FC2ブログ

SERENITY IN MURDER "REBORN"が2月10日(水)発売

serenityinmurder04.jpg

昨年、日本テレビ系全国ネット、『マツコ会議』の番組中で現役レースクイーンの新ヴォーカリストAyumuの加入が発表されたメロディック・デス・メタル・バンド、SERENITY IN MURDERの通算4作目となるフル・アルバム"REBORN"が2月10日(水)に発売されます。

前作"THE ECLIPSE"(2017)がMy琴線に触れまくりの傑作だったので非常に楽しみにしていた作品ですが、先行公開されている音源を聴いても、映画的なスケール感と、感傷的な旋律のコンビネーションによるメロディック・デス・メタル・サウンドは「再誕(REBORN)」後も確実に引き継がれているようで、少なくとも失望させられることはなさそうです。

ただ、その『マツコ会議』で少しだけ映ったAyumuのヴォーカルがどうにも軽い印象で、その点が少し不安でした。

実際、インタビューなどを読むと彼女の歌のレベルを引き上げることにはかなり苦労したことが窺われ、実は本作の楽曲は前任のEmiが脱退後、Ayumuとこのバンドがコンタクトを取り始めた2018年11月の時点でだいたい出来ていたそうだが、リリースはこうして2021年になってしまったという事情があるようです。

とりあえず先行公開されている音源では、鍛錬の成果か音楽のクオリティを下げないレベルにはなっているようだし、それだけ長い制作期間をかけたことでより練り込まれた作品になっていることを期待したいですね。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

なんでレベル上げに苦労してまで、このアユムって人を加入させたのですか。

>へそ毛さん

インタビューによると「華」と「人格」で選んだということのようですね。

レースクイーンが加入と聞いて心配だったのですが曲にしっかりと馴染んでいて全然問題ないです。
それどころかThe Glow Of The EmbersはSIM史上最もドラマティックな曲ですね。
こんなクサい曲もやるバンドだったとは驚きです(笑)

>元学生メタラーさん

レースクイーン加入で危惧したことは杞憂に終わったようですね。

前作の時点でだいぶクサい曲は多かったと思いますが、"The Glow Of The Embers"は劇的な名曲ですね。