FC2ブログ

ITALIAN MELODIC FEST 2019 が2月8日~10日に開催

LABYRINTH、ELVENKING、TRICK OR TREATの3バンドが出演する、イタリアン・メロディック・メタル・ファン垂涎のイベントが下記の日程で行なわれます。

◆2/8 (金) 大阪・梅田 BANANA HALL
OPEN 17:00 / START 18:00
前売:8,500円

◆2/9 (土) 名古屋・SPADE BOX
OPEN 17:00 / START 18:00
前売:8,500円

◆2/10 (日) 東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 17:00 / START 18:00
前売:8,500円

LABYRINTHが名盤2nd"RETURN TO HEAVEN DENIED"完全再現というのはそそられますね。

ただ、あのアルバム、日本盤と海外盤で曲順が違っていたはずですが、どちらでやるのでしょう?

なお、私は海外出張のため本公演を観ることはできません…。







italianmelodicfest2019.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あんれまあ

まさかの"RETURN TO HEAVEN DENIED"完全再現、こんな日が来るなんて・・・

ええ、持ってますがな。
都内に住んでいたら行きたかったですうう。

ちなみに札幌、今日から雪まつりです。
あ~evokenさん、雪まつり会場で北欧勢のイベントしてくんないかなあ。

>なな吉さん

都内に住んでいたら行きたかった、そういう方がいるからこういう完全再現ライブが行なわれるんでしょうね。

雪まつり、有名ながら行ったことはないのですが、ライブをやれるような環境なんでしょうか?

往年のB級(失礼)イタリアンメタルファン垂涎のイベントではありますが、チラシの文言が、RETURN TO HEAVEN DENIEDの「再現」となっているのが気になるところ。
「完全」再現じゃないよ、と?

雪まつりでは

だいたい大雪像が立っているところがステージになっていて日替わりで結構ライブやってます。
すんごい昔にメジャーデビュー前のRed warriorsもライブしましたなあ。

>メタルジェントルマン666さん

私も実はその点に引っ掛かりましたが、Amazonのリンクを貼っているライブ作品のトラックリストを見る限り、海外版の"RETURN TO HEAVEN DENIED"は完全再現されているようです。

日本盤を完全再現しているわけではないので、こういう書き方にしたのではないでしょうか。

>なな吉さん

ステージがあるんですね。
それなら寒さに強い(?)北欧のバンドならプレイできるかもしれませんね。

ただ、真冬の北海道の屋外でメタルを爆音でプレイしたらあちこちでプチ雪崩が起きそうです(笑)。

えー!ラビリンスが来るなんて全く知りませんでした!いつ発表されたんですか?
さすがに今からでは有給が取れません(泣)
Vision Divineを待ちたいと思います。新曲のPVカッコいいですし。

>ルカさん

いつ発表されたかと問われると昨年の12月12日ですね。

LABYRINTHを観たいと思うようなコアなファンにすら情報が届いていないとは、EVPもビジネスチャンスを逸してますね。

このブログでの来日公演告知というのは、「公演決定やチケット発売のタイミングでは行けるかどうかわからないけど、直前になって行けそうなら当日券で行くか」と考えている私のような人をターゲットにリマインド的に書いているわけですが、有給を取らないと行けない、というルカさんみたいな人にとってはこういう1週間前とかのタイミングでは遅すぎるんですね…。

どれくらいのタイミングで書くのがいいのか、難しい所ですね。

謎がとけました

あ~いまごろライブ中か~と思いつつコメント入れてます。
「RETURN TO HEAVEN DENIED」で私が一番好きな曲がボーナストラックで「なんでこんないい曲がボーナストラックなんだろう?」ってずっと思っていましたが、輸入盤だと5曲目なんですね。
今回のイベントのおかげで初めて知りました。

ライブで聴きてえええ

名古屋公演行ってきました!
海外版の曲順は知らないままだったんですが、聞き慣れている日本版のものとはかなり違っていましたね。
どれも名曲ですけどね!

来日情報ですが、私はEvokenさんのTwitterとadoreさんのTwitterを情報源にしています。ほぼ毎日覗くようにしています。
adoreさんは私の興味のあるものはほぼ網羅して下さってますし、Evokenさんの方では公演決まった時点やチケット発売前など、複数回のお知らせがありますよ。

Evokenさんはホントにマニアにとって素晴らしい公演を企画して下さるので、感謝感謝です。売り上げにも繋がるし、一人でも多くのファンの方が参戦できると良いですね。

>なな吉さん

そもそも"RETURN TO HEAVEN DENIED"が日本盤だけ曲順を変えた意図がよくわからないのですが、国内盤も海外盤も、それなりに流れを考えている印象は受けます。

国内盤と海外盤と両方に収録されているなら、それはボーナストラックとは言えないのでは、という気もしますが(笑)。

>とうもろこしさん

ITALIAN MELODIC FEST、体験されたんですね。羨ましい。

私は出張で行けませんでした。
まあ、割と楽しい出張なので文句はないのですが…。

私のTwitterはプロフィールにも書いているように基本的には自分用の情報収集なのでリツイートがほとんどですが、伝統的なタイプのHR/HMが好きな方が関心を持つような情報をセレクトして編集(?)しているつもりなので、自分以外の人にも役に立っているとしたら嬉しいですね。

これだけメタルの人気が下火になると、なかなか大手プロモーターがこの手のアーティストを呼ぶのは難しいと思われるだけに、EVPのような、儲けが少なくても少人数経営だけにビジネスが成り立つEVPの存在は心強いですね。

No title

見てきました。
ラビリンス...というかロベルト・ティランティさんが本当に良かったです...
当時の歌声そのまま...なんてレベルではなく、キーなどはそのままでよりエモーショナルな歌声になっていました。
ザ・イタリアン伊達男!って感じのルックスもメタルでは新鮮で面白かったです(笑)

ハコに対して客入りが寂しいような気もしましたが、安くないチケット代で3公演もやっているので、ノーギャラなら赤字にはならないのかなと感じました。
利益というより純粋に見たいバンドを呼んでいるのだとしたら、海外から招致して赤字を出さないというのは凄い事だと思いますし、これからもこんな感じで頑張って欲しいですね。

>紅さん

ロベルト・ティランティはYouTubeに上がっているライブ映像などを観ても素晴らしいので、私も生で見てみたかったですね。

ファビオ・リオーネやミケーレ・ルッピといった他のイタリアを代表するメタル・シンガーと比べても、色気というか艶という意味ではロベルトがベストでしょう。

EVPのビジネス・モデルというのは大手プロモーターだと収益が少なすぎて興業できないバンドをアゴアシ代だけで呼んで、グッズ販売やミーグリなどで儲けてもらう、みたいなものではないかと推察しており、これはこれで私やこのブログを読んでいるようなある程度以上熱心なマニアには需要があるというのも事実ですが、このマニア層も年々細っているというのを肌で感じているので、いつまでこういう興業が続けられるか、ちょっと心配しています。

No title

>adoreさん

ロベルトさんはほんとうまいだけでなく、魅力や色気が素晴らしいシンガーでした。
現在新作を作っているとか言っていましたので、今回の2nd再現ツアーで再び自分たちが求められているスタイルを再認識し、メロディアスなアルバムをリリースして再来日した際は是非...(笑)

なるほど、ミーグリと物販で稼いでもらう、バンドもそれで良しとしてくれる場合、あまり大きな利益は生まないかもしれませんが、ファンにはうれしいビジネスモデルですね。
おっしゃる通り先細りは心配ですね、どうしても若いファンが好きないので、10年後はどうなってるのかなと...

>紅さん

まあ実際にミーグリとグッズ販売だけで稼いでいるのかどうかは定かではありませんが、いずれにせよこのCDが売れない時代、ライブをやるということは営業であると同時にプロモーションにもなるので、呼んでくれる所があるならやれるだけやる、というのがこのクラスのバンドの生存戦略なのかもしれません。