FC2ブログ

IRON CROSSというバンドが愛おしい

ここ2エントリーほど、IRON MASKにIRON SAVIORと、"IRON"から始まるバンドが2つ続いたので、最近私がYouTubeでよく動画を視聴している"IRON"始まりのバンドを紹介したいと思います。

もちろん、IRON MAIDENではありません(笑)。彼らのことは皆さんよくご存知だと思うので(笑)。

今回紹介したいのはIRON CROSSという、ルーマニア人ギタリストのアンドレイ・ケルブ率いるクラシック系HR/HMのカバー・バンドです。中心人物がルーマニア人なので、たぶんメンバーもそうなのでしょう。

そのアンドレイ、2002年生まれということでまだティーンだと思われるわけですが、現地では子供の頃から地元のタレント発掘番組に天才ギター少年として出演するなどして、ちょっと有名な存在のようです。

彼の動画チャンネルでは、チャック・ベリーからアークティック・モンキーズまで幅広い時代のロックをプレイしている動画をアップしているのですが、このIRON CROSS名義ではほぼHR/HMに特化した選曲でカバーを中心に(一部オリジナル)動画を制作しています。

これがまた、メンバーの若さといい、ミュージシャンっぽい人から完全に真面目な優等生風までというメンバーのルックスのバラつきといい、大学のサークル・バンドっぽくて微笑ましいんですよね(笑)。

ちゃんとスタイリストとかが付いて、もっといいカメラで撮ればもう少しサマになりそうなのですが、そういう垢抜けなさも個人的にはチャームポイントです。

でもそのアンドレイのギターがなかなかの腕前なのと、小柄でちょっとあどけなさの残る赤髪の女の子ヴォーカリスト(彼女なのでしょうか?)が結構上手いので、私のようなクラシック・ロック・ファンを楽しませてくれます。

ここではメジャーな楽曲を中心にいくつかピックアップしますが、他にもLED ZEPPELINやDEEP PURPLE、KISS、MOTLEY CRUE、SKID ROW、EUROPE、HELLOWEENからNIGHTWISH、WITHIN TEMPTATION、HALESTORMといった所まで、ベタ極まりない有名曲を数多くプレイしていて、なかなか楽しめますのでご興味のある方はぜひご覧ください。









関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シンセの子が結婚してくれるなら離婚してもいいかなと思いました。(小声

紹介されていた動画を見ました。年齢に比べてというと失礼ですけど、非常に基礎のしっかりしたギターですね。テクニックに溺れてバランス崩すような若さもなく、素晴らしいギタリストだと思います。あと10年先の楽しみがまた一つ増えました。

>結城真之介さん

わかります。メッチャ性格良さそうですよね、キーボードの子。

育ちが良さそうで、「なんでこの子がメタルをプレイしているのか」と不思議に思う人が多そうです(笑)。

最近の動画には登場しなくなってしまったのが残念でなりません。

主役であるギターも、おっしゃる通り若さに似合わぬ骨太なギターを弾いていて、将来が楽しみです。



東欧メタルの隆盛の序章を目撃しているのかもしれない

キーボードのおねえさん、可愛いですね。あの笑顔が素朴でとてもいいです。

しかし、もう40年も経とうかという、昔の音楽の演奏に、自らの青春を賭けて熱中する10代の学生の皆さんというのは、同世代の若い仲間たちから見たら、どう映るんでしょうかねえ。アナクロニズム志向の変人たちなのか、それともスポーツやITに熱中するのと変わらないような、単なる趣味嗜好の一つなのか、あるいは、地元の有名人になるようなヒーロー候補の人たちなのか。
ぜひ、東欧メタルの隆盛を目指して頑張ってほしいものです。

>サンパウロのトミーさん

キーボードの子のちょっとはにかんだような笑顔、ピュアで癒されますよね。こういう子と知り合いたい人生でした(笑)。

今どきこんなメタルをやる少年たちは、マイノリティであることは間違いないでしょうが、日本ほど同調圧力が強くないであろう欧州であれば周囲からは単に「そういう趣味なんだね」と思われるだけで、変人扱いはされないのではないでしょうか。

私は日本以外の国に住んだことがないのでわかりませんが、ブラジルにお住まいであれば、そういう多様性への寛容さについては想像がついたりするものではないですか?

No title

どうもブログ主さん。お返事ありがとうございます。
そうですね。ブラジル人は、多様性への寛容さというか、基本的に自分のやっていることにはものすごく情熱を傾けているけど、他人のやっていることにはほとんど関心ないですよね。友情とかけっこうドライだし。いや、日本人の友情と質が違うというか。だから、それぞれが勝手に好きなことやっている感じですが、それでも80年代メタルを気合い入れて演奏する10代の若者には会ったことないなあ(笑)多分、いっぱいいると思いますが。ジジイが多いですよね、やっぱり(笑)

基本的に、ブラジルでメタルをやっているのはみんな金持ちのご子息です。メタルもロックも好きで聞いているのも、だいたい金持ちのご子息でインテリな人たちです。聞くくらいなら貧民街の住人も少数派ながらいるかもしれませんが、演奏までやるとなると、とにかくカネがかかるので、金持ちのご子息ということになります。だから、みんなブラジルのメタラーは育ちの良い、穏やかな人達が多いです。アングラやヴァイパーのメンツなんて、みんな良いとこのお坊ちゃんで、その良いとこのお坊ちゃんたちが行く私立高校の伝説の卒業生です。当然、彼らの同級生は皆さんエリートだと思います。そんな人達なので、遊びで演奏をやっても、時期が来たら多くの人たちは本気で人生を考えなきゃならないのでやめてしまうんでしょうね。プロの音楽家になろうなんてのは、経済的には金持ちのご子息なのであまり問題はないかもしれませんが、やっぱり相当変人なんだろうと思います。キコ・ロウレイロも、そりゃプロのギタリストにはなってみたかったけど、まさかこのまま本気でなってしまっていいのだろうかと悩んだって言ってましたよね。それが普通だと思います。だから、ブラジルは事情がちょっと違うかもしれないです。東欧はもっとハングリーな精神で、天下とったる!て感じでやってる気がするなあ。
前に飲み屋で、メイデンの "Somewhere in Time"ツアーのTシャツを着ている20代の男と、ホワイトスネイクの "Come an' Get It"のTシャツを着ている40代の女の二人連れがいて、「昔のロックいいよねえ」てお話したんですが、親子か姉弟かと思ったら、恋人同士だそうで(笑) 20代の男に、「よくそんなに昔の音楽のこと知ってるねえ」って言ったら、「いやあ、最高だよね。でも、話の合う人が同年代にいなくてさ。ご覧の通り、年上の人としか付き合えないみたいだよ」って言ってました(笑) まあ、ブラジル人はそのくらいフリーダムに生きてます。

シンセの子は元々ピアノ弾いてたお嬢様なんじゃないかと勝手に思ってます。ここでの人気もわかろうってもんです。
日本ではハードルも低いですが、中欧で楽器やってる人は元々それなりに裕福な家の子なんだと思いますよ。

ギターの子は、おっさんからすると若さに任せて弾きまくる子供っぽさがあっても可愛げがある気はしますけど、テクニックに溺れない安定感は素晴らしいですね。

>サンパウロのトミーさん

興味深いブラジル事情をありがとうございます。

ANGRAのメンバーがお坊ちゃんであることはインタビューなどから薄々察してました。

VIPERのフェリペはジャーナリストとしてかなり有名になっていると聞きます。

かつてTRIBUZYという無名のバンドがアルバムにブルース・ディッキンソンやマイケル・キスク、ラルフ・シーパースやローランド・グラポウなど多数の豪華ゲストを参加させ、ブラジルで行なったライブにそれらのゲストたちを呼び寄せていたあたり、絶対金持ちの道楽だと思っていました(笑)。

しかし音楽の趣味が合うというだけで20歳くらい上の女性と付き合うとは、ブラジル人は確かに情熱的ですね(笑)。

>結城真之介さん

キーボードの子がクラシックピアノの経験者であることはほぼ確実だと思います(笑)。

私の身の回りでも、ピアノ習っていた奴が無理やり軽音サークル(部)のキーボードにリクルートされる事例は枚挙に暇ありませんでした(笑)。