FC2ブログ

SOULSPELL METAL OPERAによるカバー動画

たまたまYouTubeの「あなたへのおすすめ」に出てきたブラジルのメタル・オペラ・プロジェクト、SOULSPELL METAL OPERAが自身の公式チャンネルで公開しているカヴァー動画がなかなか良かったので取り上げたいと思います(マニアな方は既によくご存じかと思いますが)。

まずはラルフ・シーパース(PRIMAL FEAR)とティム・オーウェンズ(元ICED EARTH他)という、かつてJUDAS PRIESTのオーディションに落ちた人と受かった人のデュエットによるANGRAの"Spread Your Fire"。



そしてティム・オーウェンズ、マイク・ヴェセーラ、ブレイズ・ベイリー他、男女合わせて10名以上のゲスト・シンガーを迎えたHELLOWEENの"We Got The Right"。

こちらは約243万回再生(2019年4月時点)と、同プロジェクトの公式チャンネル史上最も再生数の多い動画になっていますが、HELLOWEENの楽曲の中ではどちらかというと地味な曲であるこの曲のドラマティックな側面を最大限に引き出した秀逸なカヴァーとなっています。



どのシンガーも見事なパフォーマンスですが、ギターではなくヴォーカルで参加しているアルイエン・アンソニー・ルカッセン(AYRION)の着ている「一番星」Tシャツについつい目を奪われてしまいがちなことは否めません(苦笑)。

続いて、映画『タイタニック』の主題歌として大ヒットした90年代を代表する名曲のひとつ、セリーヌ・ディオンの"My Heart Will Go ON"のカヴァー。

こういうメチャクチャ歌が上手い人が歌っているポップスの有名曲をメタル・バンドがカヴァーすると大抵スケールが小さくなって残念なことになりがちですが、Daisa Munhoz(VANDROYA)とPedro Campos(HANGER, AGE OF ARTEMIS)のヴォーカルがとにかく素晴らしく、聴き応え充分の優れたカヴァーになっています。



やはりこの曲は超の付く名曲ですね。映画『タイタニック』があれだけ大ヒットした理由の30%くらいはこの曲の素晴らしさに負っていると思います。予告編にこの曲が乗るだけで感動が約束されている感じがしましたからね。

そしてもちろん映画自体も感動的だったのですが、当時街中で流れていたこの曲を聴くとたちまちその感動がフラッシュバックして、「もう一度観たい!」という気分になりリピート鑑賞した人も多かったのではないかと思います。

先日ドン・ドッケン(DOKKEN)がこの曲をカヴァーしたというニュースを目にしましたが、正直大惨事になる予感しかしません(苦笑)。


個人的にはオリジナルのストーリーを描くための手法と考えているメタル・オペラ・プロジェクトが他人の曲をカヴァーするというのはなんだかちょっと本筋から外れている気もするのですが、出来が良ければ全て良し、でしょう(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

方は人を表す詞ではありません。插入不要。日本の人〇 患者〇

>わろすさん

「在校生の方へ」「初めてご利用の方はこちら」といった表現は普通に目にするので、これで意味が通じない人はいないんじゃないですか?

そもそもこのサイト/ブログは口語で表記しているので日本語文法の正確さは追求していません。あしからずご了承ください。

No title

ラルフとティム、なんて無駄に豪華な取り合わせ(笑)
でも鳥肌立っちゃいました!
ティムはやっぱりJPっぽく聞こえるんですね。
ラルフは血管切れちゃうんじゃないかと思うぐらいのスクリーム!
最後のドラムの決めポーズが素敵でした(^^ゞ

>珍獣メガネコアラさん

ティムもラルフも「ロブ・ハルフォード型」とされるシンガーですが、先日Download Festival Japanであらためてロブの歌声を聴き、やっぱりちゃんと違いがあるなと感じました(当たり前ですが)。

元曲がカッコいいこともあって、エキサイティングな仕上がりですよね。私もついついこんなブログ記事を書いてしまいました。