FC2ブログ

Unlucky Morpheus “UNFINISHED” アルバム・レビュー

unluckymorpheus04.jpg

元LIGHT BRINGERのFuki(Vo)、元妖精帝國の紫煉(G)、元GALNERYUS, THOUSAND EYESのFUMIYA(Dr)を擁する同人メタル音楽ユニットの、オリジナル・フルアルバムとしては4作目?になる作品。

本作に先立ち発表された、陰陽座を思わせる和風タッチの楽曲が収録されたEP “瀧夜叉姫”の時点でもその兆候が現れていたが、従来に比べ紫煉のスクリーム・ヴォーカルのフィーチュア度が上がり、エクストリーム・メタル色が上昇した印象の作品である。

前作”CHANGE OF GENERATION”(2018)が、MY琴線に触れまくりなメロディック・スピード・メタルの名盤だったため、そのパート2を期待していた気持ちについては「外された」わけだが、だからといって満足度が下がったかというとそんなことはなく、本作もまた私のツボを激しく突きまくってきた。

ヘヴィながらも「メロディ感」(?)を失わないバッキングと紫煉のスクリームが荒々しく響き渡る中、いかなる轟音の中にあっても決して埋もれることのないFukiの歌声が耳に残るメロディの筋を通し、JILLの弾くヴァイオリンが高貴かつ荘厳なニュアンスを加える。

そして生まれたのがこのダークでヘヴィ、それでいてキャッチーな、異形の、しかしそれ故に魅力溢れるサウンドである。

本作の音はこれまで私が聴いてきた/好んできた音楽の寄せ集めという見方もできる一方で、これは新たな調合であり、「新しいアイディアとは過去のアイディアの掛け合わせである」という見地に立てば、Unlucky Morpheusはここに彼ら独自の音楽を提示したといえる。

もっともこれは完成形でなくベータ版に過ぎないのかもしれないし、あるいは単なる実験かもしれない。同人活動の延長という、既存の音楽ビジネスのマーケティング・フレームから自由な彼らは、次の作品においてさらなる変貌を遂げていても驚くには値しないだろう。

どの曲のあらゆるパートにも耳を引く求心力があって、このバンドが退屈な音楽を作ることがイメージできないだけに、いかなる変化を遂げたと聞こうとも、「新しい音源を聴きたい」と思わせるアーティストである。

なお、#9 “Carry On Singing To The Sky”は、先日他界したアンドレ・マトス(元ANGRA, SHAMAN)に捧げられた、ANGRAの名曲”Carry On”のアンサー・ソングとでもいうべき楽曲で、これがまたかつて”Carry On”(や"Eagle Fly Free")にヤられた人間にとっては鳥肌の止まらない名曲に仕上がっている。【88点】





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

例の曲、サビなんかはキャリーオンというかはむしろコード進行とか完全にイーグルですが、引用してくるクラシックのフレーズとかが完全にマトスを意識していて、特にViperでつかった月光が出てくるのは泣けますね...笑

「Unending Sorceress」の歌詞の題材にFF8(プレステで最初にやったソフトなので一番思い入れがあります)を使ってくれたこの曲が個人的ベスト・チューンです!Fukiの衣装もラスボスのアルティミシアを意識したものになっていて、作品愛が感じられるのも嬉しいです。

Galneryus、陰陽座どちらの路線でも両バンドに迫る作品を出せるバンドだと思うので次作も楽しみです。

Carry On Singing To The SkyのMVを視聴しましたが、正直Carry OnやEagle Fly Freeは感じ取れませんでした。ですがクラシカルなソロでANGRAの1st angels cryっぽさは有りますね^^;。
adoreさんが大好きな陰陽座は琴線に触れなかった私ですが、現在瀧夜叉姫のMVにハマっています。

>紅さん

コメントを拝見すると泣けるんだか笑えるんだかよくわからないことになっていますが(笑)、クラシックの引用含め、完璧なアンドレ・マトスへのオマージュ・ソングになっているのではないでしょうか。

>YTさん

"Unending Sorceress"、YouTubeのコメント欄でもFF8について言及している方が目に付きますね。

私はFFは6までしかやっていないのでわかりませんでしたが、前作の『Fate/Stay Night』ネタの曲といい、このバンドはゲーム好きのツボを突いてきますね(本人たちが好きだからこそ、なのだと思いますが)。

おっしゃる通りGALNERYUSにも陰陽座にもなれるバンドだと思いますが、やはりUnlucky Morpheusだからこそ、の音を追求してほしいですね。

>ゆうていさん

ゆうていさんは「パクリ」に対して寛容な方とお見受けしました(笑)。

"瀧夜叉姫"はもちろん、このバンドはMVがカッコいいですよね。限られた予算の中でちゃんと世界観を安っぽくならずに描いていて素晴らしいと思います。

コロナ禍もあったので意外と早いスパンで出てきて驚きました(それでも2年)
2曲目ってFFを歌詞にしてたんですね
前作のリードトラックの歌詞のテーマがFateなのは
最後のフレーズでやっと気付いたレベルですが笑
あんまのアルバムのこと言ってないですが
コンパクトかつ濃ゆい作風で好きですね

>かつ丼さん

むしろコロナ禍で外出できないから創作が捗ったのかもしれませんね(笑)。

"Knight Of Sword"、歌詞の中でバッチリ"Fate"、"Stay"、"Night"と歌っていますが、私も言われなかったら気付かなかったかもしれません(苦笑)。

濃ゆい音楽だけに、「もっと聴きたい」と思わせるコンパクトな収録曲数がよかったのではないでしょうか。