WITHIN TEMPTATION / BLACK SYMPHONY

withintemptation_live01.jpg

先日紹介したLACUNA COILをイタリアを代表するバンドと呼ぶのであれば、こちらもまたオランダを代表するバンドと言って間違いないであろうWITHIN TEMPTASIONのライヴCD+DVDのセット。

欧州では9月に発売されているので熱心なファンの方は既にチェック済みだろうが、DVD1枚、2枚組、2CD+2DVDスペシャルエディションなど様々なフォーマットが発売されており、日本ではこうしてCDメインでDVDはボーナス、的な見せ方になっているのはマーケティング上の戦略でしょう。

しかし、商品としての体裁はどうあれ、本作の目玉はやはり何といっても映像。

オランダの大都市ロッテルダムにある1万人収容の「アホイ・アリーナ」で行なわれたオーケストラとの共演ライヴである本作には、かつてスティーヴ・ヴァイとも共演した実績のある60人編成のメトロポール・オーケストラ、そして35人のクワイアを迎え、ただでさえ荘厳な彼らの音楽が圧倒的なスケール感で迫ってくる。

ステージセットも豪華で、大聖堂を思わせるセットにパイロ、ライティングも素晴らしく、映像も駆使して彼らの音楽世界をより劇的に彩る。

1万人収容のアリーナを埋め尽くした観客の盛り上がりも素晴らしく、まさに非の打ち所のないお膳立てだ。
オーディエンスに若い女の子やカップルが多く見受けられるのも、当地での高い人気を感じさせられる。

もちろんこれだけのシチュエーションにバンド側も気合が入っており、もともと安定して良いショウを提供するバンドだが、明らかにこれまでの映像や、LOUD PARK 06で観たときよりも緊張&高揚した面持ちで熱演する。

ゲストも参加しており、アルバムにも参加していた元LIFE OF AGONYのキース・カピュートが"What Have You Done"の際に登場。

シャロン・デン・アデル(Vo)も含め、メンバーがおしなべて長身なこともあるが、それと比較せずともキース・カピュートの小ささは尋常ではなく、HYDEかプリンスかホビットか、といった感じで、LIFE OF AGONYの歌詞があれほど暗かった理由がわかった気がした。この小ささじゃイジメられっ子確定でしょ…。

いや、歌はハードコア出身とは思えないほど上手いですけどね。

あともう一人、元THE GATHERING、現AGUA DE ANNIQUEのアネク・ヴァン・ガースバーゲンがアコースティック・バージョンの"Somewhere"に参加。

元々THE GATHERINGのフォロワーといってもいい存在だったWITHIN TEMPTATIONのショウにアネクが参加するというのはなんか微妙な気もするが、個人的にはまさにこの曲が本作のハイライト。

アネクはかつて(だいぶ前だが)欧州のメタル雑誌で「お嫁さんにしたいミュージシャン」No.1に選ばれただけあるチャーミングさを今なおキープしており、大胆なミニで露出した太腿につい萌えてしまいました(笑)。

いや、歌声も個人的にはシャロンより好みです。

英国のKERRANG!誌において「この地球上で最高のショウ」と絶賛され、最高点(5K)を献上されたのも納得の素晴らしい映像作品。

あえて難癖をつけるのであれば、シャロンのパーマがちょっとオバサン臭いような…(笑)。ま、実際もういい歳なんですが。

いや、マジでこれなら彼女はおろか親にも見せられるような気がするよ。
かかっている金に相応しい感動を提供してくれる本年度ベストDVDです。

◆本作のトレーラー映像
http://jp.youtube.com/watch?v=yCxb8FwhzK8


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント