FC2ブログ

DGM "TRAGIC SEPARATION"アルバム・レビュー

dgm10.jpg

イタリアのプログレッシヴ・メタル・バンド、というよりは、もはやプロデューサーやエンジニアとして多くのバンド/プロジェクトを手掛けるシモーネ・ムラローニ(G)が在籍するバンド、と言った方がむしろ通りがいいかもしれないDGMの、通算10作目となるフル・アルバム。

バンド通算で10作目、そしてシモーネ・ムラローニが加入してから5作目という「節目」のアルバムだから、ということなのかどうか不明だが、これまで彼らが実践してきたスタイルの集大成的な印象さえ感じる充実したアルバムに仕上がっている。

アルバムのオープニングを飾る#1 “Flesh And Blood”は、一般に「プログレッシヴ・メタル・バンド」として認知されている彼らのパブリック・イメージを完璧に体現する楽曲で、このスタイルならではの緊張感と、彼らならではのメロディによる聴きやすさが絶妙のバランスで均衡する楽曲。

一方で続く#2 “Surrender”は彼らのレパートリーでも1、2を争うであろうキャッチーな曲で、もはやメロディアス・ハードと呼んでも過言ではなく、本作を貫く豊かなメロディを象徴している。

アウトロ的なインストの小曲 #10を除くとアルバムのラストとなる#9 “Turn Back Time”が、パワー・メタリックな疾走パートを持つ楽曲であることが、プログレッシヴ・メタル×パワー・メタルという、このバンドの持つ2つのエレメントが本作には非常に良いバランスで(均等という意味ではない)同居する本作の作風をわかりやすく象徴している。

プログレッシヴでテクニカルな要素も決して演奏者のオナニーにならず、楽曲に緊張感とフックを与える役割に徹しており、マーク・バジーレの情熱的なヴォーカルが歌い上げるメロディは常に叙情的で、「プログレッシヴ」という言葉にあまり良い印象を持っていないメロディ志向のリスナーにも取っつきやすいアルバムといえよう。

演奏、サウンド・プロダクション、楽曲、そして全体から醸し出されるスケール感と全く非の打ち所がないアルバムで、完成度だけで言うならもしかすると今年リリースされたHR/HM作品の中で随一と言っても過言ではないかもしれない。

もちろん音楽、特にロック/メタルは完璧であることが必ずしも魅力につながらないのだが、それでも本作のクオリティはもっと広く認知され、高く評価されて然るべきものであることは間違いない。【87点】






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

どの曲もサビのメロディがキャッチーだし、音の雰囲気がメジャー感があるので、友達とのドライブ中に流しても、ギリギリ大丈夫そうかな?
演奏自体はゴリゴリのメタルの曲もありますが、楽器の音作りは丸みを帯びたような柔らかさがあるので、ずっと聴いていても疲れないですね。

No title

相変わらず素晴らしいクオリティですね。
現状、プログ/パワー・メタルとしては本家(?)SYMPHONY Xに勝るのでは?と思います。
特にシモーネ・ムラロー二氏のギターソロは絶妙なさじ加減で聴いていて気持ちが良いですね。
ただ今回のアルバムはどの曲も似ているのでシャッフル再生にしたら当てられる自信はないです(笑)

今年もあとわずかですが来年のHELLOWEEN新譜が早くも楽しみです。

>名無しのメタラーさん

これをドライブにギリギリ大丈夫と考えてしまうのはメタラーの感覚だと思いますが(笑)、たしかに非メタラーでも「なんじゃこりゃ」ということにはならなそうなメジャー感がありますね。

プログレッシヴ・メタルにしては比較的聴き疲れしないサウンドだと思います。

>元学生メタラーさん

SYMPHONY Xのフォロワー(?)としては間違いなく世界一だと思います。

メロディの充実という点では、おっしゃる通り本家を凌駕しているでしょうね。

どの曲も似ているというのは、独自のサウンドを確立させているこのバンドがずっと抱えている問題かと思いますが、それでも今回は1曲目と2曲目がだいぶ違う印象の曲なので、彼らのカタログの中では比較的楽曲の個性が立った印象だと個人的には感じています。

HELLOWEENの新作は楽しみですね。歳をとると新作に対する過剰な期待というものはなくなっていきますが、これは久々に期待が高まっています(笑)。

長文失礼致します

はじめまして。
当方、2016年にこちらのブログを見つけて以来、ずっとROM専を続けていた者ですが、今回初めて書き込みさせていただきます。

この度は、DGMの新譜のレビュー、ありがとうございました。ずっと待ち侘びておりました。
私にとってこのバンドは、2018年にこのブログで出会って以来ずっと大好きなバンドで、もはやシモーネ・ムラローニやマーク・バジーレといったメンバーもそれぞれ最も好きなギタリストとシンガーになっている以上、今年一番この新譜にも期待をしていました。
現状、まだ自分の聴き込みが足りていないのですが、今作も過去のカタログに劣らぬ快作であることは確信しており、聴き込めばMy愛聴盤入り間違いなしだと思っています。個人的には前作で枯れてきた印象を受けたバジーレの声がハリと艶を少し取り戻したように感じられたのが彼のファンとしてはとても嬉しかったです。

近年のシモーネは裏方仕事での活躍がめざましいですが、個人的にはギタリスト及び作曲家としての彼が世界で一番好きなので、やはり今後はもっともっと彼のプレイや彼が書いた曲を聴きたいですね。願うなればマグナス・カールソンばりの活躍をシモーネにも期待したいところです。

どうでもいいことですが、シモーネが加入して以降のDGMのアルバム(とあとLione/Contiのアルバムも)は、必ずケツから2番目の曲に力が入っている傾向がありますね笑

>凜ちゃんさん

はじめまして。2016年からご覧いただいているとのこと、どうもありがとうございます。

最近はレビューするアルバムは絞り込んでいるので、待ち侘びていらっしゃるアルバムのレビューを提供できてよかったです(笑)。

大好きになれるバンドを知る機会を提供できたとしたら、こういうサイト/ブログの運営冥利に尽きますので、とても嬉しいコメントをありがとうございます。

ケツから2番目の曲に力が入っている…たしかに言われてみるとそんな気がしますね。

でも確かに、一般的にアルバムはツカミが重要ということで最初の方にキラー・チューンが入っていることが多いですが、この辺の位置にも良い曲が入っていると、アルバム全体として良かった、という印象につながりそうな気がします。