REVOLUTION RENAISSANCEがビクターと契約

ティモ・トルキ(G:元STRATOVARIUS)のニュー・バンド、REVOLUTION RENAISSANCEが、JVC Victor(日本のビクター・エンタテインメント)と、アルバム4枚分の契約を結んだそうです。

先日レビューしたデビュー作はイタリアの「FRONTIERS RECORDS」からリリースされたため、日本では同レーベルとゆかりの深いキング・レコードから来月リリースされますが、既に「FRONTIERS」を離れ、正式なメンバーによる「バンド」となった今後はこれまでSTRATOVARIUSのアルバムをリリースしてきたビクターからになる、ということですね。

最近はアルバム2枚の契約が多いと思しきビクターに4枚分の契約をさせるとは、それだけSTRATOVARIUS時代の実績に対する評価が高かったのか、新作のデモがよっぽど素晴らしかったのか。後者だといいのですが。

いずれにせよ、ティモ・トルキのような情緒不安定な人と大規模な契約をする勇気は僕にはないなぁ(苦笑)。
実際「Sanctuary」はSTRATOVARIUSに多大な契約金を払ったあげく経営が悪化して「UNIVERSAL」に吸収されてしまったわけで(それはSTRATOVARIUSだけのせいではないが)。

果たしてREVOLUTION RENAISSANCEはアルバム4枚も続くのか?(不吉)


ちなみにこのニュースを読んでいて印象的だったのが、この契約のテリトリーが日本だけではなく、韓国、中国、台湾、モンゴル、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシア、ブルネイ、東ティモール、インド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュ、ネパール、ブータンと、中東を除くアジア広域に及んでいること。

つーかミャンマーとかネパールの人がメタル聴いてるイメージって全然ないけど、アジアも市場として成熟してきてるんだなー、と日経新聞的な感想を抱いてしまいました。

METALLICAとかIRON MAIDENならともかく、REVOLUTION RENAISSANCEですからねぇ…。

とりあえず実質的なデビュー作となるセカンド・アルバムは南米ツアー後の9月からスタジオ入りし、来年早々にリリースする予定のようです。

ニュースソース
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント