FC2ブログ

GLORYHAMMER “LEGENDS FROM BEYOND THE GALACTIC TERRORVORTEX” アルバム・レビュー

gloryhammer03.jpg

スコットランドの「パイレーツ・メタル」バンド、ALESTORMのクリストファー・ボウズ(Key)が中心になり結成されたシンフォニック・パワー・メタル・バンドGLORYHAMMERの通算3作目となるアルバム。

本作でもデビュー・アルバム”TALES FROM THE KINGDOM OF FIFE”から続くストーリーの続編が展開され、前作” SPACE 1992 : RISE OF THE CHAOS WIZARDS”で宇宙にまで飛び出した彼らの物語は本作でも時空を超えて壮大に展開されている。

音楽的には完全に初期RHAPSODY(OF FIREが付く前)のフォロワーと言っていい、ピュアなシンフォニック・パワー・メタル路線が本作でも貫かれているが、もはや本家が失ってしまった勇壮さとキャッチーさを兼ね備えた「わかりやすさ」がこのバンド最大の武器で、2019年現在、こういうパワー・メタル系シンフォニック・メタルの入門に彼ら以上に相応しい存在はいないだろう。

#5 “Power Of The Laser Dragon Fire”のようなスネア裏打ち疾走系の楽曲は、かつてRHAPSODYに望んでほとんど得られなかったタイプの楽曲だけに、「これだよ、これ」と溜飲が下がる。

もちろんそれ以外の楽曲もフック充分、ライブで盛り上がる様子が目に浮かぶアツさがあり、大抵の曲はドラマティックでありながら5分以下とコンパクトにまとまっているのもクリストファーの優れた作曲センスを感じさせる。

一方で本作のクライマックスを飾る#10 “The Fires Of Ancient Cosmic”のような12分以上に及ぶ大作も退屈さを感じさせることなく構築してみせるあたり、MVこそネタめいて見えてしまうが(苦笑)、エピック・メタル・バンドとしての彼らの実力は本物である。

前作収録の” Universe On Fire”のようなダンサブルと言ってもいいようなノリノリの#8 “Hootsforce”のようなキャッチーな楽曲もバンドの世界観の一部にする辺りは、大陸欧州のシンフォニック・パワー・メタル・バンドよりも器用で、そういう懐の深さがあってこそドイツのナショナル・チャートで6位まで上昇するという成功につながっていると言えるだろう。

日本でもようやく大手キングレコードからの国内盤リリースとなったことだし、ブレイクを期待したいところ。なお、輸入盤のデラックス・エディションは、本作収録曲全曲のシンフォニック・アレンジ・バージョンがボーナス・ディスクとして付帯。【88点】





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント