2009年 新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今年もMETALGATEと当ブログをよろしくお願いいたします。

昨年は世界的にメタルが盛り上がってきた感じの年でした。
メタリカとガンズが同じ年にアルバムを出したというだけでも、HR/HM黄金時代を体験した人達にとっては感慨深いでしょう。

しかも、BFMVの全米4位を筆頭に、新世代のバンドもちゃんと育ってきているのですから非常にめでたい。

多分にSLINKNOT効果だったとはいえ、LOUD PARKの初日は大盛況でしたしね。

07年に約3年かけて10万ヒットに辿り着いた当サイトが、昨年12月時点で30万ヒットを超えるとか、08年3月時点で5万アクセスだったこのブログが、12月には20万アクセスに達していたというのも、メタルの盛り上がりと無関係ではないでしょう(多分)。

日ごろご愛顧いただいている皆様に厚く御礼申し上げると共に、最近メタルに興味を持ち、当サイト/ブログを訪れるようになった方には、何かしらその興味・関心に応えることができているといいなあ、と思っております。


昨年はこのサイトの中の人的には割とバタバタした1年でした。
更新が滞ることもありましたが、それでも全体的にはマイペースで運営できたかなと思っています。

今年は今年でこのサイトのバックボーン的な部分でちょっとバタバタしそうなのですが、まあそれは見る側にとっては関係ないことですので、白鳥のようにマイペースを装ってやっていきたいと思っています。

ただ、あらかじめ布石を打っておくと、ひょっとするとブログ中心に更新せざるを得ない時期が出てきたりするかもしれません。


いずれにせよ、昨年先述のメタリカにガンズ、さらにAC/DCにジューダス・プリースト、デフ・レパードにホワイトスネイク、イングヴェイにエクストリーム、イン・フレイムスにチルドレン・オブ・ボドム、BFMVにトリヴィアムと、かなり「決め球」をまとめて放ってしまった感のあるHR/HMシーン。

こうした大物が今年も立て続けにアルバムを出すとは思えない中、どんなバンド、どんなアルバムがシーンを盛り上げてくれるのか、あるいは「去年がピークだったね」と早くもまた下降フェイズに突入してしまうのか、興味深いところです。

とりあえず、この金融危機で不況まっさかりな社会情勢がまたかつてのグランジのような辛気臭い音楽が台頭してくる温床にならないよう願うばかりです。

それでは今年も皆さんにとって良いメタルと出会える年になりますように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント