FC2ブログ

KNOTFEST JAPAN 2020とDOWNLOAD JAPAN 2020のラインナップ

今年の3月は20日(金・祝)・21日(土)がKNOTFEST JAPAN 2020、29日(日)がDOWNLOAD JAPAN 2020と、メタル系フェスが立て続けに行なわれる月になっています。

本日1月20日に発表された追加アーティストでKNOTFESTは最終ラインナップとのことで、DOWNLOAD JAPANも明確に最終とは謳っていませんが、ポスターから「and more」的な表記が消えているので、オープニング・アクトなどの追加はあれど、基本的には現時点で発表されているものが最終ラインナップなのでしょう。

KNOTFESTのラインナップはこのフライヤー画像の通り。

knotfest2020.jpg

2日目はSLIPKNOTにKORNにMARILYN MANSONと、かつてLOUD PARKで曲がりなりにも(?)ヘッドライナーを務めたバンドが3バンドが揃い踏みする豪華パッケージで、既にソールドアウトしています。

マンウィズ、ホルモンといったフェス常連組からBABYMETALまで揃え、ぶっちゃけ「楽しいフェス」になりそうなのはこっちですかね。

やっぱり幕張で2日間あるのがいいですね。ラウパが一番楽しかったのも幕張で2日やった時だったと思ってます。近場にホテルとって泊まりでいくのがワクワク最高潮なんですよ。

このブログをお読みの方というのは『BURRN!』を読んでいる、あるいは読んでいたような方かと思いますが、そういう方にとって馴染みがあるのはANTHRAX、あとは世代によって浜田麻里かTRIVIUMか、というくらいかと思いますが(強いて言うならTHE 冠も?)、スタイルとしてのメタルにこだわらない柔軟な方であれば楽しめるのではないかと思います。

てか、浜田麻里姐さんもここに出るとは、なかなか攻めてますね。

そしてDownload Festivalの方はこちらのフライヤー画像が最新。

download2020.jpg

こちらは再結成MY CHEMICAL ROMANCEが集客の目玉なわけですが、マイケミをメタル認定する人というのは極めて限られていると思われ、彼らがヘッドライナー、そして2番目に書かれているのがパンク・バンドであるTHE OFFSPRINGであるという時点で「メタル・フェスではない」と判断する人が大多数でしょう。

とはいえ、今はWACKEN OPEN AIRでさえパンク・バンドが出演しているわけで、もはやラウドなサウンドを出しているバンドというのは住み分けて商売するほどの余裕はなく、共存していくのが時代の流れでしょう。

トリこそエモ/スクリーモなマイケミとはいえ、IN FLAMES、AT THE GATES、AMON AMARTHという北欧のメタル・バンドたちの存在がKNOTFESTよりも「メタル・フェス」然とした空気を醸し出しています。

EVANESCENCEやMINISTRYといったバンドも、比較的メタル・ファンには親和性が高いと思われますし、BARONESSなんかは意識の高い新世代メタル・ファンにとっては必見でしょう。

ただ、この手のフェスは体力をゴリゴリ削られるので、翌日が休みではないというのが今回のDOWNLOADの苦しい所ですね。

KNOTFESTはその点3連休の前2日を使うという絶妙なスケジューリングが、通し券完売、DAY2チケットがソールド・アウトという好調さにつながっているのでしょう。

どちらのフェスも80年代以前にデビューしたバンドというのは極めて少数で、そういう意味でLOUD PARKはやっぱり中核となるアーティストのオーディエンスが高齢化し過ぎて長時間のフェスに耐えられなくなったことが集客の限界だったのではないかという気がします。


どちらのフェスも私のストライクゾーンなバンドは少ないのですが、経験上フェスというのは行けばそれなりに楽しめるものですし、自分の感性を柔らかくするためにも参加はやぶさかではなかったのですが、今年の2月3月は土日に予定が入ることが多くなりそうで、ちょっと行けそうにないのが残念な所です。

KNOTFEST JAPAN 2020 公式サイト

DOWNLOAD JAPAN 2020公式サイト
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは。
純粋な私見を......
The冠はもう少し”文字の倍角の大きな位置”に置かれるべきでは.......
Anthraxは去年、持ち時間が60分近くあったので、今回も同様の待遇を.....
Loudpark 2015 からknotfest2016のような扱いの悪さの憂き目に合わないことを切に願います。

2日目の面子に関して、洋楽勢には文句はありません.......
しかしながら、LAMB OF GOD,
DISTURBED, DEFTONES そしてPAPA ROACH にとって”日本に対する次回”があることを願うばかりです。

Down load
取り敢えず、in flamesの皆様、ご無沙汰です!出番早いですが、堪えて下さい....
と言ったところでしょうか?

否定的なことばかり連ねてしまいましたが、形式はどうであれ、未だ日本でも観たいアーティストが来てくれる環境に感謝しなければならないですね!

>Tomさん

だいぶ物申したいことがあるようですね(笑)。

おっしゃる通り、そもそものメンツ以外にも出演順や持ち時間でもファンにとっては色々と思う所がありそうな雰囲気ではありますが、まずはこうしてヘヴィな音楽のフェスが年に2つも行なわれるという状態は喜ばしいことです。

ただ、やはり世界的に見て日本でメタルの人気が退潮であることは間違いなく、結果的に”日本に対する次回”がなくなってしまうバンドというのも数多く出てしまうのでしょうね…。

No title

マイケミ(というかアルバムのThe Black Parade)はメタル度が高いのでThe OffspringやJimmy Eat World等のパンク系とメタル系を接着するにはいいブッキングですね
The Black Paradeの事実上のタイトル曲であるWelcome To The Black Paradeは「パンク版Bohemian Rhapsody」みたいな曲ですし(Offspringは初めて聴いた時メタルだと思ってました)

DisturbedやDeftonesやMastodon等のオルタナティブ・メタル系の大物がレジェンドとして80s並みの人気を博する様になれば日本のメタル界のキャパシティもかなり拡充させる事が出来るかと思いますが、歴史の中で90s、00sはかなり大きい穴が出来てしまったのが悩ましいです
Download Festivalのブッキングはその穴をパンク系も含む日本で人気のあるバンドで炙り出しみたいに浮かび上がらせるような効果を多少は期待できるかなと思いました

>222さん

MY CHEMICAL ROMANCEは、おっしゃる通りパンク・ファンとメタル・ファンの双方から支持を集められる存在で、今回のメンツにおけるヘッドライナーとしては最適解だったのではないかと思います。

マイケミがブレイクしてその存在を私が認知した時点で、私はもう結構いい歳だったのであまりハマりませんでしたが、もし自分が高校生だったらハマっただろうな、と思いましたし、THE OFFSPRIINGは私も学生時代(曲にもよりますが)メロスピ的な感覚で聴いていました。

もしこのDownloadによって日本におけるメタルとパンクの垣根がなくなっていくのであれば、それはそれで一つの「解」になりうるフェスなのかもしれません。