FC2ブログ

SECRET SPHERE "LIFEBLOOD"が3月12日(金)国内盤発売

secretsphere10.jpg

このブログの新譜紹介というのは割と発売日直近になってからすることが多いのですが、3月は12日にまとめて(私的)注目タイトルがリリースされるので、ちょっと早めにその紹介を始めます。

まずはイタリアのメロディック・パワー・メタル・バンド、SECRET SPHEREの通算10作目となるフル・アルバム"LIFEBLOOD"が3月12日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

このバンド、2012年から在籍していた超絶シンガー、ミケーレ・ルッピが昨年脱退し、後任としてミケーレの前任であるオリジナル・シンガー、ロベルト”ラモン”メッシーナが復帰しています(しばらく見ないうちに風貌は結構変わってますが)。

まあどう考えても力量的にはミケーレ・ルッピの方が上なのですが、このバンドにはロベルト・メッシーナのヴォーカルは合っていたと思っていますし、先行公開されているMVを視聴してもそのことは裏付けられていると思いますので、個人的には結構楽しみにしています。

私のようにSTRATOVARIUSタイプの、キーボードをフィーチュアしたメロディック・パワー・メタルがお好みの方であればぜひトライしてみて頂きたいバンドですね。個人的偏愛バンドのひとつだったりします。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

個人的には先行MVを見る限り、前作や前々作と違ってstratovariousのepisodeやinfinite辺りをフューチャーしているのかなと見受けられました。
おそらくは往年のパワーメタルファンには刺さる所があると思います。

ただ私的には前作にあったcallingという曲がやっぱり好きなんです。

>chigoさん

"The End Of An Ego"、イントロからSTRATOVARIUSっぽいですね(笑)。

デビュー当時も"STRATOVARIUSタイプ"と形容されていたので、ある意味原点回帰かもしれません。

ミケーレ・ルッピのいるSECRET SPHEREは、別のバンドとして見れば素晴らしかったと思います。"The Calling"は良い曲ですよね。