fc2ブログ

TEMPLE BALLS "PYROMIDE"が4月16日(金)国内盤発売

templeballs03.jpg

フィンランド出身、80年代アリーナ・メタルを現代に体現する若き5人組、TEMPLE BALLSの通算3作目となるアルバム、"PYROMIDE"が4月16日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

バンドの結成は2009年にさかのぼるそうですが、当時まだメンバーは14、5歳だったとのことで、結成から10年以上経ったいまでも20代半ばと、高齢化の進むHR/HM界においてはピチピチの若手。

変わったバンド名は、HANOI ROCKSのアンディ・マッコイ(G)の著書の中に出てきたワードから採ったとのことで、なるほど、フィンランドからはたまにこの手の80年代型HR/HMバンドが出てきますが(RECKLESS LOVEとか)、それは母国のレジェンド、HANOI ROCKの残した遺伝子が大きいんですかね。

アメリカだともはや単なるノスタルジーの対象か、STEEL PANTHERのようなパロディになってしまうこの手の「ザ・80年代」なサウンドですが、日本のメタル・ファンには根強い需要がありそう。

一方で、実際に今10代、20代のナウでヤングな若者たちにこの音がアピールするのかというといささか疑問ではありますが、H.E.A.T.のヨナ・ティー(Key)の協力を得て作られているという楽曲は、先行公開されているMVを見る限りクオリティが高く、何より若さゆえのエナジーに満ちたパフォーマンスが魅力的。特にヴォーカルに華があるのがポイント高い。

この手の北欧出身80年代型バンドって今一つ日本で人気が伸びない気がしますが、H.E.A.T.やCRAZY LIXX、RECKLESS LOVE同様、クオリティ的には非常に高いので、もう少し盛り上がってほしいですね。『BURRN!』誌でも90点ついてますし(笑)。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント