FC2ブログ

METALITE "BIOCMECHANICALS" アルバム・レビュー

metalite02.jpg

2015年にエドウィン・プレムベリ(G)を中心にスウェーデンの首都ストックホルムで結成されたMETALITEのセカンド・アルバム。

前作"HEROS IN TIME"(2017)からのMV "Afterlife"はYouTubeの再生回数が200万回を突破するなど欧州のメタル・ファンの間では話題になり、ルビコン・ミュージックから日本盤もリリースされた。

しかし、2018年にヴォーカルのエマ・ベンシングが脱退、後任にエリカ・オールソンを迎えて制作されたのが本作。

前作同様、AMARANTHEにインスピレーションを得たと思われる、EDM的なKeyアレンジをまとったモダンなメロディック・メタルで、初期AMARANTHEから男性Voを抜いた感じ、というのが一番わかりやすい表現か。

ただ、メタルコア的な要素が強かったAMRANTHEよりもメロディック・パワー・メタルのニュアンスが強い(本作収録の#4 "Warrior"なんてかなりモロだ)こともあって、個人的には結構ツボな音。

新Voのエリカは、前任のエマ同様あまりエモーショナルな歌い手ではないが、恐らくそれはEDM的なサウンドに合わせた歌唱スタイルなのだろうし、とりあえず前任者よりも歌声のパワーやフロントマンとしての華は一回り上。

楽曲のクオリティも、前述の"Afterlife"がやや突出していた観のある前作よりも全体的にクオリティアップしており、EDM的なアレンジが嫌いでなければ欧州系メロディック・メタルのファンがアルバム通して楽しめる作品に仕上がっている。

どうでもいいですが、このジャケットについてエリカさんはどう思っているんでしょうか。似ていないわけではないですが、僕が彼女であれば暴れます。【85点】





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント