fc2ブログ

H.E.A.T "FORCE MAJEURE"が8月3日(水)に国内盤発売

heat07.jpg

スウェーデンの王道メロディアス・ハード・ロック・バンド、H.E.A.Tの通算7作目となるスタジオ・フル・アルバム、 "FORCE MAJEURE"が8月3日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

傑作だった前作"II"(2020)発表後、約10年に渡ってこのバンドのフロントを務めたエリク・グロンウォール(Vo)が脱退、オリジナル・シンガーだったケニー・レクレモが復帰しての第1弾アルバムが本作。

先行公開されているMVを視聴する限り、類型的な「メロハー」のフォーマットに収まらないダイナミックなフックを備えたソングライティングは健在で、本作も確実に楽しめそうです。

ケニー・レクレモは充分な実力を備えたヴォーカリストなのでもちろん過不足なくその任を果たしていると思うのですが、前任者がいで立ちから歌い回しまで尋常ではない華を備えていただけに、個人的には「エリクが歌ったらもっと良くなったのに…」という気がしてしまったりするのも事実なのですが、贅沢ですかね(苦笑)。

どうでもいいですが、アルバムのジャケットに描かれている「レクレモのラーメン」という日本語がちょっと気になりますね(笑)。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

それを言っては・・・

「エリクが歌ったらもっと良くなったのに…」これを言っちゃあダメよ、adoreさん・・・
ってな思いでMV視聴したら、その思いから離れられなくなりました(泣)。
またまたガッツのある楽曲をそろえてきてますんで、名作なんでしょうけど。
「レクレモのラーメン」・・・美味しいけど、いまひとつ華が無い味の店。かなぁ。

>papadpn1966さん

初期H.E.A.Tのような、もう少し類型的なメロハー・サウンドに回帰しているのであればケニー・レクレモでも何の問題もなかったと思いますが、エリク・グロンウォール加入後に身に付けたメジャー感が漲る楽曲ばかりだけに、エリクの抜けた穴を感じてしまいましたね…。

このバンド、今一つブレイクしませんよね。たぶんレコード会社は第二のボンジョビにしたいんでしょうけど。

しばらく政則さんのロックTVで、バンドのパーソナルな部分をメンバー自ら紹介するコーナーをやってましたけど、BSフジの深夜番組のしかも終盤で、一体どれだけの人が観るのか……どうにもピントがズレている感じがします。

もうかつての様に欧米のアーティストを日本主導でヒットさせる力が、今の日本の音楽業界にはないのかもしれませんね。

>周蔵さん

日本のレコード会社としては第二のBON JOVIとまでは言わずとも、第二のFAIR WARNINGくらいになってほしいと思っていたのではないかという気がしますが、これだけメロハーが下火になってしまった今となってはそこそこ売れてくれれば御の字という感じではないでしょうか…。

バンドのポテンシャルで言えばもっともっとメジャーになっていいはずなのですが、こういう音楽が響く年代の人たちの多くはもう21世紀以降にデビューしたバンドを追いかける情熱を失っているのかもしれません。

No title

ボーカルがオリジナルの人に戻ってややメジャー感が減った、というのは確かに感じますが、曲はやっぱりかっこいいので非常に楽しみです(笑)
後追いでファーストも聞いたのですが、この頃より歌唱にも迫力増している気もしますし(笑)

自分もちょっと物足りなさを感じました。
エリクはビジュアルといい歌唱力といいステージパフォーマンスといいフロントマンとしての備えていなければならない要素をすべて持った人でしたからね。
SKID ROWの新曲も聴きましたがH.E.A.Tほど魅力的ではなく、これエリクが歌わなくてもよかったのでは?、と思ってしまいました(笑)
H.E.A.T続けてた方がよかったような…。

>紅さん

曲は本当に抜群に良いですね。フックのある楽曲とはこういう曲なんだな、と感じます。

ケニー・レクレモの歌唱はぶっちゃけちょっとエリク・グロンウォールを意識していると思います。

>元学生メタラーさん

今のSKID ROWにエリク・グロンウォールは正直ちょっともったいないですね(失礼)。

エリク・グロンウォールはきっと「元SKID ROWのヴォーカリスト」というメジャー感のある肩書を手に入れてH.E.A.Tに復帰し、バンドの知名度向上に貢献しようとしているに違いありません(?)。