fc2ブログ

ARCH ENEMY "DECEIVERS"が8月12日(金)国内盤発売

archenemy12.jpg

前作"WILL TO POWER"(2017)以来、約5年ぶりとなるARCH ENEMYの通算11作目となるオリジナル・フル・アルバム、"DECEIVERS"が8月12日(金)にトゥルーパー・エンタテインメントから日本盤リリースされます。

いや~、前エントリーで紹介したTHE HALO EFFECTのデビュー・アルバムと本作が同日発売なんて、メロデス好きにとってはまさに盆と正月が一緒に来たようなもの。実際にお盆の時期のリリースというのがニクいですね(笑)。

トゥルーパー・エンタテインメントのTwitterによると、かつて同レーベルを率いる宮本氏が勤めていたトイズ・ファクトリーからARCH ENEMYの"BURNING BRIDGES"とIN FLAMESの"COLONY"は同日1999年5月21日にリリースされたそうで、今回の「盆と正月」現象はその2大名盤同日リリースの奇跡を20数年越しで思い起こさせる事態と言えるでしょう。

実際、THE HALO EFFECTのデビュー作の作風はIN FLAMESの"COLONY"を彷彿させるものがあるようですし、本作についても先行公開されているMV曲のクオリティからして"BURNING BRIDGES"並みかどうかはともかく、傑作であることは間違いなさそうです。

先行公開されている曲はどれも良いのですが、アリッサのノーマル・ヴォイスがフィーチュアされた(この曲だけのようですが)"Handshake With Hell"、そして先月公開されたばかりの" In The Eye Of The Storm"の2曲は本当に気に入っていて、この2曲が収録されているだけでも個人的には名盤の予感がしています。

いや実際、今一番カッコいいメタル・バンドは彼らなんじゃないですかね。メロデスよりもパワー・メタルが好きなリスナーである私でもそう思いますよマジで。













関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Handshake With Hell

adoreさんがレビューしてくれるのを首を長くして待っていました。
このMVが公開されてから、繰り返し試聴しています。私はハイトーンボーカルが好きなので基本メロデスは嫌っているのですが、本作は傑作の予感がします。

ついに・・・

ご紹介ありがとうございます。
いやー、MV公開されてからALBUMリリースまでをこれほど待ち望んだケースは、
いまだかつてないですね。
adoreさんのおっしゃるとおり、曲もバンドメンバーも、とにかくカッコいいんですよね。
アリッサも女性Voの華というより、メタルシンガーとしての華が満開だと思います。
MV曲すべてが、ほんとに痺れますので、ALBUMは最高傑作の予感がします。

No title

Halo Effectとの同日発売、23年前の事を連想したのは自分だけではなかったのですね(笑)
B!誌の広告まで思い出されるくらい個人的には最近の事なのですが、もうそんなに前だとは。

ともあれ、8/12は「真夏のメロデスまつり」の様相ですね。
両作品とももったいなくて、公開済みのMVはまだほとんど視聴していません。
皆さんの感想から両方ともかなりの傑作なことは期待できそうですね。

改めまして。

書こうとした事が
既に押さえられてましたね(笑)
やはり誰でも知っている事ですね!
危うくHalo effectのところで釈迦に説法に
なりかけるところでした…..


端的にチェックしただけですが、
クリーンボイス?も導入してるんですね。
Hale stormみたいな感じですね。

前にも書かせて頂きましたが
6th以降のin flamesに傾倒しはじめ、
このグループの作品を
買い揃えることをしなくなってしまい
10年以上経ってしまったのですが
ラジオや動画でかかる曲には思わず
入り込んでしまい、
ましてやライブも最後まで引き付けられっぱなし
なのも中毒性が故ですね!



>ゆうていさん

レビューではなく紹介ですが、このブログで何かしら触れられるのを待っていただいていたということであればありがとうございます。

"Handshake With Hell"、カッコいいですよね。アリッサ加入後の作品は傑作揃いのような気がしています。

>papadpn1966さん

私はいつからか「アルバムのリリースを待ち望む」なんて感覚がなくなってしまっていましたが、私よりかなり年上と思われるpapadpn1966さんがそのような熱いパッションを維持しているのは素晴らしいですね。

曲や演奏が良いバンドはたくさんいますが、彼らのように存在感自体がカッコいいバンドは少ないですよね。

>mephistoさん

23年ぶりの同時リリース(片方はIN FLAMESではないですが)、偶然だとしたらなかなかの奇跡ですね。

まさに「春のパン祭り」を超える「真夏のメロデス祭り」、メロデスファンには堪らないですね。

先行MVの視聴まで断っているというあたりにmephistoさんの期待感の高さを感じます(笑)。

>TOMさん

クリーンボイスは前作でも1曲導入されていましたが、本作でも"Handshake With Hell"だけとのことなので、アルバムにつき1曲限定と決めているのかもしれませんね。

6th以降のIN FLAMESということはもうかれこれ20年前ですね。モダンな方向性に移行したIN FLAMESと、あくまでクラシックなHR/HMをベースにしているARCH ENEMYだと音楽性がだいぶ違うので片方を追わなくなっても無理はないですが、ライブは正直ARCH ENEMYの方が圧倒的にカッコいいと思ってます。

ようやく、アリッサのクリーンヴォイス解禁?ですか…
こんなにしっかりと歌えるんだから、もっともっとクリーンの部分を増やして欲しいですね
アリッサだっていずれガテラルが負担になって喉が駄目になる日が確実に来るんだし
今からクリーンボーカルバンドへ路線修正すべきと思います
それくらいアリッサの歌声は素晴らしいです

No title

ギター好きからすれば、もっと弾きまくってほしい所ですが、曲とのバランスを優先したのでしょうね。個人的には前2作の方が攻撃的で好みですが、メロディ重視派には今作は傑作ですね。
今年はオジー、メガデス、ストラト、アヴァンタジアの新作が控えてるので、お楽しみが一杯です。お手数ですが、レビューの方を宜しくお願いします(笑) 

>蟻っささん

アリッサのクリーン・ヴォーカルは前作でも披露されていました。

せっかくこれだけ歌えるのですから、もう少し多めに聴かせてもらえると嬉しいですね。

>お目がさん

本作はクラシックなHR/HMのエッセンスが豊富で、私のような古いタイプのメタル・ファンには聴きどころが多いですね。

今年はSTRATOVARIUSやAVANTASIA、BLIND GUARDIANといったパワー・メタル系から、キコ・ルーレイロのいるMEGADETHまで、後半に期待作が多いですね。

レビューをするかどうかはともかく(笑)、楽しみです。

すべてのHMファンへ

本作、MV5曲がとても素晴らしいので、それ以外の曲が気になるところでしたが、
04 イントロ、サビはとてもメロウ。そこ以外はストレートにゴリ押しの傑作。
05 ここに来て、一息。ミドルテンポで、アリッサもじっくり歌唱。Gソロも落ち着いた雰囲気。
08 06,07が激しいので、再スローダウン。地味だけど掛け声コーラスもあるので、Liveで演りそう。
 タイトル Black Wings なんで、 Silverwing みたいな名曲を期待したけど、そうはいかないか・・・
09 インストでまたも小休止。雰囲気満載、ただそうは刺さらない・・・
10 ここにきて加速を期待したけど、ちょっとだけ迫力不足。サビとGソロは、懐かしい良いメロディ。
11 実質、締め曲。イントロで大期待。ただ突進ならず。曲自体は悪くないけど、最後に羽目を外してほしかった。

とにかく大傑作です。最高傑作かどうかは・・・
12 あれれ、全編クリーンVo?色気たっぷりで、素晴らしい。
13 想像どおりカヴァー曲パターン。このあとはFight聞いちゃうなぁ。

>papadpn1966さん

非常にクラシックなヘヴィ・メタルを感じる作風でしたね。

エクストリームなサウンドを求める人たちにとってはちょっと攻撃性が充分ではなかったかもしれないという意味で最高傑作という評価にはならないかもしれませんが、個人的にはかなり楽しめました。

ジャパンツアー

決まったようですね。来日ツアー参戦が、いまから楽しみです!

>papadpn1966さん

楽しみですね。私もよほど仕事が立て込んでいなければ足を運びたいと思っています。

初日参戦

いやー、数十年ぶりのライヴでして、スタート前の胸ドキがスゴかったです。
ライヴは最高だったんですが…
・ジャスト1.5Hで終了、アンコール無し(そんなことあるんかね?)。
・コロナの影響なのか、どこみても人との接触なんてなし、もちろんモッシュ、ピットなんか皆無。いまどきは、礼儀正しいんですねー。
さて、adoreさんレポートあるのかしら?

>papadpn1966さん

初日に行かれたんですね。私は最終日に観る予定です。

90分アンコールなしとはコンパクトな印象ですが、バンドもファンも高齢化していますから、それくらいが緊張感を保っていられるちょうどいい線なのかもしれませんね。