映画『デトロイト・メタル・シティ』感想

dmcmovie.jpg

ここしばらく「デトロイト・メタル・シティ」関連の検索ワードでこのブログにいらっしゃる方が多くて、作品の話題性の高さを感じています。

関連のエントリーを書いてしまったことが原因とはいえ、こうなるとなんとなく感想のひとつも書かなくてはならないのではないかというちょっとした強迫観念みたいなものも出てきたため、観に行ってみました。

公開一週間で夕方の回のお客さんの入りは7割~8割くらいだったので、ロングランは難しいかな?
観客の年齢層はかなり狭く、ほぼ20~30代に限られていたのでは。まあ作品の性質上当然なのかもしれませんが。

内容は、気軽に観れる邦画としてはまずまずなのでは。
原作のネタをそこかしこにちりばめていてそこそこ笑えるし、変にお涙ちょうだいにも走ってないしね。

ストーリー的に無理のある箇所も多かったが、そもそも原作が「ホントに実写にできるのか?」という代物なので、むしろよくぞここまで違和感に耐えて実写化したなぁ、と感心するべきか。

あとはせいぜい松山ケンイチ演じる根岸の過剰なキモさ(貶しているわけではありません。彼は演技力あると思います)と、松雪泰子の意外なハマり具合が印象的でした、という程度の感想です。

しかし、このサイトをご覧になっている方の中には私のことを真剣にメタルを愛している硬派なメタラーだと思っている方もいるようなので(別にそれを否定はしませんが)、こういう映画には一応目クジラ立てておいたほうがいいのかもしれません。

白塗りをするのはデスメタルじゃなくブラックメタルだ、とか、そもそもデス声じゃないからDMCもジャック・イル・ダークのバンドもデス・メタルではない、とかね。

そういう意味では、記者発表での松山ケンイチのメロイック・サインは親指が立ってたし、白塗りメイクのことを「コープスペイント」ではなく「デスメイク」と称するなど、出演者およびマスコミもメタルに対する理解はサッパリ、という感じで、露出が多かった分、かえって世の中のメタルに対する無知・無関心が浮き彫りになってしまった感も否めない所です。

当サイトの理念である「世の中からメタルに対する偏見を取り除く」という目的に照らすと、この作品は誤ったイメージを撒き散らす存在以外の何物でもなく、そう考えると私はこの作品をSATSUGAIすべく叩きまくらなくてはならないのかもしれません。

しかし、このような作品に真剣に憤るには、私はちょっとオトナになりすぎてしまったようです(苦笑)。

実際の所この作品がきっかけでメタルに関心を持つ人もいるだろうことを考えると、この作品のヒットは痛し痒しなんですよね。メタラー的には。


最後にちょっとギョーカイ人の端くれぶってみると、この映画における話題のひとつであるジャック・イル・ダーク役のジーン・シモンズ(KISS)ですが、当初はジーンではない別の大物アーティストがキャスティングに想定されていたことを私は知ってます。


映画『デトロイト・メタル・シティ』公式サイト

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント