fc2ブログ

MICHAEL SCHENKER GROUP "UNIVERSAL" が5月27日(金)国内盤発売

msg15.jpg

マイケル・シェンカー(G)率いるMICHAEL SCHENKER GROUPの、前作"IMMORTAL"(2021)からわずか1年のインターバルで発表されるMICHAEL SCHENKER GROUP名義では通算12作目となるオリジナル・スタジオ・アルバム"UNIVERSAL" が5月27日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

マイケル・シェンカーはこれまで割とコンスタントにアルバムをリリースしていた人ではありますが、還暦を過ぎた今もなお、いやむしろ90年代などより精力的に創作を行なっている気がします。

MICHAEL SCHENKER GROUPという名義はバンド・スタイルの活動形態なのだと思っていたのに前作からは曲によってヴォーカルを変えるAVANTASIA的な方法論を展開しており、そのスタイルはこの新作にも継承されている。

参加曲の多さから何となくロニー・ロメロ(Vo)、バリー・スパークス(B)、スティーヴ・マン(Key)、ボブ・ショプフ(Dr)が「基本メンバー」なのかなという気はしつつ、マイケル・シェンカー以外のメンバーを「ゲスト」と呼んでいいなら、15人に及ぶゲストを参加させて制作されたアルバムになっている。

ゲイリー・バーデン(Vo)やサイモン・フィリップス(Dr)など、往年のファンが喜びそうな名前もありつつ、個人的に興味を引くのは前作にも参加していたラルフ・シーパース(Vo: PRIMAL FEAR)の他、マイケル・キスク(Vo: HELLOWEEN)や、ちょっと地味ながらバレンド・クルボワ(B: BLIND GUARDIAN)といった、私の世代では「ジャーマン・メタル」人脈と解釈してしまう顔触れが参加していること。

元々ドイツ人とはいえ、マイケル・シェンカーのように仮にも英米でそれなりの成功を収めた実績のある人がこういう、失礼な言い方をすればHR/HM界隈における「マイナー・リーグ」の人と仕事をするのはレアケースという感じがします。

まあ、マイケルが曲を書いてギターを弾けば誰が歌おうが構わない、という人も多いのかもしれませんが、個人的にはこうやって曲によってシンガーが入れ替わり立ち代わりする作品にM.S.G感はあまり感じないというのが正直なところ。

先行でリリック・ビデオが公開されている#4 "A King Has Gone"はロニー・ジェイムズ・ディオに捧げた曲だそうで、ボブ・デイズリー(B)、ボビー・ロンディネリ(Dr)、トニー・カレイ(Key)といった、在籍した時期は違えど皆「元RAINBOW」の肩書を持つ人たちをバックに揃え、なぜかマイケル・キスクに歌わせているという、私の音楽嗜好的には豪華な曲で、ロニーに捧げたと聞けばそれっぽくも聴こえる曲なので、そういう意味では目玉曲なのでしょうか。

ロニー・ジェイムズ・ディオが今も存命であれば、というか90年代くらいのうちにマイケル・シェンカーのコラボも観てみたかったものですね。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

MSG、テンプルズロック、フェストと、なにが違うのかがわからない。大人の事情でしょうがMSGであればメンバーを固定してほしかったですね。

今やってるツアーでこのアルバムの曲をロビン・マッコリーが1人で歌いこなしていますね。
正直全曲ロビンで収録すれば良かったんじゃないかと思ってます。
まあアルバムを売るためには色んなゲスト入れたほうがいいんでしょうが…。

>しんさん

TEMPLE OF ROCKはSCORPIONSの曲をやるためのプロジェクト、FESTはM.S.GのOB会あるいは同窓会のようなものと理解していますが、おっしゃる通りMICHAEL SCHENKER GROUP名義でやるならメンバー固定でやってもらいたかったですね。

と言ってもそれでまたゲイリー・バーデンに全曲歌われるのもちょっとアレですが(笑)。

>名無しのメタラーさん

今のロビンは絶好調ですし、それでも良かった気はしますね。

ただそうなるとMcAULEY SCHENKER GROUP名義にしなくてはいけないのがイヤだったのではないでしょうか(笑)。

感想

3rdが好きな自分としては、グラハムボネットに全曲歌って欲しかったような気もする。

まぁ、1stも2ndも好きだけど、ゲイリーバーデンが好きな訳ではない(笑)。

いやいや

ジャーマンメタル筋からのゲストは皆、あの悪の守銭奴
マイケル・ヴォスのしわざですよ💢
あやつに引っ掛かってからのシェンカーは日本人妻を娶り、公私共に安定期・・・
つまんない刺激薄な楽曲を垂れ流す商業機械に成り下がってしまったんです・・・😢😢😢

↑そうなん?

商業機械ならもっと良い曲を出してくんねぇかしら。

>ゆうていさん

グラハム・ボネットも最近活発に活動してますしね。

まあ、いろいろなヴォーカリストを呼んだ方がより広い関心を持ってもらえると考えているんでしょうね。

>HEAVY-METAL LADYさん

事情にお詳しいですね(笑)。

公私共に安定期…アーティストとしてはともかく、マイケルにとっては幸せそうなのでどう評価するか難しいところですね。

>鼻毛ボンバーさん

私に向けられたコメントではないので返信するのも野暮ですが、コンスタントに、あまり冒険的ではない曲をリリースしているという時点でマイケルなりの商業路線なんじゃないでしょうか。

彼にも家庭や老後の生活というものがありますし、ある程度は仕方ないんでしょうね。

No title

来日決まりましたね。Voはロニーロメロ。

No title

ハロウィンファンのadoreさんには申し訳ないですが、キスク参加曲は期待外れでした。
曲のスケールが小さいせいか、キスクの歌唱が伸びやかさを奪われて、窮屈に聞こえてしまいました。せっかくボブデイズリーがいたなら、せめてロニー追悼歌は彼に作曲のイニシアチブを委ねて良かったかもしれませんね。(キスクを想定した曲じゃなかったのもありますが)
アルバム全体も、シンガーの特性に合わせた振り分けが出来てない気がします(きつい言い方すると人選ミス)。
上手く纏められるプロデューサーと、良い歌メロを書ける相棒がいればまだまだマイケルはやれると思います。Long Long Roadは中々の曲でしたし。
ただ、シンガーは一人か二人に絞った方が良いですね(笑)

忘れた頃やってくる

個人的 第??次マイケルブーム中ですが、ようやくBD付前作を購入して、
CDのほうは聞き倒していましたね。予想を上回る傑作でして、かなりのリピートです。
ただ、BDのLiveは、マコーリーが頑張ってますが、バーデン、ボネット、ホワイトは、
もう観れた(聞けた)もんじゃないですね。こんなひどいのって、どうかねぇ。
DOWNLOAD Fesでのマイケル+多数Voの参戦を妄想していたのですが、悪夢ですね。
マイケルは想像以上に頑張っているので、救われますけど。
で、新作自体はちょっと落ちたかな。ま、これから聞き込む楽しみがある。ってことで・・・
で、で、来日、ロメロ単独Voは大正解ですね。
しかしロメロって、リッチーとマイケル(他多数)と共演するVoなので、もう超一流Voですねぇ。
来日直前に、ロメロに代わり、多数豪華Vo参戦(もちろんシーパース、キスクは除く)。とかになったら、チケット返金騒ぎになるかも。
あ、マイケルファンは、Voは気にしないか?

>しんさん

これだけすんなり決まるのはやはりマイケルにとって日本は重要な市場なんでしょうね。

まあ奥さんも日本人ですし、行く理由がライブ以外にもあるということなのかもしれませんが(笑)。

>お目がさん

いや、私もこの曲にマイケル・キスクはミスマッチだと思っていましたよ(笑)。

せっかく他のメンバーを元RAINBOWで固めたのだから、RAINBOWのヴォーカル経験者であるロニー・ロメロではなぜダメだったのだろうと思ってしまいました。

これぞという曲に欠けるのは今に始まったことではありませんが、もうちょっとバンドらしい作りにしてもらった方が素直に楽しめた気がしますね。

>papadpn1966さん

LOUD PARKでFESTを観た時点で、ロビン・マッコーリー以外は衰えを感じましたよ。

ゲイリー・バーデンは80年代の昔からあまりライブ歌唱の評判が良くなかったようなので衰えたせいであんな歌唱なのかどうかはわかりませんが(笑)。

でもまあ、おっしゃる通りマイケル・シェンカーのコア・ファンはVoは気にしないというか、ロニー・ロメロでないといけないと思っている人はごく少数でしょうね(苦笑)。

初めまして

初めまして!
私も “UNIVERSAL” 手に入れました!
マイケル・シェンカーは大好きなのですが、UFO在籍時のアルバムからMSGの”Build To Destroy”までの、70年代から83年までの作品しか聞いたことがないので、「ファン」といったら怒られそうですが…。

偶然にYouTubeで流れた「Emergency」を聴いてこの新作を知ったのですが、曲のカッコ良さに驚きました。
最初に聞いたときは、リズムの変化に置いてきぼりになりそうでしたが、1分ほど過ぎた頃に、4拍子のあとに5拍子と6拍子を使っていることにようやく気づきました。
6拍子と5拍子というと、UFOの「This Kid’s」を思い出しますが、「Emergency」の場合は5拍を3度繰り返しているので、その後の6拍になるところがとてもなめらかで、流れるような分かりやすいノリで、とても心地よくて気に入りました。

マイケルは「Captain Nemo」や「Lost Horizons」「Love To Love」など、ハチロクや3拍子系のリズムをうまく使った名曲がたくさんありますが、この「Emergency」はスコーピオンズ、UFO、MSG、私の知っている全ての曲の中でも、いちばんの最高傑作だと思います!

こういう変拍子の曲でシングルを切れるところに、マイケルシェンカーファンの音楽理解度の高さ、レベルの高さを感じます。
これほどまでにマイケルの曲作りが進化しているとは知りませんでした。他にもこんなに凝った曲があるのかなぁ?
“Built To Destroy” 以降の作品も聞いてみようと思います。

>みきさん

初めまして。「70年代から83年までの作品しか聞いたことがない」というくだりに大先輩感を感じます(笑)。

"Emergency"は某誌のレビューでは「リードトラックに選んだ感覚はよくわからない」と言われてしまっていましたが、今どき歌メロが憶えやすい曲をシングルにすれば売れるという時代でもないですし、みきさんのように音楽を深く聞いてくれるディープなファンに喜んでもらえる曲をMVにするというのは正解なのかもしれません。

"BUILT TO DESTROY"以降のアルバムの中にも良い曲はぼちぼちあると思いますが、中にはアルバムを通して聴くのが結構しんどい作品もあるような気がするのでご注意ください(笑)。

ありがとうございます!

adoreさん!私のワケのわからないコメントにお返ししてくださって、ありがとうございます!
それと、私はぜんぜん先輩ではないです。どの作品も後追いで聴いているし、聴き方も中途半端です。

私は音楽雑誌とか国内盤CDのライナーノーツや解説を読むのが苦手なので、”Emergency” が必ずしも好評でないことを知って驚きました。そうなのか…。

でも、他の曲も楽しくて、特に ”Au Revoir” がとってもステキで、大好きです。
サイモン・フィリップスの3連符7拍子のイントロからウキウキしてきますが、(ジェフ・ベックとサイモンのあの「Space Boogie」が始まるの!? と思わせておいて)すぐに4拍子+5拍子、というか9拍子で始まって、そのまま今度は7拍子、これを繰り返して、次は開放感のある6拍子!この解き放たれた感じの6拍の爽快感が気持ちイイ!一度だけ入る3拍子もアクセントになっていて効果的です。目まぐるしく変わる展開がすっごく楽しい!
変拍子のほどよい緊張感と、その後の開放感・爽快感が心地よいです。

“Sad Is The Song” のイントロのリズムもかなりおもしろいですよね!7/8+7/8+11/8のところが…って、キリがないか。もう枚挙にいとまがありません。

イントロといえば、トニー・カレイがムーグを使って、タロットウーマンからバール (ロニー・ジェイムズ・ディオ) を呼び出してもらう、という仕掛けも楽しいっ!
ホント、おもしろいところを挙げていくとキリがなくなるからもう止めときます…。

ベテランミュージシャンって、昔と同じような曲ばかり作っている人が多いですが、マイケルの曲はすごく進化していて、いろんな仕掛けが施されていて、それを感じ取ればとても楽しめるアルバムだと思いました。
他のアルバムはそうでもなさそうだけど…。

adoreさんがお返事くださったので、嬉しくなってまた長々と書いてしまいました。ごめんなさい。

>みきさん

私よりお若い方だったら大先輩呼ばわりしてしまい失礼しました(笑)。

まあ、今はどの時代の音楽でも自由に聴けますから、もはや世代とか関係ないかもしれませんね。

リズムに対する感度の高さといい、音楽を本当に楽しんでいらっしゃる感じですね。私もトニー・カレイの使い方は面白いと思いましたが、みきさんほど本作の魅力を熱く語ることはできそうにありません(笑)。