完売するなら、なかなかそれ以上の規模の会場って実はそんなにないですからね(さすがに万単位のキャパの会場は厳しいと思うので…)。

>YTさん

へえ、結構フィーチャーされてますね。これなら熱心なファンの方であれば存在を認知していてもおかしくないですね。

てか、UVERworldって仕事の関係で私が知っていた頃(10年くらい前ですが)はもっとストレートな歌ものロックだった気がしますが、今はラップが歌唱パートのメインになっているんですね。

adoreさん

ラップのパートは初期と比べてそれ程増えた感じはしないですかね。彼女が参加した曲はたまたまなのか意図してなのかは分かりませんがラップ多めな気はします。

ストレートな曲は新し目なやつだと「在るべき形」や「一滴の影響」あとバラード系とかあるっちゃあるんですが、10年前に比べると減りましたね。2010年のアルバムにテッド・ジェンセンが関わってから以前に比べると曲もメロディは依然としてキャッチーですが一捻り加えた物が多くなった印象です。

記事と関係無い話が続いてしまったのでこの辺でやめておきます....失礼しました。

>YTさん

YTさんのUVERworld愛はよく伝わりました(笑)。

イマドキのキャッチーさというのは、(80年代音楽が基準になっている人間にとっては)ひと捻りあるのがむしろ普通という感じがしますね。