FC2ブログ

PRIDE OF LIONS "LION HEART"が10月14日(水)国内盤発売

prideoflions06.jpg

元SURVIVORのジム・ピートリック(G, Key, Vo)と、トビー・ヒッチコック(Vo)を中心としたバンド(プロジェクト?)、PRIDE OF LIONSの、前作"FEARLESS"(2017)以来約3年ぶりとなる通算6作目のフル・アルバム"LION HEART"が10月14日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

2003年のデビュー作から、その「まるでジミ・ジェイミソン(Vo)在籍時のSURVIVOR」なサウンドが好評を博してきたバンドで、そのジミ・ジェイミソン(Vo)在籍時のSURVIVORをかなり愛好していたと思われる『BURRN!』誌の広瀬編集長と藤木氏を中心に高く評価されてきたバンドですが、今回も同誌では93点という高評価を獲得している(レビュアーは広瀬氏)。

メロディアス・ハードと呼ぶのも憚られるほどに産業ロックど真ん中な音で、高評価以前にそもそも『BURRN!』でレビューされるべき音なのかという気さえしてしまいますが(笑)、こういう音楽を評価する人がもはやHR/HMファン(の、一部)しかいない、というのが日本における実情なのでしょう。

SURVIVORは今でもフランキー・サリヴァン(G)を中心にライブ活動を行なっているのですが、もしジム・ピートリックがバンド名の所有権を持ち、この音をSURVIVOR名義でやった方が、より多くの産業ロック/AORファンにこの高品質な音楽が届いたのではないかという気がしてちょっと残念です。

現在のSURVIVORで歌っているのが"Eye Of The Tyger"を歌ったデイヴ・ビックラーでも、"Burning Heart"を歌った故ジミ・ジェイミソンでもないだけに、その座にいるのがトビー・ヒッチコックでも問題ないと思われるのでなおさら。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント