FC2ブログ

BURRN! ONLINEのスタートについて思うこと

1904bol.png

先月、3月の下旬に『BURRN! ONLINE』というサイトが始動しました。

『BURRN!』の公式Twitterアカウントおよび同誌編集者である前田岳彦氏のTwitterアカウントで告知されていたのは3月24日ですが、そもそもこのサイトは完全な新規サイトではなく、"METALLIZATION.JP"という、国内バンドを中心に扱うバンドとして数年前から存在していたサイトが、どういう経緯か『BURRN!』のオンライン版としてリニューアルしたもので、オープンから1ヶ月も経っていないにもかかわらず、それ以前からの記事がサイト内に存在しています(ただ、全てのアーカイブが残っているわけではない模様)。

以下のTwitterのタイムラインログを見ると、やはり3月20日から23日の間くらいにサイト移行が行なわれたようですね。

190320bol.png

『BURRN!』誌については、このインターネット全盛、雑誌冬の時代にオンライン版が存在しなかったことがむしろ不思議で、そのことが『BURRN!』誌の、引いてはメタルの若年層への浸透を妨げていると思っており、同誌と縁の深い某レコード会社の方に「"BURRN!"にWeb版を作ってもらってそこでプロモーションをするべきだ」と進言したこともあるのですが、その方は「うーん、あの雑誌は体質が古いからなあ…」と、難しそうな反応でした。

しかしこうして曲がりなりにも「WEB版」が登場したことは、やはり全盛期の1/3以下に部数が減少し、海外のメタル雑誌である"KERRANG!"にせよ"METAL HAMMER"にせよ、もはやWEB版が主戦場になっているという現実を踏まえての(苦渋の?)決断なのでしょう。

運営会社が『BURRN!』誌の発行元であるシンコーミュージックではなく、記事を書いているのも同誌の編集者ではないという事実は、単純に同誌の編集者にはWEBメディアを運営する余力もノウハウも(あるいは意欲も)ないということを意味していると思われます。

ただ、同誌編集者である前田氏の下記ツイートを見る限り、今後は同誌の編集者たちもこのサイトでライター的に記事を書くことになる模様。




個人的な予測では広瀬編集長が定年になったら雑誌としての『BURRN!』は終焉を迎えるのだろうと思っているので、残された編集者たちはいずれここで記事を書くことをメインにしつつ、ライター的な存在になっていくのかもしれません。

まあ、まだ始まったばかりなのでこのサイトの評価はできないのですが、『BURRN!』誌の価値というのはほぼ全てのHR/HM国内盤がレビューされ、国内で行なわれる来日公演のほぼ全てがレポートされ、国内盤がリリースされるアーティストの大半のインタビューを取ることができるという「網羅性」にあり、このサイトがどこまでそういう情報量を備えることができるかが注目されます。

海外アーティストにも周知されている『BURRN!』のブランド名によって、それこそMETALLICAとかIRON MAIDENクラスのバンドの独自インタビューを取れるようになるとしたら、日本最強のHR/HMメディアになることでしょう。

ただこれが、本誌では掲載できないような趣味的な記事が垂れ流されるだけの場になるようであれば『BURRN!』の名を冠する意味はなく、頼むから「LAメタルの真実」みたいな記事とか嬢メタルのプッシュ記事ばかりが掲載される場にするのはやめてくれ、と願うばかりです。

個人的には、そこは有料コンテンツになってもいいので、『BURRN!』創刊号以来の全レビューと全ライブレポート、全インタビュー記事をWEBアーカイブ化してくれると、このサイトの価値は爆上がりだと思うんですけどね。

そうすると現在大御所になっているアーティストや名盤認定されているアルバムを低評価していたこと(あるいはその逆)があらためて掘り返されて批判を浴びるリスクはありますが、それはそれで話題になるだけ御の字なんじゃないでしょうか。粗探しのために課金させるという、アンチからお金を吸い上げるビジネスモデルができると思います(笑)。

いずれにせよ、日本には「オフィシャル感」のあるHR/HMサイトというのはこれまでほとんど存在しなかったので、そういうサイトがこうして出来上がったことについては素直に喜び、今後に期待していきたいと思います。

BURRN! ONLINE
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>『BURRN!』創刊号以来の全レビューと全ライブレポート、全インタビュー記事をWEBアーカイブ化

これが実現できたら、物凄く価値があるサービスになりますね。
料金がいくらになろうと迷わず支払います。

No title

むしろwebだからこそかつての
「よくわかるディープパープル」みたいな連載をやってほしいですね。

酒井氏にもコラムを寄稿していただきましょう。
広瀬や前田の書くコラムなんかより、よっぽど面白いと思います。

>高見沢さん

ですよね。こういう声がシンコーミュージックに届いてほしいです。

今日び技術的にはさして難しくないことだと思うので、権利的な問題がないのであればぜひ実現させてほしいものですが。

>うめさん

酒井氏の物言いが過激である分、現編集部の人たちのものよりある意味面白いということは認めますが、あの人の物言いは現代においては炎上を招くだけだということは本人も理解していると思います(笑)。

雑誌の価値

> 『BURRN!』誌の価値というのはほぼ全てのHR/HM国内盤がレビューされ、
> 国内で行なわれる来日公演のほぼ全てがレポートされ、
> 国内盤がリリースされるアーティストの大半のインタビュー
> を取ることができるという「網羅性」にあり、このサイトが
> どこまでそういう情報量を備えることができるかが注目されます。

僕はメタルに目覚める前に、[ぴあ]で、CD、Live、グルメ、などのエンタメ情報を手に入れたので、雑誌はやっぱり便利だな~と思っています。ネットもGoogleやビッグデータ分析が便利ですけど、能動的に情報をまとめるのには、少し手間ですよね。
若年層へのターゲットを考えるのであれば、料金支払いへの壁があるかも。
(近頃なら、コンビニ決済で十分かもしれないですけど。)

『BURRN! ONLINE』は、コンテンツのポテンシャルがあれば、adoreさんの
書き込みのように注目されそうですね。

こんばんは。
21世紀初頭までは毎月買っていた自分もかなり前から立ち読みで済ますようになってしまい......少なくとも自分の出向いたコンサートのレポートが掲載されるであろう物は購入はしておりましたが今はそれさへも.....といった感じで.....
恐れずに申しますと、web版、若しくはこの雑誌の現状の最たる役目は日本のバンドに更なる陽の目をもたらすことだと思います。
OUTRAGE やUNITEDにコンサートツアーを組ませるくらいに更にはバンド活動のみで運営可能なほどにステータス回復させるといった具合に
今は.....特に前者は対外的な活動は週末に限られており.......
雑誌としての本文よりは、筋が違うかもしれませんが各バンドのプロモーション的な要素に比重を置かれるべきと考えます。
ちなみに、昔はインタビューを掲載したアーカイブ的な単行本もありましたので、
“今のもの”として是非metallion同様
復活願いたいです。
引っ越しをした時に、ツアーパンフと共に
それまで集めていたおよそ7,8年分が全て葬られてしまったもので.......

>田中さん

雑誌の『ぴあ』、今となっては懐かしいですね。

あの手のいわゆる「情報誌」が真っ先にネットに代替されてしまいましたが、自分で情報を集めるのが苦手な人には便利な存在でしたよね。

もしこのサイトが私の望む過去記事のアーカイブを有料コンテンツにしてくれるとして、そこに課金するのはアラフォー以上の世代が中心だと思うので、あまり若年層を気にする必要はないのではないでしょうか(笑)。

無料記事は、若者の心を掴むものを期待したいですね。


>Tomさん

21世紀初頭までは、と聞くとつい先日までは読んでいたんだな、と思ってしまいそうでもう15年くらい買っていないということですね(笑)。

元々この雑誌は洋楽誌としてスタートしたこともあってか、本誌であまりおおっぴらに日本のアーティストを取り上げることには今でも抵抗があるようなので、オンライン版では遠慮なく日本のアーティストも取り上げられるかもしれません。

ツアーパンフとバックナンバー、葬られたのがご自身の意志でないとしたらご愁傷様です。

オンラインですか!

はじめまして、勝手にリンクして勝手に読ませて頂き、読み逃げしておりました(笑)
実はバーンは創刊号から未だに全部買ってます。今では読むとこがないのに年間購読してるという私です。
私はあの偏りこそがバーンだと思っていたんで、今の日本の嬢メタル推しには憤慨しつつも、、、買い続けてるという。
もう役目は終わった雑誌だなと思うけどここまできたら最後まで付き合おうかと。

>グラハムボネ太郎さん

あれ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想のコメント欄にもコメント下さいましたよね?

創刊号から! 大先輩ですね。HNで私より年長であることはひしひしと感じますが(笑)。

まあ、何かと批判も多い雑誌ですが、批判している人たちこそ廃刊まで付き合う連中なのだと思います。私も含めて(笑)。

本題とは逸れますが

本題とは逸れていますが・・・。

先月号のエコバッグ、誰が希望していたのでしょう?私は純粋な音楽情報が欲しい人間なので付属品は要らないのですが。
だからと言ってBURRNが嫌いになった訳では
ないのですが、かなり迷走している感がして、もしかして大分危ないのかと勘ぐってしまいます。adoreさんの意見も聞きたく記載しました。この件はノーコメントだったりして(苦笑)

本題のこのサイトですが
創刊号以来のレヴュー見れたら、確かに価値はあるかもしれません。ボランティアでは無いのですから新しいアイデアで儲けてもらって良いとは思いますし、有益な情報を提供していただけるのでしたら、こちらもお金を払います。まだそこまでの物ではない感じですが・・・。

書いてました(笑)

歳をとると昔のことをすぐに忘れてしまいます(笑)
これからもよろしくお願いします

>かじやんさん

たぶんTwitterでは呟きましたが、あのエコバッグは需要があってのものというよりは、付録を付けると本屋で立ち読みできないように紐で縛られるので、立ち読み禁止にしてみると売上が上がるのかどうかを実験するためにやってみたのではないかと思っています。

昔から「レビューだけ立ち読みする」という人が多い雑誌ではあったので。

果たしてその実験結果がどうだったのかはシンコーミュージックの人のみぞ知る、ですが…。

オンラインについては、現状何のために作ったのかよくわからないですね。「とりあえず作ってみるか」程度のモチベーションで作られていそうで怖いです(苦笑)。

>グラハムボネ太郎さん

印象的なHNだったので覚えていました(笑)。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

エコバッグの件、納得しました。

>adoreさん
エコバッグは、立ち読み禁止対策の実験であるご意見。まさに目からうろこでした。気が付きませんでした。

ここのご意見でも拝見すると立ち読みで終わっているという方が沢山いらっしゃいますね。
記事が面白くなくなっているのか、またはこのメタル業界が衰退してきているのか、あるいは可処分所得の減少?
雑誌販売自体が難しいご時世なので、販売側も色々対策を考えて当然でしょうね。少し納得。

ただ、今回の実験では、値段が通常月と同額なら比較も出来たでしょうが、値段を上げているため余計に落ち込む可能性もあります。
今回の結果が上手くいったのであれば、また違った立ち読み防止付録が登場するでしょう(笑)。ソノシートかな?←それでは防止できません。

>かじやんさん

立読み防止対策説は私の憶測に過ぎないので、実際にそうなのかどうかはわかりません。

価格については、ここ数年何度も「特別価格」という通常より高い価格で販売する機会があったので、そういう意味では比較できる「参考数字」は持っているのかな、という気がしますが。

いずれにせよ、雑誌以外の情報源(しかも無料のもの)が増えている上に、コアな読者層(というか年齢層)にとって最近のHR/HMというのはそれほど熱心になれない状況なんだろうと思いますので、なかなかこの雑誌の商売というのは厳しいだろうなあという気がします。