FC2ブログ

AVANTASIA "MOONGLOW" アルバム・レビュー

avantasia08.jpg

EDGUYのトビアス・サメット(Vo)によるメタル・オペラ・プロジェクト、AVANTASIAの通算8作目となるアルバム。ここ前3作はいずれも母国ドイツのチャートで2位にとどまっていたが、本作でついに念願の首位を獲得したそうで、実際その成果に見合う充実した作品に仕上がっている(いや、毎回そのクオリティは有していたのだが)。

毎回注目のゲスト・シンガーは、マイケル・キスク(HELLOWEEN他)、ヨルン・ランデ(JORN他)、ボブ・カトレイ(MAGNUM)、ロニー・アトキンス(PRETTY MAIDS)、エリック・マーティン(MR.BIG)、ジェフ・テイト(元QUEENSRYCEH, 現OPERATION : MINDCRIME)といった既に参加実績のある人たちに加え、今回は新たにハンズィ・キアシュ(BLIND GUARDIAN)、ミレ・ペトロッツァ(KREATOR)といった母国の先輩に加え、キャンディス・ナイト(BLACKMORE’S NIGHT)が迎えられている。

こうして毎回新キャラを迎えられるのも、「準レギュラー」みたいな人がどんどん増えているのも、トビアス・サメットの人柄(ちゃんと納得のいくギャラを払っているのだろう、という部分も含めて)なのだろう。

冒頭1曲目から約10分に及ぶ大作、というのはこれまでにも何度か(3回かな?)やってきた手法なので驚くには値しないが、今回も圧倒的なドラマティックさで聴き手をグイグイ引き込んでくる。

どの曲にもトビアス本人を含め複数のシンガーが参加していることもあってか、全体的にまるでミュージカルのクライマックスかのような盛り上がりがフィーチュアされているのだが、一方ヘヴィでアグレッシヴな要素、メロウで静かなパートが巧みに配されており、長尺の曲が多いにもかかわらずダレることがない。もちろん、マイケル・キスクが歌うクライマックス曲 #10”Requiem For A Dream”を筆頭に、パワー・メタル・ファンが快哉を叫ぶような疾走パートも存在していることは言うまでもない。

基本的には曲展開や曲調など、これまでEDGUYやAVANTASIAで提示されてきたものが繰り返されているのだが、小技レベルではちゃんと新味も加えられていることもあってマンネリ感を感じさせないあたり、やはりトビアス・サメットの才能はやはり底知れないものがある。

特に今回は全体尺、長い曲と短い曲のバランスも良く、非常に良い密度と起伏が実現しており、アルバムとしてのハイライトがちゃんとありつつ、どの曲にもハイライトがあるという、ストーリー性のある音楽作品としての理想形といっていい作品に仕上がっている。

ただ、こういう劇的な音楽ってMEATLOAF然り、TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA然り、あんまり日本では受けないんですよね…。日本人はあっさり味が好みなので、1回転調して終わる、くらいがちょうどいいのかもしれません。

とはいえ本作の音楽的普遍性は、個人的には全音楽ファンに聴いてもらいたいレベルだと思うし(『グレイテスト・ショーマン』のサントラが気に入るような人だったらきっと感じる所があると思うんですよね)、さすがにそれは無理だとしても、メロディックなHR/HMが好きな人には絶対聴いてほしい傑作だと思います。【92点】







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。トビーの才能はもっと評価されるべきですね。アルバムでの豪華な顔ぶれをほぼ同じメンバーでツアーをやることが凄いです。しかも遠い極東の国まで(笑)余計なお世話かもしれませんがこっち💰は大丈夫なんでしょうか?EDGUYのニューアルバムも期待したいです。

しんさん

日本公演だけだったらこの面子は成立しないでしょうが、40公演以上を行なうワールドツアーなので、ツアー全体の収益でペイできるのでしょう。

この面子が集められればこそ集客が見込めて興行として成立するのでしょうし、そこはうまくビジネスをやっているということなのではないでしょうか。

No title

もう今年はこればっかり聞いてます
一曲目のghost in the moonからして名曲すぎて・・・
Book of Shallowsのミルのパートはこれまでにない新機軸というか勢いありまくりでたまりませんでした
トビアスは天才です

>肋骨さん

私も同時期にリリースされた他のアルバムを差しおいてついついこのアルバムに手が伸びてしまいます(笑)。名盤ですね。