fc2ブログ

TEMPERANCE "DIAMANTI"が11月26日(金)国内盤発売

temperance06.jpg

元SECRET SPHEREのマルコ・パストリーノ(G, Vo)率いるイタリアのメロディック・メタル・バンド、TEMPERANCEの通算5作目となるアルバム、"DIAMANTI"が11月26日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

このバンド、パワー・メタルがやりたいのか、シンフォニック・メタルがやりたいのか、フォーク・メタルがやりたいのか、はたまたAMARANTHEのようなモダン・メタルがやりたいのか、ちょっとよくわからない感じもあるのですが、前作 "VIRIDIAN"(2020)がとても良かったので期待しています。

前述したような音楽性の焦点が定まっていないかのようにも見える多様性も、先行MVにもなっている"Breaking The Rules Of Heavy Metal"(ヘヴィ・メタルのルールを壊す)なんて曲をやっているあたり、型にはまってないのは確信犯なのでしょうね。

とはいえ、先行公開されている3曲とも、楽曲スタイルを問わずサビのコーラスを中心に印象に残るメロディがフィーチュアされていて、胸を打つパッションがあります。

コテコテでマニアックな方向に向かいがちなイタリアのメタル・バンドの中では洗練されたセンスを感じさせる存在なので、かつてのLACUNA COILのようにワールド・ワイドな成功を収める存在にジャンプ・アップしてほしいですね。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

傑作ですね 

前作は貴ブログでご紹介頂いて買った所、出来の良さに驚きました。
今作は待ち切れずbandcampにてフルアルバム買いましたが前作以上にバラエティに富んでいて素晴らしい出来でした。メタルありAORっぽいのありクサメロありと、あらゆる層にアピールできそうですね。
欠点としては出来が良すぎるせいでライブではノリにくそうな所ですかね?

>お目がさん

なんと、もうお聴きになったのですか。
出来の良かった前作以上とは、それは楽しみです。

実際に観るまではライブが楽しいのかどうか確信が持てなかったDREAM THEATERも実際観てみたらライブとして楽しめたので、このバンドもきっと生で観てみたら楽しめるのではないかと思います(笑)。

No title

ボーカリストが3人いると、贅沢ですね。
各曲も完成度が高いし。
おかげで、Dream Theaterの新譜を聴き込む時間が無くなりそうです(ノ∀`)

yoshiさん

ヴォーカリストが一人だとしても充分魅力的な音楽なのに3人も歌える人がいて、それぞれ個性的なのだから贅沢ですよね。

楽曲がDREAM THEATERと違ってコンパクトで気軽に聴けるのもリピートを誘う原因である気がします(笑)。