FC2ブログ

『BURRN!』19年6月号の感想

burrn1905.jpg

先日、Twitterをチェックしていたら「トレンドワード」(多くの人が話題にしているワード)に「BURRN!」というワードが上がってきました。

かれこれ10年近くTwitterやっていてこんなことは初めてです。

『BURRN!』も公式Twitterアカウントを持っていますが、まあ有効活用されているとは言い難いですし(編集部員の趣味を垂れ流すのは公式アカウントのオフィシャル感を損なうだけなのでマジでやめたほうがいいと思います)、「めたるったー」なる読者投稿企画も、一部の常連読者の承認欲求を満たすためだけに機能している印象しかありません。

てか、Web上に投稿されたテキストをわざわざ印刷物に起こすって、生産性ゼロどころかマイナスじゃないですか?

一部の役所とか古い企業では、Excelで表組みだけ作って、中に入れる数字は電卓で手計算して入力する、みたいなスーパー非効率な仕事をしているというホラーみたいな都市伝説を聞いたことがありますが、それに近いものを感じます。

話が逸れましたが、そんな『BURRN!』がTwitterのトレンドに上がるなんて「すわ、これはついに休刊か」と思ってタップしてみたら、なんのことはない(?)、B'zが表紙になります、というだけの話でした。

元々は洋楽誌というカテゴリーだった『BURRN!』ですが、『BURRN! JAPAN』が復活してからも普通に日本のバンドは載っているし、LOUDNESSにANTHEMと、日本人が表紙になる「布石」は着々と打っていたわけで。

それでもトレンドに上がってきたのは、単純にB'zファンが表紙になることに反応している(最近はB'zが表紙を飾れるようなJ-POP雑誌ってあまりないですからね。『WHATS' IN』とか『CDでーた』とかがご存命の時であればいざ知らず)のと、恐らくオールド・ファンや、狭量なメタル・ヘッズによるものと思われる『BURRN!』が彼らを表紙にすることに対するネガティブな意見がそれなりに盛り上がっていたからですね。

まあ、この雑誌の売上が低下していることは皆薄々感じているであろうこの状況でB'zを表紙にするというのは販売部数の減少に耐えかねてJ-POPアーティストの軍門に下って靴を舐めた、という風に映るであろうことは想像に難くなく、「この雑誌も終わった」と感じる人もいるだろうとは私も思いました。

特にB'zと言えば、批判的な人からは常にHR/HMアーティストの楽曲のパクリがあげつらわれる、「いわくつき」の存在だけに尚更。

私は彼らはパクっているわけではなく、オマージュであるという意見の持ち主であり、そのことはかつてこのブログでも書いたことがあります。

とはいえ、この雑誌を未だに買い続けているような熱心なHR/HMファンにとってB'z、ひいてはJ-POPというのは否定すべき存在であろうことは言うまでもなく(?)、この表紙によってそういうコア読者からの支持を失ってしまうのではないかという危惧が生まれたとしてもおかしくありません。

まして今でもこの雑誌を買い支えている人というのは、どちらかというとそういう「メタル純血主義」みたいな意識の強い人たちなのではないかと思われ、そういう読者に配慮してきたからこそ、この雑誌は保守的な誌面作りをしてきたのではないかと思っています。

それが、これまで一度も掲載したことのないB'zをいきなり表紙にする、というのはかなりの勇断。

これは、令和という新しい時代を迎えるに当たって、ついに編集方針を変更したのか、誌面刷新かと、ちょっと期待して買って読んでみました。

しかし、結果論から言うと、全体としては何も変わっていませんでした。ただ巻頭にB'zのインタビューがあるというだけ。

そのインタビューも、特にB'zのお二人が持っているであろうHR/HMなルーツの話に触れることもなく、新譜と今後のライブに関する当たり障りのないやり取りだけ。まあ、もしかするとそれ以外の話題に触れることはNG、みたいな条件でのインタビューだったのかもしれませんが。

インタビュアーは広瀬編集長ですが、B'zの旧譜を全然聴いていなくても(実際大して聴いていないと思いますが)できるような質問・話しかしておらず、恐らくB'zのファンにとっては物足りない、薄味な内容だったのではないかと思います。

インタビューの後に、メタル・ファンにオススメなB'zのアルバムや楽曲の紹介、音楽面におけるB'zとHR/HMの接点、みたいな記事でも付いていればまだしも、そういった工夫もなく。

B'zのインタビューの後に、彼らのファンにもなじみが深いであろうAEROSMITHのラスヴェガス公演のライブ・レポートという、特に今掲載する必然性のない記事を持ってきていることが言ってみれば「配慮」なのかもしれません。

せめて今回うっかり買ってしまうだろうB'zのファンの興味を引くような特集でも組んでいるならまだしも、特集はこの雑誌の35周年カウントダウン企画「編集長が語るBURRN!の35年間」って、もはや私くらいの年齢の読者の感覚的にはつい先日まで30周年企画を2年くらいに渡ってやってましたよね…? というウンザリ感に満ちたもの。

てか、編集長の思い出話なんて企画でもなんでもない代物が「特集」扱いって、作り手として色々と終わり過ぎなのでは…。

もし、B'zが表紙になったことに憤っているこの雑誌のコア読者(80年代組)の人たちを慮ってこういう懐古的な文章を特集にしたのだとしたら、他にできることがあったんじゃないかと思います。

こういういつもとは違う読者の獲得ができそうな表紙のタイミングでクロスレビューのトップにPOSSESSEDという、過去最高レベルにマイナーなバンドをピックアップしているあたりも、「攻めの姿勢」というよりは、天邪鬼にしか見えないのがこの雑誌の人徳のなさですね。

肝心のB'zはレビューしない、というのはアーティスト側の意向なのか、編集部の意向なのか。

実際、今月めぼしいアーティストのリリースがなく、過去最高級にネタがなかったためにこういう表紙になったのかもしれません。

個人的にはせっかく『Download Festival Japan』のレポートが載っているんだから、SLAYERにしておけばよかったんじゃないのという気もしますが、断られたのでしょうか(さすがにJUDAS PRIESTは2月号で表紙になったばかりなのでインターバル短すぎですし…)。

以前、編集長だったかそれ以外の編集部の誰だったか忘れましたが「読者からなぜ日本のこのバンドを『BURRN!』は扱わないんだ、という問い合わせをもらうことがあるが、バンドや事務所側から『BURRN!』では扱わないでくれ」と言われていることも多い」というような話をしていた記憶があります。

「ハードな音、ヘヴィな音は出しているがバンドのイメージとして古臭いHR/HMだと思われたくない」というアーティストもいるでしょうから、それは理解できなくもないですが、もしかするとB'zもかつてはそういうスタンスだったのかもしれません。

今この雑誌の大広告主である某レコード会社の社長はB'zとゆかりの深い人なので、その人が仲立ちをすることで今回の表紙とインタビューが実現したのかな、などと勝手に妄想していますが、これは結局誰が得したんだろう…という感じです。

近年とみにこの雑誌の表紙がベテランばかりなのは、結局CHILDREN OF BODOMやDRAGONFORCEを表紙にした号は売れ行きが悪かったから、ということなのだろうと思いますが、聞く所によると『ボヘミアン・ラプソディ』人気にあやかってQUEENを表紙にした1月号はいつもより売れ行きがよかったらしいので、やはり表紙の間口は広げるべきだ、と思ったのかもしれません。

ただ、この雑誌の場合QUEENやB'zにつられて買った、ジャンルとしてのHR/HMには興味がない人が、そのまま「面白い雑誌だな」と買い続けてくれることが期待できる内容ではないだけに、むしろ半ば惰性で買っている古参の固定読者に「買うのをやめる理由」を作るだけになってしまいそうな気がします。

まあ、もうこれ以上減りようがないだろう、という所まで固定読者も減っているのかもしれませんが。

あんまりクサしていても仕方がないので良かったと思う所にも触れておくと、GHOST、SAVAGE MESSIAH、MYRATH、BATTLE BEAST、HALESTORM、FROZEN CROWNといった比較的新しめの注目バンドはちゃんとカラーで扱っている、という所でしょうかね。

GHOSTなんかはもっと大きく扱ってもいいくらいだったんじゃないかと思いますが。

あと、『2』になってから初めてなんじゃないかというくらい超久しぶりに『ROCKOMANGA!2』でちょっと笑いました。『Download Festival Japan 2019』に行っていない人には笑えないかもしれませんが…(笑)。


▼終わり5年ほど欠けてますが、平成を振り返るのにピッタリな映像ですね。


▼アマゾンのレビューも、星1つと5つが拮抗する絵にかいたような賛否両論で面白い。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

B'zをマトモに聴いたのが「Mixture」からなので彼らの印象は完全にハードロックなんですけど、今回の件で歌謡曲と言っている人達はシングルでそういうタイプの曲しか知らないってことなんですかね?あとメタル専門誌なのに云々って一応この雑誌HR/HM専門誌だと自分は思っていたのですが(笑)。ハードロックとプログレを記事にするのもおかしいってことになるんじゃないのと思ったり。メタル縛りなんてやったら今以上にやる気が感じられない記事ばかりになりそうだけどなあ。

でもこの雑誌Care Of Nightのレビューで89点だったか91点付いてた号をチラっと見たのが(立ち読みですらない)最後なんであまり偉そうな事言えないですけどね.....HR/HMのアーティストのインタビュー物はhttp://sin23ou.heavy.jp/ぐらいしか近年は殆ど読んでないですね。日本のバンドやメロハー系も取り上げる姿勢も◯ですし、GalneryusとThousand Eyesのアルバムが満点なのも好感度高いです。

そうなんですよ。
今回の表紙にするにはきっと、良くも悪くも英断があったわけで、今回初めて手にしてみた人もいるはず。それなのに、リピーターになってくれる要素がほぼないのが痛いんです。
20数年前、自分がメタルを知ったころ、毎号貪るように読んで、限られた予算の中から、来月はあれを買おうか、それともこっちにしようかと楽しく悩んでいたのはとても贅沢な時間でした。遠い過去になってしまいましたね。
でも、自分はこれからもこの雑誌は買い続けていくと思います。廃刊はやはり寂しいです。
今回のB'zより、個人的にはここ数年顕著になってきたV系みたいなバンドに紙面を取りすぎなのが気になってます。見た目で判断するつもりはないですし、実際、いい作品を作っているバンドもたくさんいるとは思いますが若干食傷ぎみです。
もっと取り上げて欲しいバンドはいるんですが、難しいかなぁ。Church of misery。

何故バーンはBAND-MAIDを取り上げないんだ、と思いますけどね。
嬢メタルだか何だかやヴィジュアル系も取り上げるのに。
メイドはどこからどう聞いてもハードロックなのに。

自分はもう何年も前バーンを買うのをやめてしまいましたが、自雑誌の周年特集は本当に酷いと思います。
読む気が起こりませんよ。

B'z云々というよりも、もっと根本的な問題ですよね。

やはり、アなルは負けず嫌いを終わらせた時点で雑誌の神通力もなくなってしまいましたね。

No title

ちょっと前にロッキングオンの表紙がBon Joviになった事がありましたけどその時は「時代だなー」みたいな反応はあったけど終わったとか魂売ったみたいな拒絶反応は今回ほどは無かった事を思うとやっぱりメタルヘッズは保守的な人が多いのでしょうか

まあロッキングオンは今までも生き残りの為にはコロコロ変節を繰り返してきたので「いつものこと」とみなされていたのでしょうけど

今のROは増田勇一氏もレギュラー参加する様になっていますしもうジャンル意識関係なく使えるものはなんでも使うという方針でしょうね。あの会社はBURRN!が潰れたらROブランドでメタル増刊誌とかを作りかねない(笑)
良くも悪くもあの節操のなさが雑誌を永らえさせて来たのは事実でBURRN!に足りなかったのはその雑食性だったのかな、と

逆にBURRN!側から正統派メタルの外側にアプローチしたMETALLION vol.66のラウドロック特集号は通常BURRN!を読まない人間からすると非常に面白かったのですが正統派のBURRN!読者さんからするとどうだったんだろう?

>YTさん

B'zというアーティストに対する印象というのは世代によってだいぶ違う気がします。

そして多くのBURRN!世代にとって、B'zというのはハードロックではなくJ-POP、という意識なのでしょう。

J-POPというのは「日本のポップミュージック」であって、ポップミュージックの対立概念はクラシック音楽でしかないので、「日本のハードロック」はJ-POPの一部のはずなんですが、『BURRN!』にB'zなんてけしからん、と騒いでいる人にとってB'zはAEROSMITHよりAKB48に近いもの、という認識なのだと思います。

>mephistoさん

私も92~95年くらいまでは貪るように読んで、レビューだけでなく特集やディスコグラフィー記事からどれを買えば一番楽しめそうか吟味しまくってました(笑)。おっしゃる通り、ある意味贅沢で幸福な時間でしたね。

CHURCH OF MISERYは奥野氏あたりは好きそうだし、もっと活発に活動していればもう少しフィーチュアされそうな気がしますが、なかなか日本で受けないタイプの音楽性ゆえ大々的に取り上げるのは難しいのかもしれませんね。

私もまあ休刊するまで買い続けるとは思いますが、V系って摩天楼オペラとJupiter以外にコンスタントに出ているバンドありましたっけ?

>B'zファンさん

神通力を失った理由はそこですか(笑)。

BAND-MAIDは、恐らくアーティスト側の意向で『BURRN!』に出ないんだと思います。

ありふれた嬢メタルのOne of Themに見られたくないのではないでしょうか。

>222さん

ロッキングオンが扱う「ロック」は変化をポジティブに捉えるものですが、BURRN!が唱える「メタル」は変化をネガティブに捉え、「正統であること」「様式を守ること」を良しとする思想というか文化なので、雑食にはなれないのでしょう。

まあ、単に編集部にいる人の好みの幅が狭いということだと思いますが。

保守的であることを「節操がある」と美化する読者がいる限り、この雑誌が変わることはないでしょう。

METALLIONは読んでいませんが、「正統派」な人は日本でラウドロックと呼ばれる音楽はHR/HMではないので興味がない、というかラウドロックなんぞ聴くくらいならヘヴィ・メタルを聴け、というスタンスではないでしょうか(苦笑)。

私も衝撃過ぎて

自分のブログに書いてしまいました(笑)
B'zの音楽性云々ではなく、BURRNにB'zがという違和感ですね。
売るためには仕方ないのはわかりますのでBURRNの考えも理解出来ますが、読み物のしての私的な満足度がどんどん下がっていってます(笑)
でも、私はバーンを買い続けます!
HRHMが好きだからなぁ、私は。

上っ面のインタビューだけでなく、きちんとメタルファン、B'zファン双方に向けた記事を組めば賛否は有りつつももっと筋が通って見えたと思いますけどね。

もう10年以上買っていませんが、最初にこれを見た時は廃刊が近いのかなって思ってしまいました。

こんな事書くと怒る方がいるかもしれませんが、B'zって稲葉さんの声っていうか歌い方が苦手で、あまり聴いて来なかったんんですよね(笑)

あと僕は学生時代耳にピアスはしてましたが、鼻にチェーンはしていませんでした(笑)

>グラハムボネ太郎さん

なるほど、やはり創刊号から買っているような方にとっては(怒)であり(泣)なんですね。

私のような90年代組にとってはB'zみたいなHR/HMの要素が明確なアーティストはもっと早くから「取り込んで」おけばよかったのに、などと思ってしまうのですが。

まあでも、他に代わりとなる媒体がないし、HR/HMが好きなら買い続けるしかないですよね。

>バンドメイドファンさん

そうなんですよねー。でもツイート検索などをしてみるとB'zファンは意外とこのインタビューだけで満足しているみたいなんですよね。

B'zのインタビュー以外のページはほとんど読まれていないと思いますが(苦笑)。

>ちゅーりさん

この表紙「ここまでしないと売れないのか」という感じは否めませんね。

稲葉氏の歌声はクセが強いので、好き嫌いは分かれると思います。

まあ忌野清志郎だって桑田佳祐だってHYDEだってクセはあるけど大人気なわけで、合う/合わないの話でしかないわけですが。

レイチェルのあのチェーン、普通に食事の時とか鼻をかむ時とか邪魔そうですから、なかなか真似はできないですよね(笑)。

No title

かつて松本氏がHRのカヴァーアルバムを発表した際には好意的なレビューを載せてましたねBURRN誌。

でも表紙やインタビューとなるとグラハムさんのような古参はアレルギー起こすあたり、雑誌も購読者も古いタイプ(ヘビメタと言うと怒り出すような)なんですね。

なんだか日本のメタラーの限界がよくわかりますね。

> さん

メタラーにも色々な人がいて、絶対数では普通のまともな人が多いと思いますよ。

ただ、偏屈な人の方が積極的に物申しがちだったり、おかしな人の言動の方が目立つというだけのことだと思います。

No title

B'z、BabyMetal等がNGで嬢メタルがOKなのはぶっちゃけ編集と読者層がおじさんなのが理由だと思ってます

紙媒体がいずれ消えるのは世の習いなので、延命するためにコア層に媚びるのは理解できますが
それが欧米と80年台で止まってる日本での人気バンドの乖離生んでしまいました

WEBだとHeavyでLoudな音楽ならまとめて扱うサイトもあるンで10年後くらいには状況かわってるといいな

>のなめさん

ライブに行くとBABYMETALのファンもおじさんだらけですけどね(苦笑)。

『BURRN!』の場合、やはり歴史的に「こういうメタルは優れたメタル、こういうメタルはダメなメタル」という一種のイデオロギーを打ち出してきていて、だからこそそのイデオロギーを裏打ちできるアーティストが充分存在していた頃には求心力があったのだと思います。

今はむしろ『BURRN!』がかつて「ダメなメタル」と貶めていたタイプのアーティストの方が人気があるので、すっかり求心力が落ちてしまいましたね。

そして今回のようにかつて否定してたタイプのアーティストに媚びを売るようなことをしてさらに求心力を失うという悪循環ですね。

それでも私のような『BURRN!』的なアーティストを今でも主食にしている人間にとっては情報が集約されていて便利な媒体であることは確かなのですが。

80年代半ばから読んでいますが、雑誌が取り上げるバンドと自分の好みが違うので、BURRNは好きなバンドの記事が載っている時のみ購入しています。雑誌としてはたまに買うKERRANGやMETAL HAMMERの方が好きでした。

B'zのファン向けのHR/HM入門記事、雑誌の読者向けにB'zのお勧め記事があると印象が違ったと思いますが、ニューアルバムリリースにともなうファン向けのインタビューでしかなく、B'zを知らない人にとってはありがちな内容で印象に残らないインタビューでした。結局のところ、売上を上げるための表紙と記事にすぎなかったのが残念です。

>さまよえるメタラーさん

海外のメタル雑誌の方がバンドの情報量は多いですが、やはり普通の日本人には言語の壁が大きいですからね(苦笑)。

この表紙については多くの人が単なる売上拡大策としか見ておらず、実際そうなのだろうというのが残念ですね。

編集部としても、読者のメタル・ファンにB'zを本気で薦める気はないんでしょうし、B'zファンがメタル好きになることも期待していないのでしょう。