FC2ブログ

2020年 ドラマー死に過ぎ問題 2

今年の1月に、RUSHのニール・パートを皮切りに、HR/HM系ドラマーの訃報が相次ぎ、「2020年 ドラマー死に過ぎ問題」というエントリーを書きました。

その後はさすがにHR/HM系ドラマーの訃報を耳にすることはなかったのですが、2020年の折り返し地点を過ぎ、夏も終わりに差し掛かる8月20日に、主にQUIET RIOT、そしてW.A.S.P.の活動で知られる、L.A.メタルを代表するドラマーの一人、フランキー・バネリが亡くなりました。

クワイエット・ライオットのフランキー・バネリ、闘病の末68歳で死去(MUSIC LIFE CLUB)

クワイエット・ライオットのドラマー、フランキー・バネリが死去(amass)

そしてその1ヶ月後、9月19日には主にURIAH HEEPで活動し、OZZY OSBOURNEの初期2作、"BLIZZARD OF OZZ" (1980)、"DIARY OF MADMAN" (1981)でプレイしていたことで知られるドラマー、リー・カースレイクの訃報が届くなど、ここに来て再びHR/HM系ドラマーの訃報が立て続き、こうして第2弾のエントリーを書くことになりました。

ユーライア・ヒープ/オジー・オズボーンのドラマー リー・カースレイクが死去(amass)

両者とも、フランキー・バネリは昨年すい臓がんのステージ4であるということが報じられていましたし、リー・カースレイクも昨年、前立腺がんが全身に転移しており末期がんであるというニュースが報じられていたので、そういう意味では前触れはあったのですが…。

オジー・オズボーン、余命数ヶ月のリー・カースレイクの願いを叶える(BARKS)

「めったに起こらないことが、ある一時期に集中して起こる」ことがあることは統計学的にも説明されていますが、さすがにこのタイトルのエントリーの第3弾を書かずに済むことを願わずにはいられません。ご冥福をお祈りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

病気よりヤク中

ガイジンってのはヤク中の方が病気より多いのにガンで死に過ぎじゃのう。

ワシも気を付けんといけんのう。

>メタル嬢さん

70歳くらいで亡くなる人の死因としてガンはかなり多いでしょうね…。私の母もそうでした。

どう気をつければいいのかわかりませんが、お互い気を付けましょう。