FC2ブログ

アレキシ・ライホ(元CHILDREN OF BODOM)が死去

2021年最初のエントリーは、いわゆる「新年のご挨拶」的な文章にしようと思っていたんですよ。

新年最初の期待はACCEPTの新譜ですねー、とか、今年は何と言ってもHELLOWEENの新譜が楽しみ過ぎますねーとか。

昨年、コロナ禍で新譜リリースを見送ったアーティストもぼちぼちリリースするんじゃないかとか、ワクチンの普及の進み具合によってはライブも観られるようになるかもしれないし、そうなるといいですねー、とか、前向きな文章で年明け一発目のエントリーを始めたいな、と思っていたんですよ。

ところが、会社からの帰路、電車の中で開いたTwitterのタイムラインを埋めつくしていたのはアレキシ・ライホ(BODOM AFTER MIDNIGHT、元CHILDREN OF BODOM)の訃報でした。

そんなん、このブログで取り上げないわけにいかないやん…。

というわけで、今年最初のエントリーは訃報からのスタートという、不吉と言わざるを得ないものになりました。せめてもの救い(?)はアレキシが亡くなったのは昨年末であり、今年に入ってから亡くなったわけではない、ということでしょうか(何の慰めにもなりませんが)。

このブログが始まってから、ロニー・ジェイムズ・ディオやゲイリー・ムーア、ジョン・ロード、レミー、そして記憶に新しい所ではエディ・ヴァン・ヘイレンと、数多くのレジェンドの訃報が飛び込んできました。

ただ、それらのミュージシャンはいずれも還暦過ぎ、少なくとも老人と呼ばれる歳に達しており、長寿命化した昨今においては短命と言えても、ある程度「仕方ない」と思える年齢ではありました。

それは、それらのレジェンドが私のリアルタイムではなかったからでしょう。そういう意味ではアンドレ・マトス(元ANGRA)の訃報などの方が、リアルタイムの存在だったという意味でも、まだ40代だったという意味でも個人的には衝撃だったというのが事実です。

そういう意味では、アレキシなんて(ほんの少しではありますが)私より年下、まだ41歳ですから、衝撃を受けざるを得ません。

近年ずっと健康問題を抱えていたということで、それはちょっと異常なほどにやせ細った最近のルックスからも窺い知れましたが、とはいえつい先日、CHILDREN OF BODOMの実質解散騒ぎがあり、新たなバンド、BODOM AFTER MIDNIGHTでのライブなども行なったというニュースを目にしていただけに、思わず電車内で(小さい声ではありますが)「マジかよ」と呟いてしまいました。

このブログの母体であるサイト「METALGATE」が誕生したのは、90年代末から00年代初頭にかけての「クサメタル」ムーブメントがひとつの大きな理由になっています。

クラシックなメタルの素晴らしさと、そのクラシックなメタルの魅力を現代的にアップデートして蘇らせた(と、私は捉えていた)新世代クサメタルの素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい、という思いが、このサイトを作らせたのです(なにぶん仕事の傍ら少しずつコツコツ作ったので、公開できた時にはほぼクサメタル・ムーブメントのピークは過ぎていましたが…)。

クサメタルというのは基本的にメロスピとメロデスで成り立っていたわけですが、メロスピ・サイドの顔はSONATA ARCTICA、メロデス・サイドの顔はCHILDREN OF BODOMという、どちらもフィンランドのバンドだったと思っています。

そんなCHILDREN OF BODOMには当然私も強い思い入れがあり、2nd "HATEBREEDER"(1999)、3rd "FOLLOW THE REAPER"(2000)の2作はクサメタル史に燦然と輝く金字塔と信じています。

そして4th "HATE CREW DEATHROLL"(2003)がリリースされた時、クサいメロディが控えめになったそのサウンドは個人的な好みからは少し離れましたが、それでもそのサウンドが発する勢いと説得力は、「今、世界一カッコいい音を出しているバンドはコイツらだな」と確信させるだけのパワーがありました。

彼らのライブ観たさに東京公演では飽き足らず、名古屋まで遠征した挙句、アレキシの負傷によって公演キャンセルを食らった思い出は、今となっては一生語れるネタになりました(語る機会はあまりないですが…)。

当時に比べると、正直近年は関心が薄れていましたが、それはきっと彼(ら)に求めるものがあまりに高すぎたからだろうと思います。

そしてやはり特筆すべきはそのカリスマ性でしょう。

その作曲能力、ギターの腕前、(個人的には言われるほどイケメンとは思っていませんでしたが)華のあるルックスと、天から二物以上のものを与えられた存在でした(歌唱についてはまあ、上手さを求められるようなスタイルではなかったということで…)。

所謂クサメタル系のミュージシャンというのはどちらかというと職人ぽいというか真面目そうというか、あんまり古典的な意味でのロックンローラーなタイプの人が少ないなか、アレキシは数少ない「ロックスター」の雰囲気がある人でした。

そのフィーリングは音にも表れており、北欧のバンドが陥りがちな「小ぎれいにまとまった音」にならず、荒々しいエッジとダイナミックさがあったことが、CHILDREN OF BODOMを他のメロディック・デス・メタル・バンドから際立たせていたと思っています。

そういう意味では、この短命ぶりも「ロックっぽい」のかもしれません。

ロックらしくなくてもいいから長生きしてほしかったというのが本音ではありますが、ご冥福をお祈りいたします。

チルドレン・オブ・ボドムのアレキシ・ライホが死去(amass)※外部サイト





2019年のライブ・パフォーマンス


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

新年早々、仕事始めの日に見るにはあまりにショッキングなニュースでした。確かにここ数年明らかに激痩せしていて気にはなっていましたが、まさか…と言う思いです。

アレキシはコンポーザーとしてもギタリストとしても素晴らしい人物でしたが、adoreさんの書かれている通り、近年珍しいロックスターの空気を持った人物でした。あれ程華やかなミュージシャンは数少なくなってしまっていて、まだ若い彼がこんなにも早く亡くなるのは本当に残念です。彼の作る音楽にもっと浸っていたかった。本当に哀しい限りです。今年はもっと明るい前向きなニュースが続くことを切に願わずにはいられません。

最後になりましたが、あけましておめでとうございます。本年も楽しく拝見させて頂きます。adoreさんもどうかお体には気をつけて。

あけましておめでとうございます。

悲しいですね。病苦から彼が解放されたことがせめてもの救いでしょうか。

新年早々、悲しいニュースですよね。

BODOM AFTER MIDNIGHTで新たな活動を期待していた矢先の事なので、今後彼が作った楽曲が聴けないと思うと残念でなりません。

No title

ずっとこちらのブログとサイトを楽しく読ませていただいてました、のたらーと申します。初カキコミになります。

ギタリストの訃報ではエディー・ヴァン・へイレンも衝撃を受けましたが、adoreさんがおっしゃられているように、リアルタイムで見知った同世代のミュージシャンが亡くなった時の喪失感ははるかに大きいように思います。

彼の熱心なファンでというわけではなかったですし、私もアレキシはそれほどまでにイケメンではないと思ってましたが(失礼極まりないですが)Vシェイプを構える姿はどこからどう見ても「カッコイイ」ギタリストでした。

俳優さんの訃報も哀しい限りですが、ミュージシャンの訃報の方がより身近でつらいと感じます。

2021年のスタートがこのような形となりましたが、本年も楽しくadoreさん、皆さんの書き込みを拝見・拝読させていただきます。

彼は最後までWildchildだった。

No title

41歳、本当に早すぎますね…。

自分は決して熱心なChildren Of Bodomのファンではないですが、それでもやはり衝撃は大きいです。
彼らの攻撃性とメロディのバランスは、メロデスの1つの最高到達点だと思っています。

唯一無二のカリスマの急逝、本当に残念でならないです。

ちなみにゲイリームーアは還暦前に亡くなり、俺っちは早過ぎる死だと悲しみに暮れました。

夜中に絶句しました。
2~4枚目まではホントに名盤だと思ってて、今でも不意に聴くのですが、あまりにも早すぎる死に何とも受け入れがたい。
自死でないだけ、まだ救いがありますが。
ご冥福を祈ります。

もっと年上だと思っていたら

同い年でした。
僕がライブを観た数少ないバンドだったので、熱心なファンではなかったけれど、思い入れがめちゃくちゃあります。
最近メタルから若干離れていましたが、これからしばらくはボドムのアルバム漬けですかね。

No title

あまりメロデスの良さが良く分かりませんが
それを上回るアグレッション、曲展開の美しさ。もう20年前の音楽、時の流れを感じます。
Hate Crew DeathrollはNeedled 24-7ばっかり聞いてたけどそれ以外の曲もカッコイイですね。

1年前に悪い形で別れてしまったメンバーはどういう思いなんでしょうか・・・?各ギタリストの面々も。もちろん互いに悪いところがあったからあんな形になったんでしょうけど。

まとめてお返事

1日でコメントが10件も付いたので、久々にまとめてお返事します。やはりこのサイト/ブログはチルボド世代が多いんでしょうね。

>結城真之介さん
真面目な話、メタルが生んだ最後のロック・スターだったのかもしれません。

お互い年齢の近い者同士、身体には気を付けましょう。


>名無しのメタラーさん
アレキシの病気がどんなものだったのかわかりませんが、それが耐え難い苦痛を伴うものであったならば、死は解放だったのかもしれませんね…。


>ごえたさん
今後発表されるというBODOM AFTER MIDNIGHTの新曲が良かったりしたら、さらに残念な気分になってしまいそうですね…。


>のたらーさん
はじめまして。そう、アレキシはさほどイケメンではなかったかもしれませんが、ステージでは間違いなくカッコよかったんですよね。

同世代のミュージシャンを亡くす喪失感、これからさらに味わうことになっていくのかと思うとやるせないものがありますね。


>Lokiさん
Wildadultになる前に亡くなってしまいましたね…。


>kimさん
CHILDREN OF BODOMのサウンドはやはり唯一無二でしたね。

あのアグレッションとメロディのバランスは他のバンドには再現しえないものだったと思います。


>鼻毛うんこさん
ゲイリー・ムーアは58歳でしたね。失礼しました。
老け顔だったんで(失礼)てっきり還暦超えていたと思ってしまっていました。


>珍獣メガネコアラさん
絶句しますよね…。
私も2~4枚目は折に触れ聴いてしまいますね。時々メロディが頭をよぎるんですよね。


>たまさん
ライブを観たことがあるミュージシャンはやっぱり親しみを持ちますよね。

ましてライブを観た数が少ないならなおさらだと思いますが、その分喪失感は深くなりますね…。


>名無しのメタラーさん
CHILDREN OF BODOMはメロデスの代表格とされますが、典型的なメロデスとは次元を異にするバンドでした。

20年前の曲を聴いても、その個性は全く色あせていません。

1年前に袂を分かったメンバーたちは複雑な気分でしょうね…。

アレキシの病気のことを彼らが知らなかったとは考えにくいですが、さすがに死に至るとは思っていなかったんでしょうね。

このニュースを知ってからは、ずっとチルボドばかり聴いてますね。

初来日公演が印象に残っています。
チルボド、インフレイムス、アルマゲドン、シナジーの四組でしたね。
懐かしいです。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もこちらのブログ更新を楽しみにしています。

>通行人Rさん

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

このニュースに接してCHILDREN OF BODOMに浸っている人は結構いるんじゃないでしょうか。

初来日公演は私は観に行けなかったのですが、大学のサークル仲間が行っており、メインアクトのIN FLAMESより良かったと言っていました。

ARMAGEDDONが来たのはその次のIN FLAMESの来日公演のオープニングですね。
THE HAUNTEDと一緒だったと思います。

そうでした、アルマゲドンはインフレイムスのクレイマンの時のツアーでしたね。
大阪公演は、会場が同じだったので記憶がごっちゃになってました。

>通行人Rさん

あの時期はメロデス・バブルで色々来ましたし、何しろもう20年前(!)のことですから、ごっちゃになるのも無理はないですね。

No title

スマホを開く前に「哀しいお知らせがあります」って予告する機能とかあったらいいのになぁと思いますね。
あまりに無機質に情報が目と心に入ってくるので、虚脱してしまうなと…。

”too fast to live, too young to die”という言葉もありますが…35歳の僕にとっては当代イチのロックスター、メタルヒーローでした。
天国でライヴ三昧できていますように…。