FC2ブログ

陰陽座が楽曲提供した『越乃寒梅』ブランド・ムービー

去る10月22日に公開された、日本酒の中でも最も有名なブランドのひとつ、『越乃寒梅』のブランド・ムービーに、陰陽座初のデジタル・オンリーでリリースされたニュー・シングル、「一輪一滴」が使用されています。

こういうのをWebニュースでは「越乃寒梅と陰陽座がコラボ!」などというのでしょうけど、これは単純に『越乃寒梅』の製造元である石本酒造が陰陽座に楽曲使用料を払っていると思われるので、お互いの自発的な意志で無償の協力をしているわけではないという意味で個人的には安易に「コラボレーション」という言葉は使いたくありません。

もちろん陰陽座の中心人物である瞬火は「『越乃寒梅』と陰陽座には確かな共通点がある」と、自身が日本酒好きであることを含め、何の故もない、単なる広告仕事ではないという旨の発言をしていますが、これはプレスリリース向けの建前と見るべきでしょう。

この座組みが成立したのは、少なくとも瞬火が日本酒好きだから、というよりは、石本酒造の現社長である石本龍則氏がメタル好きだから、という事実が大きいでしょう。

石本龍則社長のFacebookを見ると、数多くのメタル・アーティストがフェイバリットとして挙げられており、しかも女性Voのものが多いあたり、陰陽座が好きというのもガチなのでしょう。

PINK SAPPHIREなんてバンドも挙がっている辺り、その感性のルーツというか世代が窺えますが(笑)。

しかしこの社長、アニメが好きということでバンダイナムコエンターテインメントが立ち上げたプロジェクト「神酒ノ尊-ミキノミコト-」に参加したり、アメ車が好きで、アメリカ最大のカーレースNASCAR K&N PRO SERIESのレースのメインスポンサーになったりと、かなりの趣味人。

趣味のために会社のお金を使ってくれるオーナー社長なんて私のような広告代理店の営業にとっては理想の社長なわけなのですが(笑)、何より可笑しいのはこの社長、酒造メーカーの社長なのにお酒が苦手で飲めない、という話(笑)。

オーナー会社の跡継ぎ社長って、最高ですね。いや、イヤミではなく無邪気にそう思います(笑)。

だって世界観が合ってるからってなかなかメタル・バンド、それも妖怪を名乗っているようなバンドの楽曲をブランド・ムービーに起用してくれる懐が深い、というかマーケティングをデータに基づいて行なわない企業なんて今時そうそうないですよ(笑)。

はっきり言ってしまうと、世の中的には陰陽座よりも『越乃寒梅』の方が圧倒的に知名度があって、この「コラボ」のニュースも普段陰陽座のニュースを扱わないようなメディアも取り上げているので、これはむしろ陰陽座にとって旨味のある話でしょうね。いち陰陽座ファンとして石本社長に御礼を申し上げたいです(笑)。

しかし、かつてDRAGONFORCEが日本酒『龍力』とコラボしていましたが(これは大したお金が発生していないと思われます)、日本酒とメタルって意外と相性がいいんでしょうか(笑)。


商品のブランド・ムービーなので、バンドは登場しません。バンドの美サイドをフィーチュアしたバラードですね。


越乃寒梅×陰陽座〈一輪一滴〉スペシャルサイト

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

なんとも反応に困る記事ですねw
でも海外アーティストだとメガデスやスレイヤー、メタリカなどはバンド名を冠したお酒を公式に販売してましたね。

楽曲提供もいいですが、いずれはコラボで陰陽座のお酒も販売されるといいですね。

>名無しのメタラーさん

CDが売れない時代だから、ブランド力があるバンドはビールからオモチャまで様々なマーチャンダイズを作って収益化してますね。

陰陽座クラスだとなかなか製造に一定以上のコストがかかるグッズは作りにくいと思いますが、社長さんがファンだというこういう会社が組んでくれるならコアファン向けに商品開発ができるかもしれませんね。

手始めにこういう楽曲タイアップで反響が得られるといいのですが。