FC2ブログ

WHITESNAKE “FLESH & BLOOD” アルバム・レビュー

whitesnake13.jpg

ある程度以上コンスタントに活動を続けていて、なおかつ「ハード・ロック」と呼ぶにふさわしい音楽性でそれなりの大物感をキープしている存在というのはひょっとするともはやこのWHITESNAKEしかいないのではないか。

いや、何をもって「ハード・ロック」とするかという話になると色々とややこしいことになるのであまり深入りを避けたいが、WHITESNAKEが40年におよぶキャリアを経てなおこれだけハード・ロック然とした作品を創り出していることに対してまずは敬意を表したい。

先行公開された#3 “Shut Up & Kiss Me”を聴いて、これは元WINGERと元NIGHT RANGERのギタリストで両脇を固め、今回は徹底的にゴージャスな80年代アリーナ・ハード・ロック路線で行くのかと思いきや、アルバム全体で聴いてみると必ずしもそういうわけでもなく、大筋ではWHITESNAKEらしいと思える、ブルージーな要素を持った王道路線のハード・ロックが展開されている。

WHITESNAKEらしさ、というものをどの時期の姿に見出すかによって本作がWHITESNAKEらしいかどうかという点については意見が分かれるかもしれず、そういう意味ではダグ・アルドリッチという気真面目なギタリストと作った前2作の方がイメージに忠実な作品だったかもしれない。

ただ、加齢によって艶と伸びを失ったデイヴイッド・カヴァデールの現在のヴォーカル・スタイルを踏まえると、本作の楽曲はデイヴィッドの衰えをうまくカバーしつつ、それでいてキャッチーさとバラエティに富んだ、実に巧みなソングライティングが行なわれていると感じられる。

かつてなら王道とされたこのスタイルが、現在のHR/HMシーンにおいてはむしろ絶滅危惧種的な存在となってしまっているわけだが、少なくともWHITESNAKEはまだ「枯れていない」ことを力強く証明する作品となっている。

本作より正式にメンバーとしてクレジットされているミケーレ・ルッピ(Key : SECRET SPHERE)の卓越したシンガーとしてのコーラス面での貢献がほとんど見えないのは、ファンとしては残念。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ライヴでは・・・

アルバムはともかく、ライヴではコーラス隊として
貢献しているのでは・・・
というか、"Bad Boys"なんかミケーレ・ルッピと
マイケル・デヴィンは殆ど全部歌ってますよね。(笑)

No title

こんばんは。発売と同時に来日発表と、さすが日本での人気はすごいとおもいきや、チケット発見寸前で延期とは、もしやキャンセル?と心配ですが、どうであれいまだにコンスタントにアルバムを出してもらって嬉しいですね。職人を贅沢に両脇に置くなんてデビカバさんぐらいの人気、栄光がないと無理ですね。(わがままなギタリスト黙らせる( ´艸`))それにしてももっとミケーレをフューチャーしてほしいですね。

>JAVANさん

ライブだとそうですね。もはや"Bad Boys"みたいな曲はデイヴィッドには厳しいでしょうし。

とはいえさすがにアルバムで彼らをフィーチュアするのは沽券に関わるというか、WSのファンはそれを求めていない、ということなんでしょうね(笑)。

>しんさん

来日延期、理由が発表されないのでちょっと不安ですね。

今、ギターヒーロータイプのギタリストが就職先として一番魅力的な職場(?)はWHITESNAKEなのかもしれません。

イタリアン・メタルのファンとしてはミケーレ・ルッピももっとフィーチュアしてほしいというのが本音ですけどね(笑)。

私は正直期待していた程では…という感じのアルバムでした。
やはり1曲1曲のクオリティが80年代の作品とは明らかに違う気がします。
そして、こればかりはしょうがないと思うのですが、Davidの声も…
私はこういう路線より、Restless Heartのような路線にした方が、今のDavidの声を考えると、よいのではと思ってしまいました。
そういえばWHITESNAKEのライブは大学生の時に代々木で観て以来、観ていないです。
もう30年以上も前の話ですが…

>イケさん

80年代と比べるのはさすがに酷なのでは…(笑)。

本人としても年齢を重ねて"RESTLESS HEART"的な渋めの路線に行きたかったのではないかと思いますが、ファンが付いてこなかったということなのではないでしょうか。