fc2ブログ

MEGADETHからデイヴィッド・エレフソン(B)が脱退

MEGADETHからデイヴィッド・エレフソン(B)が脱退したことが報じられました。脱退というか、実質解雇ですが。

なんでも、デイヴィッド・エレフソンが未成年とされる女性とオンライン上でやりとりした性的なメッセージや動画が流出し、未成年の少女との性的な接触の疑惑が取り沙汰されていたことが理由のようです。

未成年と言ってもどうやら19歳とのことで、18歳で成年扱いのアメリカでは未成年ではないとデイヴィッド・エレフソンは主張していますが、自分の娘(22歳)より若い女性と不倫していたという事実は揺るがないわけで。

この関係が相手の女性からリークされたのであればともかく、第三者によってTwitter上に投稿されたというのだから、どういう関係の第三者なのかわかりませんが(いや、調べればわかるのかもしれませんが、そこまでするモチベーションがわきません)、恐ろしい時代になりましたね。

私は(自分がやっていたということではなく、自分と同世代の女の子たちがやっていたという意味で)援助交際世代なので、「まあ、男ってそんなもんじゃね? 若い女のファンをとっかえひっかえできるのがミュージシャンの特権でしょ」みたいな冷めた感覚もあるのですが、デイヴ・ムステイン(Vo, G)としてはMEGADETHが「ロリコンバンド」と呼ばれることに耐えられなかったのでしょう。

このニュース、なんと東スポでも報じられていますが、この東スポの記事で書かれているように「破天荒な言動が許容されてきた感のある米ロックの世界も、いまやコンプライアンスから逃れることはできなくなった!?」ということであれば、つまらん時代になったものだなあ、と思ってしまうのはやはり昭和生まれの感覚なのでしょうか。MEGADETHという職を失ったエレフソンが、家庭まで失うことにならないことを願うばかりです。

デイヴ・ムステインを除くと唯一のオリジナル・メンバーであるデイヴィッド・エレフソンの存在がかろうじてMEGADETHの「バンドらしさ」を担保していたように思うので残念ですが、間もなく完成するというキコ・ルーレイロ(G)が制作の最初から関与しているはずの新作は楽しみです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Iced Earthのジョン・シェイファーといい
As I Lay Dyingのティム・ランベシスといい
Panteraのフィル・アンセルモといい
才能や実績がある人間は変な事はしてほしくない!って気持ちになりますね。
変な事やらかして活動できなくなったり
人生を棒に振るような事を起こさないで!
ファンも本人も誰も得しないじゃないか...

印欄野郎

ダメなものはダメ!

昭和の世代はやり慣れている

自分の娘(22歳)より若い女性と不倫していたデイヴィッド・エレフソンを擁護する気は毛頭無いけれど(何より娘への立場が無い(笑))、天下のメガデスのデイブ・ムステインとの有ろう者が何とも落ち着いてしまったものだなと。その破天荒な生き様が魅力だったんだけどな。
それしはさておき、19歳に手を出したらロリコン扱いは可哀想に思えます。私的に18歳を過ぎたら大人だと思いますし、ロリコン呼ばわりはせめて17歳以下の女性に手を出した奴にすべきだと思います。

モテモテ

日本でも、バンドブームの時には、
性を軽んじる状況があったと、
色んな本で出てきますね。

有名どころだと、筋肉少女帯の
大槻ケンヂかなあ。

ビートルズも乱痴気騒ぎが酷かったと、
どこかで読んだことがあるような。

ソロバンドのカバー集が、アレンジ、ベースともかっこよくて、ジュニアの良さを再確認していたので、残念の一言です。
映画や小説で知る限り、むこうと日本とではロリに対する意識がまったく違うので、脱退どころかキャリアそのものが終わってしまうぐらいの恐れがありますね。
ジョン・ジェイファーの時も思いましたが、コロナでなかったらツアーに出たり、取材を受けたりで、こんなことをする時間はなかったのではと、やり切れなさもありますね。

自分の娘より若い女性との不倫は論外です。
日本は対応が甘いですが、欧米でロリはキャリアの終了を意味します。

No title

エレフソンが病んでしまわないように願うばかりです。

正直、Voの衰えが目立って以降は、メガデスとしてのメンツってジュニアで持っていた印象なんですが・・・。

次作がイマイチだったらダーク、キコの離脱か引抜きが起きるんじゃないかな?

No title

Ellefson大好きの私としては、今回のことは相当のショックです。
読みかけの「My Life With Deth」をどうしたらよいのか?

まとめてお返事

このコメントの多さ、さすが人気バンドの人気メンバーですね。

>Lokiさん
たしかに最近この界隈で問題起こす人多いですね…。
おっしゃる通り、自分自身もファンも不幸にするという行動は有名人ほど慎んでもらいたいですね。


>ぁーさん
おっしゃる通り、ダメなものはダメですね。
私の周囲を見る限り、昭和に限らず平成世代も結構なものですが(笑)。


>ゆうていさん
デイヴ・ムステインは現在敬虔なクリスチャンらしいですからね。

女性の年齢に関してはデイヴ・エレフソンもまさにそのように主張していますが、一度「未成年に手を出した」というニュースが広まってしまった以上、風評的に挽回不能だったのではないでしょうか。


>田中さん
大槻ケンヂはだいぶ赤裸々に語っていましたが、実際の所インディーズでも100人規模の動員があるバンドは結構チャンス(?)が満ちているという話を聞いたことがあります。

KISSのジーン・シモンズも4000人の女性と寝たと公言してますし、程度の差はあれやはりミュージシャンというのはそういうものなのではないでしょうか。


>大介山さん
たしかにジョン・シェイファーの件も本件もコロナの影響によるものと言えなくもないかもしれませんね…。


>さまよえるメタラーさん
欧米でのロリに関する厳しさは私も聞いたことがあります。
やはり宗教がある国とない国の違いなんでしょうか、日本との意識の差は。


>名無しのメタラーさん
衰えたとはいえメタル界屈指のブランドのひとつであることは間違いないですし、もはや出来にかかわらずアルバムはそれなりに売れるのではないかと思います。

そうなるとキコにとってもダークにとっても就職先としてMEGADETH以上に魅力的な職場はそうそうないのではないでしょうか。


>jadeさん
ファンにとっては相当ショックな話ですよね。色々な意味で…。

「My Life With Deth」、知りませんでしたが、こんな本出していたんですね。英語が読めるとは素晴らしい。

とりあえず本に罪はないので読了してみてはいかがでしょうか。

No title

馬鹿な事をしてしまって… というのが率直な感想です。ロック・メタルの全盛期なら未成年のグルーピーとの交遊(KISSのジーンとか今ならとんでもないですよね)が割と寛容で、黙殺されてましたし、ミュージシャンのバイオグラフィでその手の話は良くある話ですが、ジェンダーに敏感なこのご時世に何やってんだと、大ファンではないですけどガッカリです。
Whoのピートが不適切な画像を検索したことで立件された事件もありましたが、ネットが発達した昨今、法やモラルに触れるような行為は慎むべきでしたね。恐らくほとぼりが冷めるまで時間を要するとは思いますので、復活してほしい気持ちと失望で複雑です。

それほど熱心なファンではないですが、TOKIOファンの気持ちが良く分かりましたw

>お目がさん

おっしゃることは全くもって正論ですが、法やモラルを大切にするロック・ミュージシャンというのもなんだかロマンがありませんね(笑)…というのも前時代的な感覚なのでしょうか。

>名無しのメタラーさん

MEGADETHもある意味TOKIOと同様イメージ商売みたいな所がありますからね(笑)。

若いうちはいいかもしれんが

年取ってビッグになってからはアカン(アカン)
そういや元ジューダスのデイブ(ドラム)はショタコンで18歳とやらかして処されたとかいうんで
30以上も年が離れてたらロリとかショタになるんでしょうか…

>ヘロウィンさん

歳の差というよりはやはりティーンはアカン、ということなんでしょうね。

とはいえおっしゃる通り、今の時代ビッグになってからはアカン、に尽きるのだと思いますが(苦笑)。

こりゃ陰謀だね

 遅ればせながら、この件について一言。今まで様子見をしていたんですが、これはムステインの陰謀じゃないですかね。この後、誰が一番得をしたかを考えると、どう考えても、顰蹙を買うことなくエルフソンをクビにしたかったであろう、ムステインなんですよね。まあ、ムステインがどういう人間かを過去の行状から推察するにつけ、それが一番納得できるような気がするね(笑) とにかく、待ってましたとばかりに一方的に電光石火のごとくクビを発表したものね(笑)
 だって、これが、例えば、ジーン・シモンズがやらかしたことだとしたら、彼はキッスをクビになるかねえ? むしろ、ポール・スタンレーは、バカにしながら、それでも必死に養護するだろうね。というか、それが普通ですよ。こいつ、変態だけど、根はマジでいいやつだからさ、許してやってくださいよ。別に、被害を被った人がいるわけじゃないし、法律を犯したわけでもないし、ってね。仲間だからね。
 ムステインの処分は全然、仲間としてエルフソンを扱ってないですね。コンプライアンス違反だか何だか知りませんが、そんなものをメガデスに期待するやつなんて、この世に一人もいないでしょう。フェイスブック界隈を見ていても、落胆のコメントばかりで、エルフソンを非難しているコメントなんて見たことないです。笑ってる人はたくさんいますが。
 で、フェイスブックと言えば、キコ・ロウレイロがこの件について、何も言っていないのもおかしい! 何も、一言も言っていない。非難も擁護も落胆も、何も言っていない。これは、明らかに不自然ですよね。おバカなビデオばかり飽きもせずにアップしてるし(笑) 何か政治的思惑があるとしか考えられないです。
ということで、ムステインの陰謀だろうということに結論づけました。彼が、エルフソンの行状を知っていたかどうかはわかりませんが、ネタをバラした奴らを焚きつけたか、まあそれは無いとしても、ネタがバレた後、それを炎上させたのは、まあ、ほぼ間違いなくムステインでしょう(笑)

>サンパウロのトミーさん

デイヴ・ムステインはエレフソンをクビにしたがっていたとは知りませんでした。

キコ・ルーレイロは立場的に「触らぬ神に祟りなし」でしょうね(笑)。