FC2ブログ

QUEENSRYCHE "OPERATION : LIVECRIME" DVDレビュー

queensryche_dvd03.jpg

新型コロナウイルスによる外出自粛を受け、この週末に観たDVDその2(その1は前エントリーをご覧ください)。

HR/HM史上に残るコンセプト・アルバムの傑作として知られる"OPERATION : MINDCRIME"(1988)を完全再現した公演を収録したライブ作品。

この完全再現は"OPERATION : MINDCRIME"のツアーではなく、次作"EMPIRE"(1990)のツアー『BUILDING EMPIRES TOUR』で行なわれており、"EMPIRE"が全米7位、300万枚に及ぶ大ヒットを記録していたタイミングだけに、会場の規模も大きく、かなりの予算が投じられていたため、こういう(予算がかかる)試みをするのに絶好のタイミングだったと言えるだろう。

アニメや実写などの映像を使用してアルバムのストーリーと世界観を表現するステージは明らかにPINK FLOYDの"THE WALL"を意識(というか模倣?)したものと思われ、スクリーンを使用してのコンセプト表現はDREAM THEATERなど、後続のバンドもこのやり方を踏襲していると言える。

HR/HMにおけるコンセプト・アルバム自体はその後ありふれたものになり、中にはコンセプト・アルバムしかリリースしていないようなバンドさえ存在する始末だが、ライブでこの規模の表現(パフォーマンスのクオリティ含めて)を行なえたHR/HMバンドは彼らのこのツアーだけと言っても過言ではなく、そういう意味で本作はHR/HM史上不朽の価値を持つと言っても過言ではないだろう。

当然、『BURRN!』誌の映像作品レビューでも星10個の満点を得ており、Amazonのレビューなどを見ても絶賛のレビューが並ぶ。もちろん私もその高評価の理由は理解できる。

ただ、個人的にこの映像作品を見て100%満足できているかというとそうでもなかったり。

映像とパフォーマンスの連動、と言っても、どっちを見ていいのかわからん、というが同時に見られるほど器用じゃない、というのが正直な所だし、実際の所、映像自体はさして面白いものではない。

そういう意味ではパフォーマンスを見るべきなのだろうし、ここで展開されているパフォーマンスは確かに素晴らしい。QUEENSRYCHEというとメタル界の知性派代表、みたいなイメージがあるが、非常にアクティブで、単純にメタル・バンドとしてカッコいいパフォーマンスだ。そして先述した通り、ステージ演出も売れているバンドならではの充実したものである。

ただ、パフォーマンス記録作品としての完成度を優先したためだろうが、かなり大きな会場でプレイしているにもかかわらず、演奏中にオーディエンスの存在感が皆無で、臨場感に欠けるのが個人的にはライブ映像に期待しているものとは違うのだ。

演奏や歌唱は完璧だが(たぶん、多少修正もされているのだろう)、それだけにむしろライブというよりはライブ映像を素材にしたミュージックビデオのように感じられてしまう。

まあ、それはそれで作品としての価値があると言えるが、それなら映画のように完全なストーリー作品にしてほしかったというか(もっとも、話自体はやや陳腐なストーリーなので本格的に俳優使って映像化したらB級映画にしかならない気もするが…)。

そういう意味では、スタジオ盤の"OPERATION : MINDCRIME"を歌詞カードを読みながら聴く、というのがこの作品世界に浸る上ではベストだな、というのが個人的な意見です。

どうでもいいですが、先のエントリーで触れたFIREHOUSEといい、彼らといい、別にルックスが売りのバンドではないにもかかわらず、ちゃんと見た目含めて華があってカッコいいんですよね、この時期は。さすがはアメリカのメジャー・レーベル所属で売れたバンドというか。

そういう意味で、やっぱり今のHR/HMの人気低迷の理由って高齢化なんじゃないの、って気がします(苦笑)。割と真面目に。やっぱり若いってそれだけで華なんですよ。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。このDVDは自分も観ました。SEでアニメからはAC/DCを思い出しましたが、このような始まり方はかっこいいですね。いよいよだ!って気持ちが高ぶります。
このDVDはカットが多すぎて疲れたって観終わたとき感じた気がしました。

また懐かしい・・・

次はいったいどんな作品を取り上げてくれるのか、
だんだん楽しみになってきました。(笑)
この作品はVHSとCDが入ったBOXを買って、本当に何回も観ました。
懐かしくて、この記事を読んでからまた観てしまいました。
曲が最高に素晴らしいし、メンバーも顔がどうというより、
姿や動きが本当にカッコいいですよね。
「演奏中にオーディエンスの存在感が皆無で、臨場感に欠ける」
というところを読んで僕が思い出したのは、
"Needle Lies"で観客が首を振りまくるシーンでした。(笑)
確かに「生」っぽさは感じにくい映像ですね。
映像を効果的に使ったストーリー仕立てのライヴといえば、「Promised Land」の時のツアーのほうが印象的でした。初めて彼らのライヴを観たのが、そのときだったからかもしれませんが。(笑)

>しんさん

たしかにこのDVDはカット割りが忙しいですよね。見せたいものが多かったということなのかもしれませんが。

ただ、やはりおっしゃる通り始まり方含め、演出は素晴らしいですね。できれば生で観たかったです。

>JAVANさん

私はDVD化されてから観ましたが、BOXでしか存在していなかった時代からずっと観たいと思っていました。

当時はお金のない学生だったので、なかなかBOXには手が届かず…(苦笑)。

この時期に売れていたバンドは、やはり単純にステージ・パフォーマンスの見栄えがしますね。IRON MAIDENだってイケメンではないかもしれませんが、姿や動きがカッコいいですもんね。

カッコいいし、自信満々

やっぱり売れるということはこういうことなんですね、自信に満ち溢れてます。
ショボくれてないというか。
ただ、この頃がピークだったというのも事実なのが悲しいです。
オペレーションはメタル史上でも最高ランクのコンセプトアルバムですね

>グラハムボネ太郎さん

若いからこそ、こうも自信を表に出せるんでしょうね。歳を取ると、良くも悪しくも謙虚になりますからね(ふてぶてしくなる人もいますが…/苦笑)。

QUEENSRYCHEのピークからの転がり落ち方はかなり急激でしたね。個人的にはジェフ・テイトが天狗になり過ぎて、自分たちのことを実体以上に大物だと勘違いしてしまったからだと思います。