FC2ブログ

X "BLUE BLOOD" リリース30周年に寄せて

X_blueblood.jpg

X(現X JAPAN)のメジャー・デビュー作となった、オリジナル・フル・アルバムとしては2作目となる"BLUE BLOOD"がリリースされてから、本日2019年4月21日が30周年の記念日となるそうです。



せっかくの機会なので、あらためてアルバムを通しで最初から最後まで聴いてみました。

楽曲単位では近年でもコンスタントに聴いていますし、移動時間などにiPodで(いまだに)アルバムをチョイスすることもありますが、アルバム通しで最初から最後まで聴くのは数年ぶりかもしれません。

こうしてあらためて聴いてみると、やはりもうこの曲順含めて脳に、身体に、心に、DNAレベルで沁み込んでしまっており、全ての歌詞が(掛け声みたいなコーラスや「語り」を含めて)口をついて出てきて、いたいけな(?)中学生だった当時の気持ちが一気にフラッシュバックしてきました。

こういう「うるさい音楽」というのはきっと若い時期にしか聴かないものだろう、と当時は思っていましたが、今となっては間違いなく一生聴き続けることになると確信していますし、何なら人生で最後に聴くアルバムはこれでありたい、とすら思っています。

サイトのプロフィールにもある通り、私が「メタル」にカテゴライズされる音楽を(少なくとも意識的に)初めて聴いたのは、当時普通にオリコンチャート上位に入り、歌番組にも出る存在だったこのXで、私と同世代のアラフォーな人ならそういう人も結構多かったのではないかと思います。

私はどちらかというと真面目な優等生タイプだったので、当初は彼らのヴィジュアルショックな見た目で「自分たちには縁のない人たち/音楽」だと思っていましたが、一方で「怖いもの見たさ」というか中学生ならではの「イキがりたい気持ち」もあって、友達からCDを借りてみた所、見事にハマってしまいました。

そして「他にXみたいな音楽はないのか」と探し求めた結果、HELLOWEENに出会い、あとは芋づる式にHR/HMにハマっていったわけですが、原点がこのアルバムだったことは間違いありません。

ここに収められた楽曲についてはもう様々な所で語り尽くされているので、あえてここで「全曲レビュー」みたいな野暮なことはしません。

ただ、私にとって重要なのは、このアルバムについて、リアルタイムと現在では異なる評価をし、異なる価値を見出し、その上でかけがえのないアルバムになっている、ということなのです。

中学生当時は、まず理屈なしで好きでした。この音を身体が求めていました。思春期ならではのフラストレーションやこじらせた思いを全て受け止めてくれる音がこれだったのです。激しいサウンド、哀しみをたたえた美しいメロディ、自己陶酔的な歌詞、全てが当時の私にハマっていたのです。

当時から理屈っぽいタイプだったので、「クラシックの影響が」とか「様々な音楽性が」みたいな聴きかじったような言葉で、このアルバムの素晴らしさを自分なりに理論武装して理解しようとしていたような気がしますが、実際の所はもはやジャンキーが薬物に溺れるようにこのアルバムをただ聴き狂っていました。

ただ、自分も成長し、様々な音楽、アーティストに触れて知識を付け、冷静にこのアルバムを聴き返すと、音質、演奏力、歌唱力といったわかりやすい所から、楽曲やアレンジの過剰さ、洗練されなさなど、客観的な視点での粗が色々と見えてくるようになりました。

しかし、そうしてあらためて思ったのは、そういう欠点を含めて、このアルバムは自分にとって最高であり、特別である、ということでした。

私は元々完璧主義的なところがあり、欠点のないものを好む人間で、『ドラえもん』の登場人物で誰かになれるなら出木杉君になりたい、というタイプでしたが、20歳を過ぎてこのアルバムを聴き、その欠点を含めて、いや、時にはその欠点こそが魅力になっていることを理解して、その完璧主義的な理想の持ち方というものが、人生というものをわかっていないコドモな価値観だったということを思い知らされたのです。

このアルバムは、完璧ではないからこそ、過剰であるからこそ、最高なのです。そして、この音楽が一番「響く」時期に出会い、何百回、ひょっとすると千回単位で聴いたからこそ、かけがえのない音楽になったのです。「最高の音楽」というのは、「ここではないどこかにあるもの」ではなく、自分の体験と記憶で作っていくものなのです。それは家族や友人のような人間関係と同じものと言えるでしょう。

このアルバムが、今の若い人にとって、私が感じたような感動を提供してくれるものなのかどうかということはわかりません。

というか、むしろそうである方が例外的で、それぞれの人にそれぞれの、私にとっての本作のような音楽があるのでしょう。

彼らに思い入れのないメタル・ファンには、正統派メタルも、スラッシュ・メタルも、アメリカン・ハードロックも混在する本作の音楽性を散漫と感じられるかもしれませんし、音質が悪くて古臭いと思うかもしれません。

そもそも、若い人にはもはや「アルバム単位で音楽を楽しむ」という習慣自体が薄れていると思うので、先ほど私が約1時間に渡って浸っていたような「体験」自体、滅びゆく体験価値なのではないかと思います。

私はそれほど頭の固いタイプではない、少なくともそうなりたくはないと思っているので、「アルバム単位で聴かなきゃダメだ」みたいなことを言うつもりはありませんし、「最近の若い者は…」みたいなことを言うつもりはありません。最近の若い人は若い人なりの「特別な体験」をするのでしょう。

ただ、自分にとって、思春期に入るタイミングでこのアルバムに出会えたことは「奇跡」だったと思っていますし、欠点を含めて心から最高だと思い、愛することができるものを持つことができたことは、人生を豊かにしてくれたと思っています。

まだまだ語りたいことはありますが(実際あれこれ書きましたが、蛇足っぽい感じになったので消しました)、もはや言うべきことはことは「ありがとう、X。ありがとう、"BLUE BLOOD"」という感謝の言葉だけで充分だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

このサイトでこのアルバムの記事を読めるとは...感激です。
これを聴くために、悲願であったCDラジカセ(ビクター/シーディオス)を、親に懇願して手に入れると同時に、人生で初めて手にしたCDアルバムです。その時、父がCDのことを「円盤」と言っていたことは今でも鮮明に覚えています…笑

流れてきたワールドアンセムは当時、正直?でしたが、2曲目のブルーブラッドが始まった瞬間、それまで紅しか知らなかった私が受けた衝撃たるや...
やたらとデカいドラムの音、特にスネアの独特の音は、まさに「わが青春」の響きです。テープにダビングして、ウォークマンで本当に毎日聴いてましたね。

「全曲レビュー」と「消えた文章」も、是非、拝読したいです。

>学生気分42さん

我々の世代だとCDラジカセとウォークマンは音楽好きのマストアイテムでしたね。

CDを円盤と呼ぶ、お父様の言語感覚はある意味時代を先取りしていたのかもしれません(笑)。

あのスネアの音は本当にYOSHIKIが望んだものが実現されていたのかというと疑問ですが、特徴的であったことは間違いないですね。

全曲レビューは何かきっかけがないと書かないと思いますが、消した文章については、既に完成はしているというX JAPANのニューアルバムが出た時に同じような内容の文章を書くことになるのではないかと思います(笑)。

No title

私がROCKを聞くきっかけになったのは当時流行っていたB'zですが、初めて「メタル」にカテゴライズされるCD手にしたのはXのBLUE BLOODなだけに懐かしさでいっぱいです。

そして「他に紅みたいなギターソロはないのか」と探し求めた結果、YNGWIEに出会い、あとは芋づる式にHR/HMにハマっていったわけですが、改めて聴いたらHELLOWEENの方が似ていますね。

実はヴィジュアル系もジャパニーズメタルも好きなのに
このアルバムを初めて聴いたのは2、3年前ですが
理由は今更聴くのもなんだが恥ずかしいというのと近年、YOSHIKIのグダグタな感じがどうも苦手という
あんまり音楽面に関係無い部分で合わないところが
あってパスしてたのですが
偶々、紅とX,Rose Of Painを聴いて興味を持って某中古で500円ぐらいで購入して音質以外
日本のヘヴィメタルといてトップなのではと思ってます。
個人の好みで言えば音質を含めアグレシッブな要素が欲しいなど
細かいところはありますが

No title

拝読し大変共感いたしました。私は管理人様よりもお兄さんなので、浪人生の時にこのアルバムに出会いました。Xといえば、某TV番組で最初に観たとき「カッコだけの奴ら」と勝手にバカにしていましたが(当時は洋楽こそがかっこいいと思っていました)、インディーズ好きの友人に勧められた「Vanishing Vision」でK.Oされ、本作を心待ちにしていたのをよく覚えております。浪人生という時期を乗り越え第1希望だった大学に合格できたのは、本作が心の拠り所になっていたからといっても過言ではないでしょう。私も再生回数は千回を超えると思いますし、これだけの愛情をもてたアルバムは他にありません。ギターの各パート、ベースを弾けるようになりたくて一生懸命練習したのも良い思い出です。30年経った今、予備校がある杉並に建売を購入し、30年前と同様、本作からパワーをもらえている現実をとても幸せに感じております。このアルバムについて語り合いたいくらいですね。長々と失礼いたしました。

No title

いつも楽しく拝読させていただいています。
きっと管理人様と同年代(数年差があるかな)のような感じがして、勝手に親近感を持たせてもらっています。
今回は自分にとっても思い出深い「BLUE BLOOD」を取り上げられていたので、思わず書き込んでいる次第です。
自分にとって管理人様が前半に書かれているような、「そのアルバムを聴くと当時の空気や匂い、風景や気分まで一気にあのころに戻してくれる」という感覚を持っているのはTM NETWORKの「CAROL」というアルバムです。初めて買ったCDということもありますが、これまでに何百回も聴いていますが、今でもふしぎな「新作感」を感じられる作品で、スタートボタンを押すたびに当時と同じワクワク感で楽します。
「BLUE BLOOD」はそんな中学時代、メタルを好きになるきっかけというか、自分もこういう激しい音楽を好きになるんだ、と新たな自分の嗜好を発見するという経験をしたアルバムです。
自分もここしばらくは通しで聴くことはなかったのですが、最近、リマスター盤が海外版でを入手できることを知り、改めて聴きなおす機会があり、改めて曲の良さを認識すると共に、その盤に付属されていたインストバージョンが収録されたボーナスディスクを聴いてさらに目から鱗。ものすごい演奏力だということに今更ながら気づきました。
もうこのようなアルバム(演奏力は別にして質感とか粗削りで粗野な勢いなど)は当人たちですら作れないのかもしれませんが、早く新作を聴いてみたいですね。



>ゆうていさん

B'zとXは90年代、日本だけでHR/HMが人気を保つことができた原動力的存在ですよね。

知識のある今聴けばXの音楽はイングヴェイよりHELLOWEENに近いことがすぐにわかりますが、「激しさとメロディを共存させた音楽」を求めた点はきっと私と同じだったんだと思います。

>かつ丼さん

お若い方にとってはもはやX JAPANというのは今更聴くのも…という大御所に映りますよね。

テレビ番組などを通してメンバーのキャラクターが見えてしまうのも、人間的好き嫌いが出てしまいますよね。

メロディック・メタルとしての完成度としては最近のGALNERYUSなどの方が高いと、「信者」である私さえ思いますが、リアルタイムで彼らの存在感は特別なものがありましたし、本作に収められた楽曲は思い入れのない人にも引っ掛かりを作るくらいの魅力は持っていると思っています。

音質は今聴くとキツいですが(苦笑)。

>りょうさん

私よりお兄さん(笑)な世代となるとそれこそ洋楽至上主義的な価値観が強かったのではないかと思いますが、あの荒削りな(そしてそれがカッコいいわけですが)"VANISHING VISION"でKOされるとは、マインドはオープンだったんですね。

そう、本作は心の拠り所になる求心力がありますよね。特に10代の心には。

しかしギターのみならずベースまでコピーしようとしたとは凄いですね。

そして杉並の戸建て住まいとは…勝ち組ですね(笑)。

>mephistoさん

これくらいの歳になると、数年の差は誤差でしょう(笑)。前後5年以内なら同世代ということで(それ以上年配でしたら失礼しました)。

TM NETWORKは私も大好きでした。"CAROL"ももちろん買っていましたが、個人的にはオリジナルのストーリーを持ったコンセプト・アルバムなのに、"Seven Days War"、"Beyond The Time"、"Still Love Her"といった、特定の映像作品と結びついた楽曲(どれも大好きでした)が多数収められていることについては疑問を感じていました(笑)。

"BLUE BLOOD"について、「自分のような人間でもこういう激しい音楽を好きになるんだ」ということを発見させてくれたというのは、まさに私も同じです。

演奏力については、LOUDNESSや聖飢魔Ⅱに比べると劣るのだと思いますが、このアルバムに込められた正体不明の勢いは、ただ上手いだけの人、そして現在の彼ら(そもそも2人鬼籍に入っていますが…)には決して生み出せないものでしょう。

今の彼らはこの頃とは別バンドだと思いますが、それでもやはり新作が出たら聴きたいですね。

恥ずかしながら、Xってまともに聴いた事ないんですよね。

中学の頃、周りがこぞってXを聴いていた時、僕はLINDBERGや、大事MANブラザーズや、T-BOLANや、KIX-Sや、TMNなんかを聴いていましたし、高校生の頃はミスチルやSPITZですし、メタルを聴き始めてからは海外のバンドばかり聴いているので。。。

いつかちゃんと聴いてみようと思いながら、今日に至っております(汗)

No title

つい先日、ふと手元に無い事に気づき、リマスター盤と言われる韓国盤を購入しました。
なぜか2枚組(笑)
ディスク2にはボーカルレスバージョンの楽曲が収められてましたが、聞いて思ったのはTAIJIの存在がやはりデカい!という事でした。

リマスター盤、それぞれの楽器の分離が良くなってて、おススメです!
やっぱり「BLUE BLOOD」カッコイイなぁ(≧▽≦)

>ちゅーりさん

別にXを聴いてなくても全然恥ずかしくはないと思いますよ(笑)。

どう考えてもB'zやドリカムの方が人気でしたし、私も実は最初に買ったJ-POPのCDアルバムはLINDBERGです(笑)。

大事MANブラザーズバンドをわざわざ挙げるあたりに思い入れを感じますね!

この文章を読んで、もし聴いてみてもいいかな、という気分になったらこの連休にでも聴いてみてください。

このブログで薦めている音楽に感じるものがある感性をお持ちであれば、多少なりとも感じるものはあるのではないかと思います。

>珍獣メガネコアラさん

リマスター盤はもちろんリリースされて速攻で買いました。

期待ほどではなかったですが、ちゃんとリマスター効果はありましたね。

TAIJIは、演奏者としてのレベルはこのバンドで一番高かったんじゃないでしょうか。

まあ、とにかく本作は最高ですよね!