DVD 「LIVE AT WACKEN 2007」

dvdwacken2007.jpg

世界最大級のメタル・フェスティバルとして知られる、ドイツの「ヴァッケン・オープン・エア」の昨年の模様を記録したDVD。

2006年のものから発売されているが、メンツが微妙だったので購入には至らず。世の中的にも売れたとは思えないのにこうして今年も発売されたのは、単に複数年契約になっているからではないかと踏んでいます(笑)。

この2007年については、BLIND GUARDIAN、SAXON、DIMMU BORGIR、リッパー在籍時のICED EARTH、オーケストラと共演したRAGE、LACUNA COIL、TURISASなど、ちょっと観てみたいバンドがかなり収録されていたので買ってみました。

本来90バンド以上が出演しているのですが、一部のアーティストについては権利関係で収録ができなかった(STRATOVARIUSやAMORPHISが漏れているのが残念)ようです。しかしそれでも58バンド、トータル470分、DVD3枚組に及ぶ大ボリューム。

値段は7,350円(税込)とやや高めだが、実際にヴァッケンに行ったら10万ではきかないので(笑)よしとしましょう。

これだけバンドが多いと、印象に残らないバンドも多いだろうと思っていたが、意外とどのバンドもそれなりに記憶に残り、最後まで見通すことができた。

特にDISC1の、会場周辺の様子をレポートする映像は、フェスティバルの雰囲気を生々しく伝えており、楽しめる。

8時間の渋滞に巻き込まれても「気にならない。来れて嬉しい」という当地のメタル・ファンを見ていると、LOUD PARKでクロークや物販の行列がどうこう不満を垂れている日本のメタル・ファンが小さく思えるね。

前掲のバンドをはじめ、見所は多いが、ベースの女の子が激萌えな台湾のブラック・メタル・バンドCHTHONICと、コーラスとストリングスの女性が美人揃い(絶対顔で選んでるだろ)のHAGGARDは全くノーマークでしたが、いいもの見せてもらいました(って、女だけか)。

日本からもDIR EN GRAYとELECTRIC EEL SHOCKが出演しているのですが、どちらも他のバンドに比べて明らかに出音がショボく、ちょっと恥ずかしい気持ちになってしまいました(苦笑)。

いずれにせよ、色々なメタル・バンドのライヴ映像を観たい、と思っている方にはオススメのDVDです。
IRON MAIDENやAVANTASIA、NIGHTWISHなどが出演した今年のものもぜひ発売してほしいですね(IRON MAIDENは権利関係がシビアそうだが…)。

しかし、なんで発売元がジェネオンなんでしょう?メタルのリリース実績なんてほとんどないのに。
むしろそれでしがらみがないのがいいのかな。


■商品紹介ページ
http://www.geneon-ent.co.jp/music/WACKEN/gnbp1012/index.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント