FC2ブログ

ティモ・トルキの新プロジェクト"INFINITE VISIONS"のVoとKeyが発表に

先日このブログでも取り上げたティモ・トルキ(G : 元STRATOVARIUS, REVOLUTION RENAISSANCE他)の新プロジェクト、"INFINITE VISIONS"のヴォーカリストとキーボーディストが発表されました。

今回発表されたヴォーカリストはペルーのパワー・メタル・バンド、ANCESTRAL DAWNNAUTILUZなどの活動で知られる、ホルヘ・セヘルスボル。

先日の発表の時点ではヴォーカリストはマイク・ヴェセーラ(元OBSESSION, LOUDNESS, YNGWIE MALMSTEEN他)と発表されていたのですが、なぜか今回違うヴォーカリストが発表されています。

マイク・ヴェセーラと音楽的にうまくいかなかったのか、契約がまとまらなかったのか。もしかするとアルバムではネーム・バリューのあるマイクが歌って、ツアーはギャラの安そうなホルヘを起用するとか、そういうことなのでしょうか。

正直、マイク・ヴェセーラよりこのホルヘ・セヘルスボルの方がプロジェクト名から想像されるSTRATOVARIUS的なサウンドに適性があると思います。

そしてキーボーディストはETERNITY'S ENDやNORTHTALEでの活動で知られるジミー・ピッツ。

これまた有名とは言い難いものの、STRATOVARIUS的なサウンドへの適性は間違いなさそうな人選です。

ただまあ、どれだけ良さげなメンツを揃えてそれっぽい音楽をやっても、SYMFONIAみたいになぜか満足しきれない、という事態が発生する可能性はあるので、メンバーが誰か、ということはあまり重要じゃない気がするんですけどね。

ライブではこのプロジェクトのメンバーで制作するデビュー・アルバムからの曲だけでなく、STRATOVARIUSやREVOLUTION RENAISSANCE、SYMPHONIA、TIMO TOLKKI’S AVALONの曲もプレイするそうですが、果たして来日することはあるのでしょうか。

※ニュースソース
http://bravewords.com/news/infinite-visions-former-stratovarius-guitarist-timo-tolkki-announces-vocalist-and-keyboardist-for-new-band

◆ホルヘ・セヘルスボルが歌うSTRATOVARIUSの"Paradise"と"Before The Winter"


◆NAUTILUZによるSTRATOVARIUS "Black Diamond"のカバー


◆ジミー・ピッツが参加しているこの動画のソロの掛け合いなんて完全にSTRATOVARIUSですね。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

誰かコメントしようよ。

>屁の屁のも屁痔さん

コメントなしの寂しいエントリーにコメントありがとうございます(笑)。

感想

> どれだけ良さげなメンツを揃えてそれっぽい音楽をやっても、SYMFONIAみたいになぜか満足しきれない、という事態が発生する可能性はあるので、メンバーが誰か、ということはあまり重要じゃない気がするんですけどね

でもやっぱりティモトルキがFANに求められているのは、SYMFONIAのコンセプトでも有った名うての面子でSTRATOVARIUSのような音楽を演ることだとおもうのですが。
SYMFONIAの失敗はVISIONSやINFINITEをティモトルキとANGELS CRYやHoly Landを作ったアンドレマトスが組むという事で、ハードルを上げ過ぎたという処かなぁ。そうそう化学反応が起きたら苦労は無い訳で…。ティモトルキが作ったSTRATOVARIUSのような音楽ですからクオリティはそれなり何ですけどねぇ。

お世話になります。初めてコメントします。ティモのキャラにはだいぶクセがありますが、数々の名盤を作ってきた名ソングライターで私の青春を彩った音楽を作ってくれた人物です。注目度が低いのは寂しい限りです。メンバーに関してはstratovariusが神過ぎるのではないでしょうか?フロントマンとしてパフォーマンスはパワーメタル界で右にでる者はいないと思うコティペルト、天才ヨハンソン、職人ヨルグ、タイプは違えどテクニカルで楽曲の土台を支えるヤリとラウリ。ケミストリーがあるこのメンバーだからこそのstratovariusだったと思います。ティモには黄金期とは言わないまでも良質な楽曲を作って満ち足りたミュージシャン人生を送って欲しいと思う、いちファンです。長文失礼しました。

>ゆうていさん

まあハードルが上がっていたのは事実ですが、SYMFONIAのアルバムはどう聴いても"VISIONS"や"INFINITE"には及んでいませんでしたからね…。

そろそろ吹っ切れた作品を期待したいところですが。

>わたなべさん

はじめまして。

私にとってもティモ・トルキの(というかSTRATOVARIUSの)音楽というのは「青春の1ページ」(笑)なのですが、さすがにここ15年くらい日本で話題になったアルバムもなく、注目度が薄れてしまった観は否めないですね。

アーティストなんて性格にクセのありそうな人ばかりですし、そもそも私と直接コミュニケーションをとる人ではないのでどんなキャラクターでもいいのですが、彼の場合その人格が現在の不遇に直結してしまっている気がするので、残念な限りです。