FC2ブログ

H.E.A.Tからエリク・グロンウォールが脱退、ケニー・レクレモが復帰

スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンド、H.E.A.Tからヴォーカリストのエリク・グロンウォールが脱退し、オリジナル・シンガーであったケニー・レクレモが復帰することがバンドのFacebook上で発表されました。

今年発表された最新アルバム"H.E.A.T II"は個人的に今年度のベスト・アルバム有力候補の快作で、同作の充実にエリクのエネルギッシュなヴォーカルは大きく貢献していたと思うだけに残念ではあります。

ケニー・レクレモも、むろん良いヴォーカリストなのですが、「華」という点ではエリク・グロンウォールに及んでいない印象で、H.E.A.Tがまた「良質な北欧メロディアス・ハードのOne Of Them」になってしまわないかが危惧されます(ケニーのファンにとっては大きなお世話でしょうが…)。

こうなると3月に予定されていた来日公演が延期になってしまったことが本当に残念です。アルバムが素晴らしかったので絶対観に行こうと思っていたのですが…。

エリクの脱退がソロ・キャリアの追求とか、他のバンドへの移籍ということなら「もう少しH.E.A.Tに残ってくれよ…」と繰り言も言いたくなりますが、エリクのFacebookによると、彼がこれから取り組むのはアフリカでエンターテインメント企業を起業し経営すること、ということで、どうやら音楽シーンの表舞台からは実質引退するということのようです。

これはなかなか夢のあるチャレンジという感じで、なかなか否定しづらい選択だな、というのが個人的な感想です。

かつてバンドで活動していた人がミュージシャンを引退して裏方に回るという選択をした例は他にもありますし、レーベルの社長を兼ねているメタル・ミュージシャンというのもいますが、それでも基本的にメタル界隈にとどまっている人が多い中、アフリカで非メタル(もしかするとそういう音楽も扱うのかもしれませんが、彼が興したという会社のサイトを見る限り少なくともそれがメインではなさそうです)のエンターテインメント・ビジネスに乗り出すというのは相当な野心と勇気がないとできない気がします。

実際のところ、今はロック・バンドで大きな成功をつかむことは望みづらい状況で、よほど「金にならなくてもこれをやり続けたい」という強い想いがなければバンドなんて続けてられないよな、むしろ今どきミュージシャンを目指すなんて経済的合理性の観点からは完全に非効率で、みんな生活や世間体もあるだろうによくやるよな、と思っていたので、ここまでカッコいい夢の追い方をするかどうかはともかく、職業ミュージシャンを諦めるという選択は今後広がっていくのではないかと推測されますし、それは無理からぬことだと思います。

とりあえずH.E.A.Tには最新作で達成したクオリティを維持・発展していくことを、エリク・グロンウォールには新たなフィールドでの成功を願うのが模範的なファンというものでしょうか。

※結局体験することがかなわなかったエリク在籍時のH.E.A.Tの2018年のライブ映像


"Back To Life"というこの曲がエリクのいるラインナップで最後に公開されたビデオになったのも、今考えるとちょっと意味深なような。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

これはショック

いやー、びっくりしました!
今年出たアルバム素晴らしかったですよね。
ところどころ北欧的なKeyサウンドも復活していて。
エリクはビジュアル・歌唱力・パフォーマンスとフロントマンに必要な要素をすべて兼ね備えていたのに…。
もう観れないと思うと残念でなりません。

>元学生メタラーさん

本文にも書きましたが、"H.E.A.T II"は傑作でした。

エリクが夢を追うのは止められないにせよ、同作の曲を歌う姿を一度は生で観てみたかったです。