FC2ブログ

OZZY OSBOURNEの新曲"Under the Graveyard"が公開

来年1月にリリース予定の、2010年の"SCREAM"以来となるOZZY OSBOURNEの10年ぶりのニュー・アルバム"ORDINARY MAN"から"Under the Graveyard"が先行公開されました。

ニュー・アルバムは大人気ラッパー、ポスト・マローンの楽曲"Take What You Want"にゲスト参加したことがきっかけで、同曲のプロデューサーだったアンドリュー・ワットが制作をもちかけた結果生まれたものだそうで、前作"SCREAM"に参加していたメンバーも、長年の盟友ザック・ワイルドも参加していません。

ギターはプロデューサーでもあるアンドリュー・ワット、ベースはダフ・マッケイガン(GUNS N' ROSES)、ドラムはチャド・スミス(RED HOT CHILI PEPPERS)というラインナップで制作されているそうで、個人的にはOZZY OSBOURNE BANDというよりは、「オジー・オズボーンのソロ・アルバム」というニュアンスを感じます。

楽曲を聴いてみるとヘヴィなパートには(2000年代以降の)オジーらしさを感じさせつつ、全体としては大衆的なモダン・ロックに仕上がっており、リアリティ番組『オズボーンズ』でファンになったような世代をターゲットにしているのかな、という印象です。

ニュースソース(amass)



※POST MALONEの"Take What You Want"
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント