FC2ブログ

2018年 印象に残った10枚

今年は『BURRN!』誌的にはJUDAS PRIESTの『FIREPOWER』一択、みたいな年なのだと思いますが、個人的には近年稀に見る豊作の年でした。

ここ数年は10枚選ぶ必然性さえ感じなかったのですが、今年は逆に10枚に絞るのが大変でしたね。


THOUSAND EYES "DAY OF SALVATION"
当サイトが2004年にオープンして以来の最高点を付けた作品です。
フラストレーションを抱えがちだった思春期にこの音が欲しかった。
レビューはこちら



AZRAEL "MOONCHILD"
年末ギリギリに投下されたメロスピ最終兵器。
→レビューは年明けに



Unlucky Morpheus "CHANGE OF GENERATION"
これまた中二ハートを抱えた思春期に出会っていたら、この音に中毒死していたことでしょう…。
レビューはこちら



浜田麻里 "GRACIA"
まさかここまで世代下のメタル・ファンを虜にする作品を送り出してくるとは…恐れ入りました。
レビューはこちら



PRIMAL FEAR "APOCALYPSE"
今回も会心のメタル・アルバム。もはや言うことなし。
レビューはこちら



POWERWOLF "THE SACRAMENT OF SIN"
ドイツ新世代メタルの第一人者。楽曲充実の隙無しアルバム。
レビューはこちら



GIOELI-CASTRONOVO "SET THE WORLD ON FIRE"
今年一番曲がいいと思えたメロハー作品。エモーショナル。
レビューはこちら



ANGRA "OMNI"
ファビオ・リオーネなしでは成しえかったかどうかはともかく、久々にらしさが発揮された名盤。
レビューはこちら



CREYE "CREYE"
この80年代フィーリングに満ち溢れたサウンド…好きです。
レビューはこちら



BONFIRE "TEMPLE OF LIES"
これこそ80年代型HR/HMの王道、と言いたくなる作品。
→レビューは忘れてたのでそのうち


上記の他にも陰陽座、RIOT、AMORPHIS、KAMELOT、DESTINIAなど、例年であれば10選に入ってもおかしくないようなアルバムが今年はゴロゴロありました。当たり年ですね。

ここ数年の傾向ですが、国産メタルの質の高さが際立っていました。そろそろ日本でもメタルが盛り上がってほしいのですが。

ブライテスト・ホープはイタリアのFROZEN CROWN、ベスト・ドラマーはガールズロックバンド革命のJUNNAちゃんで。

それでは皆さん良い年をお迎えください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

毎年恒例のやつですね!
今回はadoreさんとは6枚被りでした。
昨年に引き続き傑作・良作揃いですよね。
自分は元HIBRIAのユーリ・サンソンが加入したETERNITY'S ENDや最近の本家より良かったMICHAEL ROMEO、久々の新作を出したSEVENTH WONDERをあげたいですね。

2019年はBEAST IN BLACKの2ndに期待です。

自分の今年のベストはメタルなら
1 Subsignal / La Muerta
2 Unlucky Morpheus / Change Of Generation
3 Thousand Eyes / Day Of Salvation
4 Orphaned Land / Unsung Prophets & Dead Messiahs
5 浜田麻里 / Gracia
6 Angra / Omni
7 Obscura / Diluvium
8 Aborted / TerrorVision
9 兀突骨 / 背水之陣
10 Between The Buried And Me / Automata Ⅰ & Ⅱ
11 Barren Earth / Complex Of Cages
12 Omnium Gatherum / The Burning Cold
13 Alkaloid / Liquid Anatomy
14 Satan / Cruel Magic
15 Amorphis / Queen Of Time

正直6〜15位に差は無く、聴いた時の気分で割と変わりますが今のところこんな感じです。優柔不断なので(笑)。

今年のエクストリーム系のバンドの作品の充実ぶりは数なら自分のメタル歴(2005年から)の中でもダントツでした。入らなかったThe Crown、Dark Mirror Ov Tragedy、Exmortus、In Vainも6〜15位の作品とは遜色ない非常に良い出来でした。エクストリーム系以外のメタルは国内なら陰陽座、Saber Tiger、海外だとGhost、Hitten、Leatherの復活作、Seventh Wonder、Voivod辺りも印象的でした。

メロハー系なら
1 Care Of Night / Love Equals War
2 Sunstorm / The Road To Hell
3 Creye / Creye
4 Atlas / Pursuit Of Memory
5 Bonfire / Temple Of Lies
6 Gioeli-Castronovo / Set The World On Fire
7 Perfect Plan / All Rise
8 Dukes Of The Orient / Dukes Of The Orient
9 Outloud / Virtual Hero Society
10 Freak Kitchen / Confusion To The Enemy
11 Snakes In Paradise / Step Into The Light
12 Saffire / Where The Monsters Dwell
13 Kino / Radio Voltaire
14 Revertigo / Revertigo
15 The Night Flight Orchestra / Sometimes The World Ain't Enough


10に収めたかったのですが絞りきれず、結局こちらも15になってしまいました(汗)。実質ベスト30ですねこれだと。1〜3位はまだ悩んでます(笑)。この3作もその時の気分で順位は変わりそうです。FM、Magnum、Treat、あとUniverse Infinityが惜しくも入らず...って感じですね。Southern EmpireとThe Sea Withinも素晴らしかったですが、内容的にメタルとメロハーどちらに入れるのも何か違うかなあと思い外しました。(プログレはベスト作れる程聴いていないですし)adoreさんとは両方合わせると7枚被りですね。

今日は残りの時間は紅白と時々SASUKEをダラダラと見て自分の2018年は終わりですね。では良いお年を。それからお大事に。




新年おめでとうございます。

あまりコメントできませんでしたが、いつもブログを拝見しています。
2018年はあまり多くのアルバムをチェックできませんでしたが、5枚選んでみました。
ANGRA「ØMNI」
MICHAEL ROMEO「WAR OF THE WORLDS / PT. 1」
UNLUCKY MORPHEUS「CHANGE OF GENERATION」
DYNAZTY「FIRESIGN」
HARDCORE SUPERSTAR「YOU CAN'T KILL MY ROCK 'N' ROLL」

来年はIN FLAMESとSOILWORKの新譜が楽しみです。
2019年も引き続きブログを楽しみにしています。

明けましておめでとうございます!
私の印象に残った10枚は
1.Veiled In Scarlet/Atonement
2.The Crown/Cobra Speed Venom
3.Michael Romeo/War Of The Worlds // Pt.1
4.The Art Of Mankind/Archetype
5.Bloodshot Dawn/Reanimation
6.Thousand Eyes/Days Of Salvation
7.陰陽座/覇道明王
8.VOLCANO/Darker Than Black
9.Unlucky Morpheus/Change Of Generation
10.the GazettE/Ninth
最後にヴィジュアル系が入ってますがこんな感じです。
他にはInferi,Kalmah,Primal Fear,Seventh Wonderが良かったです。
来年はJupiter,摩天楼オペラ,Michael Romeoのソロ作のPt.2
あとリリースするかはわかりませんがImperial Circus Dead Decadenceが楽しみですね

>良いお年をお迎えください さん

恒例のやつです(笑)。
60%被りとはかなりの確率ですね!

ETERNITY'S ENDは聴けてませんが、マイケル・ロメオとSEVENTH WONDERは私も良かったと思ってます。

そして私もBEAST IN BLACKには激しく期待しております。

>YTさん

練り込んだランキングをありがとうございます(笑)。

30枚中7枚の被りとはいえ、実質的には上位20枚の被りなので3割超えですね(笑)。

どちらのランキングも肝心の(?)1位のものが未聴なので、今度聴いてみます。

おかげさまでインフルは完治しました(笑)。

>なっつさん

重複率40%ですね(笑)。

DYNAZTYは個人的には毎回「イイんだけど…もうひと声!」って感じなんですよね(苦笑)。

コメントは気が向いた時で結構ですので、今年もよろしくお願いします。

>かつ丼さん

あけましておめでとうございます。

the GazettEは海外のWikiなどを見るとジャンルはメタルになっているのでいいんじゃないですか? ラウパにも出てますし(笑)。

全体的にダーク&アグレッシヴなセレクトですね。
そういえばVeiled In Scarletは10選に入れてもいいくらいの出来だったと私も思います。

Voがメタル寄りになったJupiter、そしてそのJupiterにVoを持っていかれたConcerto Moonも結構楽しみにしています。

僕は去年は
AMORPHIS/QUEEN OF TIME
AT THE GATES/TO DRINK FROM THE NIGHT ITSELF
THOUSAND EYES/DAY OF SALVATION
この3枚を本当によく聴きました。
中でもAMORPHISはダントツで去年のベストです!

こんばんわ。
加えて新年おめでとうございます。
個人的にバンド各々の新譜をあまりチェックしなくなってしまった感はありますが、
2018年はライブ作品が豊作の年のように感じました。
ANTHRAX OVERKILL ALTER BRIDGE そしてKING CRIMSON......
それぞれにとんでもないものを見てしまったという感覚を受けました.......
しかしながら、御大の推奨なさるアーティストが推奨されるとおりに日本で認知を得てパフォーマンスの機会を得られるように願うばかりです!!!!!
新譜といえばDISTURBEDが個人的な目玉ですが、こと日本への足掛かりを模索するとなると........

>MTSさん

AMORPHISは本当に毎回クオリティ高いですよね。

そのせいでハードルが上がってしまって、良いというだけでは「当たり前」としか思えなくなってしまったのですが(苦笑)。

>Tomさん

あけましておめでとうございます。

近年のライブ・アルバムは録音・編集技術の発達によってクオリティが上がる一方、ファン向けの商品という色が強まってしまって個人的にはあまり買わなくなってしまいました。

DISTURBED、とりあえず最新作も国内盤リリースはされましたが、全米No.1記録も途絶えたようで、ちょっと先行きが不透明ですね。