fc2ブログ

Eテレ 『ららら♪クラシック「メタル loves クラシック!?」』 感想

Eテレ(NHK教育)で1月15日(金)に放送された『ららら♪クラシック』を観ました。

というのも、「メタル loves クラシック!?」と題してクラシックとヘヴィメタルの関係性を探る内容になっていると聞いたからです。

作曲家・音楽博士の中村匡宏氏が中心となってメタルとは何か、クラシックとの共通点は何かを解説し、ギタリストのケリー・サイモンズ氏がメタル側の観点から補足説明したり、中村氏のピアノとケリー氏のギターで実演したりする内容。

冒頭に中村氏とケリー氏によるモーツァルトの「トルコ行進曲」、ラストはベートーベンの「悲愴」を演奏することが番組のレギュラー・ファンに対する「言い訳」となりつつ、意外とディープな所にも突っ込んでいて、思いの外楽しめました。

とにかく、Eテレで(フル尺ではないとはいえ)以下のような楽曲が流れたというのが痛快。

JUDAS PRIEST "Painkiller"
IRON MAIDEN "The Trooper"
METALLICA "For Whom The Bell Tolls"
聖飢魔Ⅱ "蝋人形の館"
NAPALM DEATH "You Suffer"
STRATOVARIUS "Black Diamond"
DEEP PURPLE "Burn"
ANGRA "Nova Era"
ANGRA "Spread Your Fire"
HELLOWEEN "Eagle Fly Free"

当然と言えば当然ながら、HR/HMにクラシックを持ち込んだ存在としてリッチー・ブラックモアとイングヴェイ・マルムスティーンの存在はフォーカスされ、イングヴェイのスウィープ奏法やハーモニック・マイナー・スケールの話にも踏み込んでいる。

ハイトーン・ヴォーカルとオペラ歌唱との共通点について触れる際には、オペラ歌手としても活躍するトーマス・ヴィクストロム(CANDLEMASS, STORMWIND, THERION)が出演するなど、妙にマニアックな所を掘り下げていたのは笑いました。

個人的な気持ちとしてはACCEPTの"Metal Heart"みたいなわかりやすい「引用」や、NIGHTWISHやRHAPSODY OF FIREみたいなバンドも紹介してほしかったし、STRATOVARIUSに触れるなら、ベーシストがシベリウスの曾孫であることも伝えて欲しかったが、まあ「クラシックっぽいメタル・バンドを紹介する」という企画ではないし、30分しか番組尺もないのでやむを得ないところか。

「メタルとクラシックに共通点がある」という言説は、メタルが音楽的に高尚であるということを主張したい手合いがよく口にすることではありますが、実際のところそういうアーティストは限られているので、あくまで低俗で非音楽的なものと蔑まれがちなメタルのファンのコンプレックスの裏返し的なものに過ぎないと思っています。

ただ、大衆の共感を求めない世界観や、横ノリの黒人的なグルーヴを重視しないジャストなリズム、楽器演奏パートでテクニカルな要素をひけらかすことが良しとされる点など、他のポップ・ミュージックに比べクラシックを取り入れやすい素地のある音楽であることもまた確かでしょう。

私自身、ピアノやバイオリンを習っていたというようなガチ勢ではないのですが、学校の音楽の授業で聴かされるクラシック音楽が(退屈している生徒も多い中)割と好きだったというタイプで、そういう所もメタルを好きになる素地だったのかな、などと思っています。

実際、ピアノなどをやっていた友人は比較的メタルを気に入る確率が高かったというのが高校・大学時代、周囲の友人たちに「布教活動」を行なっていた私の実感でもあります(笑)。

1月21日(木) 午前10:25〜午前10:55に再放送もあるようなので、見逃した方はぜひ。

※ららら♪クラシック「メタル loves クラシック!?」番組ページ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

メタルサイドとしては最早常識のアプローチではありますが

ケリー・サイモン氏のtwitterアカウントから今回の番組について知り、録画して観ました。

普段この番組を視聴している視聴者にしてみたら「???」な内容だったかも知れないですが、我々からしてみれば最早常識ではありますよね。

そういった意味では冒頭のJUDAS PRIEST〜NAPALM DEATHまではどれか1バンドのみを流すに留めて、スカイギターでヴィヴァルディやパガニーニを演奏するウリ・ジョン・ロートや、本文中にもあるようにNIGHTWISHやRHAPSODY OF FIREを紹介した方がより良いアプローチになったような気もします。

とはいえトーマス・ヴィクストロムが出て来たのは嬉しい驚きでした。

個人的にメタルというのは、常に異ジャンルの音楽を取り込むことで全く新しい発展を遂げながら、今や世界中に広まっている音楽だと考えているので、メタルとクラシックの融合もその側面の一つでしかないと考えています。

余談ですが、番組視聴後にエドゥ・ファラスキのTemple of shadow in concertの映像を観たのですが、バックバンドもオーケストラも多分みんなブラジル人なんでしょうが、テクニカルでありながら凄いグルーヴ感に溢れる演奏で「これもメタルか」と再認識させられました。

>Ario✠cH さん

メタルとクラシックの親和性については、少なくとも『BURRN!』を長年読んできたようなメタラーにとっては言わずもがな、ですね(笑)。

おっしゃる通り、メタルというのはクラシックに限らず様々な音楽と融合して、サブジャンルごと、アーティストごとに全然異なるサウンドを出しているので、クラシックと親和性のあるメタルというのは全体の一部でしかないのですが。

実は放送当日に事前情報全く無しで、新聞のTV欄のメタルという文字だけを見て偶々リアタイしてました。
普段天気予報とNEWS位しかTVを観ない私にとっては、ある意味で奇跡的とも言えます。

EテレでANGRAの名が取り上げられるとは、本当に言葉にならない思いでした。
ケリーさんご本人にも第二弾があれば嬉しいと仰っていましたね。

そしてちょっと遅れましたが新年おめでとうございます。幸先良く行けたらと願っております。

>chigoさん

天気予報とニュースくらいしか観ないのに新聞のテレビ欄をチェックされるというのが驚きですが、そこでメタルの文字を発見したというあたりに「引きの強さ」を感じますね(笑)。

ANGRAだけ2曲紹介されていたので、やはりクラシックとメタルというテーマでは外せないバンドですね。

個人的にはアンドレ・マトス時代の曲にも触れて欲しかったですが、良い映像素材がなかったんでしょうね。

ケリー・サイモンズ氏、ANGRAの曲は弾き切れていなかったような(笑)。

そして今さらですがあけましておめでとうございます。今のところそうでもないですが、幸先よく行きたいですね(笑)。

ネオクラシカル愛好家参上!(◎_◎;)

テレビのチャンネルを何気にいろいろと回していたら、丁度この番組が放送していたので思わず食い入るように見てしまいました。
最初は題名の無い音楽会かなと思ったのですが、木曜日なので可笑しいと思いタイトルを確認して納得。直ぐに先日adoreさんがblogで紹介していたやつだとピンときました。
> イングヴェイ・マルムスティーンの存在はフォーカスされ、イングヴェイのスウィープ奏法やハーモニック・マイナー・スケールの話にも踏み込んでいる。
やはりこのタイトルならYNGWIEに触れますよね。Kellyのネオクラシカルギター(ベートーベンの「悲愴」)を堪能させていただき私にとって予想外の誕生日プレゼントになりました。

>ゆうていさん

狙って観たわけでもないのにこの番組に巡り合うとは、さすがネオクラシカル愛好家、引きが強いですね(笑)。

そしてお誕生日おめでとうございます。