RIOTからトニー・ムーアが脱退

来日公演の記憶も新しいRIOTから、シンガーのトニー・ムーアが脱退したそうです。

トニーいわく、バンドの今後の活動についての他メンバーとの意見の食い違いが原因のようで、トニーが自ら望んで脱退したわけではないとのこと。

トニーは自らのバンドであるFAITH AND FIREの活動を再開し、来年にも新作を発表するとのことですが、せめて1枚だけでもRIOTのアルバムで歌ってほしかったというのが正直な所です。

先日の来日公演で披露された新曲「Wings Are For Angels」はおそらくRIOT史上最速の強力パワー・メタル・チューンで、トニーの強烈なハイトーンが見事にハマっており、アルバムに対する期待も高まっていただけに残念さもひとしお。

トニー復帰が叶わないなら、マイク・ディメオを復帰させるよりは05年の来日公演で歌っていたマイク・ティレリを入れた方がパワー・メタル向きなので個人的にはベターだと思います。

むろん、トニー・ムーア並みの新人が見つかるならそれに越したことはないですが…。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=131418
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント