FC2ブログ

NIGHTWISHからマルコ・ヒエタラ(B)が脱退

NIGHTWISHからベーシストでありセカンド・ヴォーカリストでもあるマルコ・ヒエタラが脱退(バンドは「辞任」という言葉を使っています)しました。

マルコはオリジナル・メンバーではありませんでしたが、2001年から20年に渡ってバンドに在籍し、ヴォーカルも含めて強い存在感を持っていただけに、なかなか彼の穴を埋めるのは大変なのではないでしょうか。

もしや元々やっていた彼のバンドであるTAROTの活動、あるいは2019年に始めたソロ活動に専念したいということなのかと思いきや、ここ数年「ストリーミング会社や大手プロモーターによる搾取などの偽善的な構造に嫌気が差し、自分の人生に正当性を感じることができていなかった」そして「昨年の自粛期間で、多くのことに幻滅しインスピレーションも失いつつある自分に気づき、慢性的な鬱病も相まって、このままでは自身や周囲の人々にとって危険であると考え、55歳の誕生日を迎える節目に今回の決断に至った」とのことで、ちょっとコロナ禍の中でメンがヘラってしまったのではないかと思ってしまうような内省的な理由でした。

最近、現地フィンランドのバラエティ番組で仮面を被ってポップ・ソングを歌うパフォーマンスなどをしていたというニュースを聞いていただけに、そんな深刻な思いを抱えていたとは夢にも思いませんでした。

▼バラエティ番組でBACKSTREET BOYSの曲を歌うマルコ・ヒエタラ


声明によると、今年やることに同意しているプロジェクトもあるし、2022年には「再発明」することについて話すことができる、とのことなので、音楽活動を辞めるとかそういうことではないようですが…。

最近はCHILDREN OF BODOMのアレキシ・ライホが亡くなったり、ティモ・トルキ(元STRATOVARIUS)の新プロジェクトがポシャったり、そしてここに来てNIGHTWISHからマルコが脱退と、フィンランドのメタル・アーティストの悪いニュースが続いている感じです。

個人的には名曲"Wish I Had An Angel"の男性ヴォーカル・パートなんてマルコ以外の声で歌われることが想像つきません。

いや、ターヤが抜けた時にはこの曲の女性ヴォーカル・パートをターヤ以外の声で歌われることに想像つかなかったので、何とかするのでしょうが…。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

悪夢。。。

ここ20年のうちの最も好きなバンドだっただけに打ちのめされています。。。

Facebookの彼の声明を呼んで「マジか!!」と

マルコの存在はNightwishのもう一つの柱とでもいうべきものだっただけに言葉もなく。

マルコが加入したからこそ、Wish I Had An Angelが生まれ、女性Voが交代する旅にさらにワールドワイドな人気を獲得していくのがこのバンドというかツォーマス・ホロパイネンの凄さなのですが、その傍らには常にマルコがいてこそだったのではないかと。

ビジュアル的にも、彼に匹敵する歌えるVo兼任ベースプレイヤーなんてそうそういないし、去年出したアルバムの内容からみて、このままバンド解散ていう流れにもなるのじゃないかと危惧しています。。。

>のたらーさん

マルコの脱退はNIGHTWISHファンにとってはショックですよね…。

もちろん音楽の要はツォーマスですが、メタル・バンドとしての格を上げていたのはマルコだったと思いますので。

さすがに解散まではないと思いたいですが、マルコの穴を埋めるのは相当大変なのではないかと思います。単純にスキルの問題ではない気がするので…。

めちゃめちゃショックです

90年代にStratovariusやAmorphisが切り開いたフィンランドメタルの礎を、90年代後半から2000年代に更に高めてメタル大国フィンランドの地位を確固たるものにしたのは、間違いなくNight wishやソナタ、チルボドの台頭であり、マルコ・ヒエタラはその中でもNight wishのメンバーとしてのみならず、かなり重要な役割を果たして来た人物だと思います。

同時に2019年末のHevisaurusのPVにゲスト参加しているのを見て「マルコも歳をとったな、サンタクロースみたいだ」とも思いました。

とはいえまだまだ55歳、レジェンドたちに比べれば大分お若いので、しっかりリフレッシュしてまた戻って来て欲しいです。

ただ慢性的な鬱というのはちょっと気になりますよね、心も体も健康には注意して欲しいものです。

>Ario✠cH さん

マルコが元々やっていたTAROTはフィンランドで最初にレコード契約を得たメタル・バンドと言われているだけに、マルコはフィンランドのメタル・シーンにおける長老であり重鎮なので、その存在感は特別ですね。

フィンランドをはじめとする北欧の人たちは、気候のせいもあって鬱傾向が強いといいますが、マルコにはまだまだ活躍してもらいたいですね。

No title

これまたショックなニュース…といってもここ数作大作志向で正直あまりしっかり聴いてないのですが。
ドラムのユッカも不眠症か何かが脱退の要因になったと記憶していますが、やはり彼らのような生活にはそれはそれのストレスがあるのでしょうね。
そういえばドラムも今の人になってからなんとなくあまり好きではなく…ルックス的にもマルコ&ユッカのリズム隊は華があったなぁと。

ショックで立ち直れない

初めまして、まっちゃんと申します。ナイトウイッシュは1990年代後半以降にデビューしたバンドの中では最も思い入れあるバンドです。なのでショックです。
最新作である「ヒューマン・ネイチャー」でマルコの真骨頂である、パワフルで野太い歌唱が一切なく、マルコのヴォーカルが生かされていない。マルコの存在感が薄くなったことが気になっていました。
これも脱退の原因の一つだと個人的に個人的には思います。
なにかバンド自体がかなり疲弊していることが感じれれます。これまでの作品のクオリティからみて、バンドの全盛期は「ワンス」、「ダーク・パッション・プレイ」、「イマジナリウム」の時期、2004年~2013年ぐらいだと思います。この時期は、アネッテの歌唱がターヤと比較され、たたかれていましたが、楽曲自体は良かったと思います。これも、マルコがいたからこそ、できたのだと思います。
ですから、マルコの代わりが見つかったとしても、前途は多難だとおもいます。解散とか、北欧メタルの衰退につながらなければようですが、、
ちなみに、私はブログを運営していて、記事にしました。
https://www.macchan01.com/article/nightwish-maruco.html

No title

誠に身勝手な偏見で書きますが、このバンドは、アネッテ・オルゾンの時も金の配分で不条理な契約内容が暴露されてましたね。彼女いわく、契約社員として雇用してくれと言ったのに、無理やり個人事業主にさせられて、ショーのギャラ以外は一切金を渡さず、CDやグッズの売上の配分も皆無で、ショーがないときには、彼女の個人事務所がエライ赤字を負わされたとか、なんとか。で、後釜のフロール・ヤンセンに、アネッテがバンド内でどういう扱いを受けてきたか、こういう契約を強要されたら気をつけろと、メールでアドヴァイスしたとか言ってたような気がします(笑) マルコ・ヒエタラも後から加入したメンバーとして、似たような不条理な契約を我慢していたのかもしれないですね。あのトゥオーマスってのは、ティモ・トルキ同様、いかにも不条理な独裁者という感じがするね。自分の音楽的志向を優先させるばかりで、自分のバンドのメンバーの個性を活かすなんてことにはまるで興味がない感じもするし。金には汚いバンド、というイメージがあります。