fc2ブログ

SONIC HAVEN "VAGABOND"が5月7日(金)国内盤発売

sonichaven01.jpg

元SEVENTH AVENUE、SINBREEDで、現在はFIREWINDのフロントマンを務めるハービー・ランガンス(Vo)率いるパワー・メタル・バンド、SONIC HAVENのデビュー・アルバム"VAGABOND"が5月7日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

メンバーは、ドラムがアンドレ・ヒルガース(BONFIRE、RAGE、SILENT FORCE)、ギターはカーステン・ステファノヴィッツ(RADIANT)、ベースはドミニク・ストッツェン(BEYOND THE BRIDGE)とのことで、ドラムのアンドレ以外はよく知らない人たちですが、リリース元が『Frontiers Music』ということで、集まった(集められた?)ミュージシャンの腕前について心配は不要でしょう。

プロデュースはハービー・ランガンス自身が行なっていますが、ミキシングはサシャ・ピートが、オーケストレーションはミロが手掛けているということで、パワー・メタルとしてのクオリティについても心配ご無用という感じ。

個人的にハービー・ランガンスの暑苦しい歌声はメロディックな曲よりゴリ押しの熱血パワー・メタルな曲に向いているので、MVを視聴すると、もっと器用なシンガーが歌った方がより楽曲の魅力が生きそうな気がしてしまいますが、楽曲の大半はハービー自身で書いているようなので大きなお世話でしょう(笑)。

90年代の「ジャーマン・メタル」ブームにも乗り損ね、2000年頃のパワー・メタル・ブームにも乗れなかったSEVENTH AVENUEで果たせなかった、「自分の書いたパワー・メタルで成功する」という夢がこのバンドで叶うといいですね。B級(C級?)でしたが、SEVENTH AVENUE、割と好きでしたよ。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

昔SEVENTH AVENUEのRemissionという曲を聴いてハービー・ランガンスの歌声を好きになったので、最近はいろんなところで活躍していて嬉しい限りです。
改めてMVを見ると、歌声ほどはイカつい顔をしていなかったんですね。

>名無しのメタラーさん

ハービー・ランガンス(どうやら発音的にはランハンスの方が近いみたいですね)、近年活躍の場を広げている感じですよね。

たしかにイカつい歌声なのに、顔はどちらかというとカワイイ系ですよね(笑)。