fc2ブログ

マイク・ハウ(METAL CHURCH)が死去

アメリカのヘヴィ・メタル・バンド、METAL CHURCHのヴォーカリストとして知られるマイク・ハウが7月26日の朝、カリフォルニア州ユーレカの自宅で亡くなったことがバンドのSNSで発表されました。

まだ55歳、早すぎますね。死因はプライバシーということで公表されていませんが…。

マイク・ハウは米ミシガン州生まれで、デトロイトのバンド、HELLION(後にロサンゼルスに移ってSNAIRと改名)のヴォーカリストとしてキャリアをスタートさせ、その後1986年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド、HERETICに参加。

デイヴィッド・ウェインの後任として1988年にMETAL CHURCHに加入し、人気作である3rdアルバム"BLESSING IN DISGUISE"(1989)や4thアルバム"THE HUMAN FACTOR"(1991)に参加し、来日公演も実現させました。

METAL CHURCHはグランジ/オルタナティブ・ロックのブームに押されるように1996年に一度解散しましたが1998年に再結成し、マイク・ハウは2015年に復帰して、2019年には再びの来日公演を行なっていたのですが…。

単独公演に足を運ぶ気になるほど熱心なMETAL CHURCHファンではなかった私にとっては、二度に渡ってLOUD PARKの出演がキャンセルになってしまったことで直接観る機会には恵まれませんでしたが、ご冥福をお祈りします。

※21年7月31日追記
死因は自殺であることが『TMZ』というメディアの報道によって明らかになりました。ドラッグやアルコールの問題ではなかったようですが、健康/医療に関する問題を抱えていたようです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最近のアルバムが下手したら昔の作品より好きで次作や再度の来日(前回はまだこのバンドを聞いてなかったので...)を楽しみにしていたので...悲しいです...

>紅さん

自殺だというから尚更やるせないものがありますね…。

バンドのfacebookでは来年新作を出す予定になっていたというのに…。

健康面の問題ならある程度の諦めもつきますが、これはやるせないですね... 復帰後の音楽活動は良さそうに見えていただけに...

自殺はなんとなく若い方がするイメージがあり、マイクハウのように人生の後半に踏み込んでる方が自殺されるのは本当によっぽどの苦悩があったのかと思ってしまいます...

>紅さん

IPからすると紅さんですよね。

日本では若い人の死因1位が自殺なので、自殺というと若い人がするイメージがあるかもしれませんが、それはそもそも若い人は死なないから1位なだけで、実際に自殺者の数が多いのは50代から60代です。

50代・60代というのはもう自分の人生に今までより良いことは起きないだろう、ということが見えてきてしまう年代で、そこに健康や経済面で深刻な問題を抱えていると、それ以上生きている意味を見失ってしまうのだろうと思います。

私はまだその年齢に達していませんが、薄っすらとその感覚はわかります。

マイク・ハウがせめて、死によって抱えていた全ての苦悩から解き放たれたことを願うしかありません。

>adoreさん

名前入れる場所が間違っておりました....

世代における自殺の占める割合というだけで、実際は50代60代の自殺って多いんですね....

確かに、なんとなくですが想像できるような気もします....

マイクハウが何かを抱えていたのだとしたら、本当にそれから解放されたと思うしかないですね....

>紅さん

マイク・ハウが何を抱えていたのか、本当の所は本人のみぞ知るわけですが、ご冥福を祈るしかないですね。

クラブチッタでの公演に行きました。
確かhuman factorの時だった気がします 
ハイタッチしてくれて
いいライブだったです
ご冥福をお祈りします

>タイペイさん

"THE HUMAN FACTOR"の頃というとかれこれ30年近く前かと思いますが、30年を経てなお記憶に残るハイタッチ、アーティストがファンに残すインパクトというのは大きいですね。