FC2ブログ

令和の時代に期待したい日本のメタル【大穴編】

reiwa_metal2.jpg

前エントリー「令和の時代に期待したい日本のメタル【本命編】」で取り上げたバンドは好き嫌いはあれ、ある程度以上のレベルに達していて、既にある程度知名度のあるバンドを中心にピックアップしましたが、今回はクオリティや知名度などの点ではまだまだながら、個人的に印象に残るものがあったり、今後のメタルの在り方を示唆していると感じた「原石」的なアーティストを中心に取り上げます。

Phantom Excaliver
現代的な感覚においてメタルがダサいのは真面目にカッコよさを追求した結果だったりするわけですが、このバンドの場合、自らの個性を逆手に取って意識的にダサさを追求するというメタなアプローチが新世代感ありますね。



Nameless One
京都のエピック・メロディック・デス・メタル・バンド。欧州型のメタルを日本人がやるとこうなります、という感じでPhantom Excaliverとは違うアプローチでメタルならではのダサさを真剣に追求しています。



死んだ細胞の塊
埼玉出身のブルータル・デス・メタル/グラインドコア・バンド。まだメンバーは20代前半の若いバンドのようでデビュー・アルバムは来月発売ですが、既に韓国やインドネシアなど海外でのライブなども実現させているようです。バンド名がCARCASSの初期アルバムの邦題みたいですね(笑)。



Papilio Effectus
プログレッシヴ・メタルという、プレイヤーの努力に対して商業的成功が伴わない最高に「コスパの悪い」音楽であるジャンルを今あえて選択する、その心意気は買いたいですね。男女3人ずつ、というメンバー構成も結構珍しい。



絶対倶楽部
ガールズ・メタル・バンドは今や日本のメタル・マーケットにおいてはレッド・オーシャンですが、このバンドは音楽的にはまだまだながら、ある意味音楽そのものよりキャラが重視される昨今の音楽マーケットで目を引くことができるポテンシャルを感じました。



Zemeth
ボカロPとかDTMとか、そっちの方面出身の宅録メロディック・デス・メタル。今はいいサンプルを使えば打ち込みでかなりいい音を作れるので、音楽の才能はあってメタルも好きだけど、バンドは人間関係もあるしちょっと…という人も世に出ることができる時代になりました。とにかくクサい。



KEISANDEATH
「メタル・シンガー・ソングライター」という打ち出しが新しい、アーティストというか所謂ユーチューバー。彼女の音楽は失礼ながら素人芸に産毛が生えたようなものですが、ユーチューバー・メタルという活動スタイルは今後アリなのかもしれません。



HELL FREEZES OVER
普通にヘヴィ・メタルをやっているだけではなかなか差別化することが難しいこのご時世に、あえて徹底的にメタルのピュアネスを追求することで勝負しているある意味「逆張り」バンド。好感度はMAX。



さすがに今後メタルが80年代のように一世を風靡することはないと思いますが、ダイバーシティ(多様性)に対する寛容性は今後さらに上がってくると思うので、色々なタイプの魅力的なアーティストが活躍できることを期待したいと思います。

なお、冒頭の画像は前エントリーに引き続き、愛媛県新居浜市の金属加工メーカー「株式会社タステム.」さんの「メタルアート」作品です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Hell Freezes Overというバンドいいですね!
ファッションも含め、まさか今の時代に、こういう事をやっているバンドがいるとは 思いませんでした!
しかも皆若そうですし。
動画を見ていると、私がメタルを聴き出した80年代前半に、タイムスリップしたかのようです。

>イケさん

なんと、80年代前半にメタルを聴き始めていらっしゃるとは大先輩ですね。

HELL FREEZES OVERは完全に80年代前半の、混じりけのないHMだと思います。

パロディではなくマジで今これをやるというのはなかなか勇気と忍耐がいると思いますが、真の意味でヘヴィ・メタルの復権というのはこういうバンドが成功するということなのではないかと思います。

No title

HELL FREEZES OVERは、この時代にこんなトラッドなメタルバンドがいるのかと驚きました。信念なのか、逆張りなのか、その辺りは良く判りませんが、信念であれば貫いて欲しい。

絶対倶楽部のヴォーカルさんは確かレースクイーンですね。マツコが出ている番組で見掛けました。

>結城真之介さん

HELL FREEZES OVERは結果的に逆張りになっていますが、恐らく信念でしょう。パロディやカリカチュアのニュアンスが一切感じられないので…。

絶対倶楽部のVo、レースクイーンですか。道理で美人さんですね。

アイドルでもモデルでもレースクイーンでも、実力が伴えば問題はないと思いますが、彼女の場合はメタル・シンガーとしてはもうひと声成長を望みたい気はします(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Nameless Oneは結構気に入っていたのですが、この1年間全く音沙汰がなくバンドHPも消滅するという残念な状態になっています…。

国産クサメタル界隈は有望な若手バンドが登場しても1,2年くらい活動して自然消滅するパターンが多く、熱心に追いかけている身としてはとてもしんどいです(笑)

最近出てきたバンドではGENIUSとILLUSION FORCEが楽曲・ライブパフォーマンス共に高いポテンシャルを感じさせてくれているので、今後の活動に期待したいところです。

>学生気分42さん

別に何も隠してはいませんが…(笑)。

「いい音楽」はもはやメタルというジャンルに限っても普通の人は聴ききれないほどあるわけで、注目を集め、お金を払わせるには音楽以外の何かを備えることは今後ますます重要になってきそうですね。

私も絶対倶楽部のメンバーはむしろVo以外のメンバーに「色気の伸び代」を感じます(笑)。

>チャパさん

NAMELESS ONE、このMVを作って「やり切った」気分になってしまったんですかね…。

おっしゃる通り、近年の日本は結構いいもの持ってるバンドが次々と出てきているのですが、長続きしませんよね…。

まあ、日本は欧米に比べて労働時間が長かったり、長い休みが取りづらかったり、「本業」とバンド活動を両立させるのが難しい環境なんだと思います。

まして日本でメタルだけで食える人なんて本当にごく少数だと思いますし…。

挙げていただいたGENIUSとILLUSION FORCEはどちらもオリジナリティはともかくメロディック・パワー・メタル・ファンなら楽しめるバンドですね。

お久しぶりです。以前Azraelのコメント欄でお邪魔した某メタルバンドの元シンガーです。実はAdoreさんがピックアップしたこの記事のバンド、半分以上知り合いです(笑)(なんなら打ち上げや飲み会で一緒に飲んだこともあります)
メタルブログの記事に取り上げられるほど大きくなったか!と知人、友人の一人として本当に嬉しく思う半面今の自分の状態と比較して色々ともどかしい面もあります。自分自身音楽活動は継続しているのですが仕事とちょっとした持病の関係もあり中々本格的な活動は出来ていないのが現状です。
ですが、先日この記事の方々を含む若手メタル界隈の方々と久々にお会いする機会がありしぼんでいた情熱にまた火が付いたのと自分自身生き方について考えさせられるような事態がありもう一度カムバックしてみよう、音楽に本気で向き合おうと思った次第です。Adoreさんの期待の若手ページに載せてもらえるよう頑張りたいと思います(笑)
あと絶対倶楽部のヴォーカルさんですが映像より実物の方が綺麗ですね。実際に顔を見ながら話されるとちょっとあたふたするほどに(笑)
キーボードの方もかなりの美人さんですしあのバンドはとにかくHRHMに欠けがちな華があるので応援しています。

>C.Tさん

同じジャンルであれば対バンとかイベントで共演する機会は多いのだろうと思いますが、知り合い率が半分以上というのはすごいですね(笑)。

それだけ私の嗜好も偏っているということなのだろうと思いますが(苦笑)。

大手メディアならともかく、個人ブログに取り上げられるのはどうということもないでしょう(笑)。私がブログに書きたいと思える程度に気に入るかどうかだけですから。

まあ、逆に言えばどれだけビッグになろうと私が気に入らなければブログには書かないわけで、そういう意味では大手メディアに載るより難しいかもしれませんが(笑)。

日本でメタル・バンドで継続的に活動していくことの難しさはよくわかるので、無責任に頑張ってくださいとは言えませんが、C. Tさんがまだ思いを残しているのであれば、後悔のない生き方を選んでほしいと思います。

このブログに「期待の若手ページ」なんてものはありませんが(笑)、どうせやるなら普通にここで取り上げたくなるような存在を目指してください。

絶対倶楽部のヴォーカルさん、普通にこの動画を見るだけでも尋常じゃない美人なのはわかりますよ(笑)。

キーボードの子も確かになかなかの美人さんだな、と思っていました(笑)。