fc2ブログ

DRAGONFORCEからフレデリク・ルクレール(B)が脱退

来月、ニューアルバム"EXTREME POWER METAL"のリリースを控えたDRAGONFORCEから、ベーシストであるフレデリク・ルクレールが脱退することになったそうです。

「他のプロジェクトを追求したいから」というのがその理由だそうで、それがSINSAENUMのことなのか、それ以外のものなのかはわかりませんが、今やハーマンとサムのギター・コンビ以外では最も古株の、ファンにも愛される存在だっただけに残念な話です。せめて新作のツアーまで留まれなかったのでしょうか。

まあ、何事もタイミングがありますし、やりたいことをやる上で今がベスト・タイミングということであれば仕方がありませんが。

8月17日にドイツ・ハンブルクで開催される"Elbriot Festival"での公演がフレッドのDRAGONFORCEにおける最後のパフォーマンスになるそうです。

昨年はキーボード奏者だったヴァジーム・プルジャーノフが育休からそのままフェイドアウトするように脱退しましたが、バンドの転機なのかもしれませんね。

後任は未定ですが、今後の北米ツアーには、メタル系ユーチューバーとして有名なスティーヴィーT(Stevie T/Steve Terreberry 'Stevie T') をベース&トライアングル奏者として一時的に迎えると発表。

なぜにトライアングルかというと、スティーヴィーTは以前にドラゴンフォース「Through the Fire and Flames」のトライアングル・カヴァーを自身のYouTubeチャンネルで公開して話題になったという経緯があり、それをきっかけにバンドと連絡を取るようになったことがこの話の発端のようです。

この動画ですね。



いや~、すごいですね。ついにユーチューバーがメジャー・バンドに加入する時代が来たんですね。15年前、同人音楽の人だったYAMA-Bをヴォーカルに迎えたGALNERYUSがメジャー・デビューしたときにも「垣根がなくなった」ことを感じましたが、またひとつの壁が壊れたことを感じます。

どうでもいいですけど、どうしてユーチューバーって変顔に走るんですかね。「同じ内容であれば変顔をした方が再生回数が伸びる」みたいなデータでもあるんでしょうか。

ちなみにこのスティーヴィーT、過去に"How To Be POWER METAL!"という「パワー・メタルの作り方」的な動画をアップしていて、こちらを観ると、彼がパワー・メタルのことをちゃんと理解していて、DRAGONFORCEの影響を強く受けていることがわかります。



ギターの腕前はなかなかのもので、ヴォーカルもこれだけ歌えれば大したものだと思いますが、今回DRAGONFORCEに加入するにあたって一番肝心なベースの腕前は不明です(笑)。

が、まあこれだけギターが弾ける人であれば、ピック弾きでパワー・メタルのベースを弾くことはさほど難しくないのかもしれません。

実際の所、DRAGONFORCEのように長いツアーをやるバンドのメンバーになると本業である(そして恐らく現時点ではDRAGONFORCEの活動より稼げていそうな)ユーチューバーの活動に差し障りそうなので、正式加入はないと思いますが、バンドにとってはいい話題作りですし、スティーヴィーにとってもユーチューバー活動のいいネタ作りになりそうなのでWin-Winな企画ですね。


蛇足ですが、日本のアニメソングを歌う動画もありました。歌詞をオンライン英訳したらわけのわからない歌詞になっちゃった、的な内容のようで、英語ネイティブでない日本人にはちょっと笑いどころがわかりませんが、親しみが持てますね。



個人的に、彼の英語はかなり聞き取りやすいと思うので、英語のヒアリングのレッスン動画として使えそうです(笑)。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スティーヴィーTはちょっと前からYouTubeで見ていたのですが、まさかのDRAGONFORCEに一時加入とは!
むしろYouTuberをバンドに迎えてしまうDRAGONFORCEが凄いというべきでしょうか!?

>高見沢さん

DRAGONFORCEはなかなか懐が深いと思いますよ。BABYMETALにも積極的に絡んでいっていましたし。

ハーマンのようにアジア人の感性を持つメンバーがいて、英米での成功体験もあるだけに、その辺はやはり欧州ローカルのパワー・メタルとはちょっと意識が違う感じですね。

No title

YouTubeがキッカケで大物バンドに加入といえば
ジャーニーに加入したボーカリストが思い出されますね
これもネット社会の恩恵だと思います。

>名無しのメタラーさん

JOURNEYのアーネル・ピネダのケースは最大のシンデレラストーリーですね。

インターネットによって、昔だったら考えられなかった人の交流や国籍を超えたバンド加入などが起こるようになったのは、コネはないけど実力がある人にとって大きなチャンスが広がったということなのだと思います。

No title

https://www.youtube.com/watch?v=iGLmzGJD0Ns
そういえば、この話そういえばどうなったのかなとググったら断られてたようです。
まあ話題性上げるための仕込みだったのかもしれません。
現在はAlicia Vigilという女性ベーシストがサポートとして加入してるようです。

>人さん

元々単なるネタだったのか、スティーヴィーTが日和ったのかはわかりませんが、ワンステージで1曲共演するくらいがちょうどいい塩梅だったのではないでしょうか(笑)。

フレデリク・ルクレールくらいベースが弾ける人は今日びぼちぼちいるのでしょうが、作曲センスなども含めて彼の後任に足る人というのはなかなか見つからないかもしれませんね。