FC2ブログ

NORTHTALE “WELCOME TO PARADISE” アルバム・レビュー

northtale01.jpg

TWILIGHT FORCEを脱退したクリレオンことクリスチャン・エリクソン(Vo)が、元CELLADORで、CIRCLE II CIRCLEのメンバーでもあるアメリカ人ギタリスト、ビル・ハドソンと結成したバンドのデビュー・アルバム。

ベースは全く聞いたことのない人だが、ドラムは元YNGWIE MALMSTEENというのが日本人には最も通りがいいであろうパトリック・ヨハンソン、キーボードはTHE FRACTURED DIMENSIONのメンバーで、日本のマニアにはETERNITY’S ENDのキーボーディストといえば多少ピンと来る人もいるであろうジミー・ピッツ。

メンバーの国籍を見るとスウェーデンとアメリカの混成バンドだが、音楽的には完全にSTRATOVARIUS以降の北欧型メロディック・パワー・メタル。

というか有り体に言ってしまうと完全にSTRATOVARIUSのフォロワーで、スピード・チューンとキャッチーな曲を主軸に、アルバムにおけるアクセントとしてちょっとヘヴィな曲とバラードはプレイする、というスタイルは完全にSTRATOVARIUS。

メタルの持つダーティーな面やアンダーグラウンドな部分を完全にそぎ落としたクリーンなサウンドは、人によっては「こんなんスタイルはメタルでもスピリットがメタルじゃねえ」と感じる類のものかもしれないが、個人的にはこういう音こそ私が好きな要素だけを抽出した、ストライクゾーンど真ん中の音。

哀愁を帯びた流麗な歌メロに北欧を感じつつ、あまりクサくなり過ぎないのはやはりギターとキーボードというメロディ楽器担当がアメリカ人であるせいだろうか。

それは欧州メタル・マニアにとってはちょっと物足りなさにもつながりつつ、マニア以外の層に支持を広げる上では有利に働くことだろう。

何よりライブを観て、ヴォーカルとギターに華があるというのがこの手のバンドとしては非常に稀有で、ロック・スターなヴォーカルとギター・ヒーローなギタリストの組み合わせこそがメタルの、いやロックの王道と感じる向き(日本人にはかなり多い価値観だと思う)にとって、理想的なバンドである。

楽曲もどれもちゃんとフックがあって良くできているが、「これぞ!」というキラー・チューンに欠けるのもまた事実で、その辺は次作以降の課題だろうか。

あとまあ、この手のメロディック・パワー・メタルにおいて変に個性を出すことはあまりファンに歓迎されない傾向があるとはいえ、ある程度以上ビッグになっているバンドには、とりあえずマニアにはわかる程度に個性があるものだが、このバンドにはまだそれがない。

そういう意味ではまだAクラスとは言い切れないのだが、ポテンシャルは間違いなくピカイチで、新世代のSTRATOVARIUSはこのバンドと断言してしまっていいだろう。【85点】







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

貼られてた動画3曲、全てドンピシャな音だったので、某アマで発注しました(笑)
特に3つ目はヤバいなぁ!
ぜひ来日してくれないかな。ちょっと見てみたい(^^♪

>珍獣メガネコアラさん

つい先日、Evoken Festで来日していましたよ(笑)。

演奏・パフォーマンス共に新人バンドとは思えない(メンバーのキャリア的には新人ではないですが)素晴らしいパフォーマンスでした。

次回来日の際にはぜひ。