fc2ブログ

SIGH "SHIKI" アルバム・レビュー

sigh12.jpg

アンダーグラウンドなメタル界隈では国際的にも高い評価を誇る日本のアヴァンギャルド・ブラック・メタル・バンド、SIGHのフル・アルバムとしては通算12作目となる作品。

前作発表後、大島雄一(G)と原島淳一(Dr)が脱退(明確な書き方はしていませんが、技術的な制約のないメンバーを求めた結果ということがライナーノーツに記載されているので、実質解雇?)しており、本作のギターはフレデリク・ルクレール(KREATOR, 元DRAGONFORCE)が、ドラムはマイク・ヘラー(FEAR FACTORY, RAVEN他)が担当している。

ちなみに現在、ギタリストとしては若井望(DESTINIA)が正式メンバーとして加入しているそうで、その辺は所属レーベルであるワードレコーズ繋がりですかね。

スタイル的に若井氏はあんまり合う気がしませんが、ワードレコーズとしては若井望という才能をバックアップしていきたいという思いがあるようなので、アンダーグラウンドとはいえ国際的な知名度があるSIGHのメンバーを経験させることが箔になると考えたのでしょうか。

話が逸れましたが、川島未来氏本人によるライナーノーツによると、日本語には「シキ」という読みが当てられている言葉はたくさんあるようですが、本作のタイトルはそのうち「死期」と「四季」をイメージして付けられているそうです。

そして本作では、50歳を超えて人生における四季の晩秋に差し掛かり、己の死期が近づいていると感じた川島未来氏の、死への恐怖がかなりストレートな言葉で歌詞に綴られている。

「あまりに怖くて目を背けてきた だけどその日は必ずやってくる」(#2 黒い影)

「生者必滅 俺はそれでも死にたくない」「俺は死が怖い それは仕方ないけれど 俺は悟れない 悟りたくもない」(#3 生者必滅)

「もう終わりだ 諦められるのか 誰か教えてくれ 救われるのならば 誰か助けてくれ」(#6 冬が来る)

そして#5 "殺意~夏至のあと"では四季を引き合いに人生について以下のように歌う。

「春に今が春であることを知る者はいない それは夏になっても同じ
夏が終わって初めてわかる 秋が来て初めてわかる
春と夏は去ったことが 秋が来て初めてわかる すでに手遅れだと
秋が終われば冬が来る 冬が終わればもう何もない
冬すら来ずに終わるかもしれない」

続く#6 "冬が来る"でも、「大事なことなので2回言いました」と言わんばかりに

「春には気付かず 夏も知らず 秋が来た時は すでに遅い
秋が終われば 冬が来て 冬が終われば もう何もない」

と歌って(叫んで?)いる。こんな生々しい言葉を日本語で歌うのはなかなか勇気がいることですが、この言葉をフィクショナルではなく感情を込めてリアルに響かせるには、母国語で歌うことが必要だったのでしょう。

ちなみに本作の和風なアートワークは、百人一首に入っている入道前太政大臣(西園寺公経)の詠んだ「花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり(桜の花を吹き散らす嵐の日の庭は、桜の花びらがまるで雪のように降っているが、実は老いさらばえて古(ふ)りゆくのは、私自身なのだなあ)」という、本作のコンセプトに通じる和歌をビジュアル化したものだそうだ。

メタルという音楽がメタル以外のフィールドの音楽評論家から芸術的な面から評価されない理由は、その表現するものがファンタジーだったりホラーだったりSFだったりと基本的にフィクションであり、人間の内面やその人にとっての現実の問題を表現していないから、というのが大きな理由のひとつなのですが、そういう意味では本作はその表現に取り組んだアーティスティックな作品と言えるでしょう。

死への恐怖というのはあまりに普遍的な感情で、あまり文学的ではないのかもしれませんが、ファンタジーとしての「死」ではなく、リアルな「死」に向き合った本作は、メタルとしては非常に珍しい作品だと思われます。

本作のリリースにあたって川島氏は「50歳を過ぎてエクストリーム・メタルを作る意味を見出すのは難しい。が、本作は50歳を過ぎたからこそ作れるアルバムだと思っている」と語っているそうですが、実際、50を過ぎてメタルをやっているミュージシャンの多くは、「今さら他のことで稼げないから」とか「とりあえずそれを求めてくれるファンがいるから」という理由だけで活動しているのではないかと思っています。

そういう意味でも、「老境に差し掛かった人間だからこそ作れるメタル」に挑戦した本作は意義深い作品で、そういう点が評価されたのかどうかは不明ですが、本作はアメリカの"Heavy Consequence"というメタル系Webメディアにおける「2022年の年間ベスト・アンダーグラウンド・メタル・アルバム TOP10」に選出されています。

あまりこのブログで取り上げるようなタイプのサウンドではありませんが、3月に父を亡くし、残された遺産や遺品(金銭的な価値のないものを含む、というかむしろそういうものの方ですね)そして人間関係との向き合いを通じ、これまでにないほど「死」というものについて考えさせられた2022年だからこそ本作に興味を持ったので、一年の締めくくりに本作についてのエントリーを書いてみようかと思いました。

余談ですが、本作の日本盤ボーナス・トラックである"夏至のあと"のリミックスを手掛けたデヴィッド・ハロウという人物は、基本的にメタル畑の人ではないそうですが、HELLOWEENの"WALLS OF JERICHO"(1986)のイントロ(あのハッピハッピハロウィ~ン♪、ってやつですね)を手掛けた経験があるそうで(クレジットされている名義は別名ですが)、その辺がこのブログとの数少ない接点ですかね(笑)。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

久しぶりのコメントになります。
御父上のご逝去心からお悔やみ申し上げます。
死を題材に日本語で歌った作品は私にとっは珍しい作品でついPVを見てしまいました。
私は親の介護の渦中にあり、死というものを現実的に捉えられてはいませんが言わんとしてることは何となく判るような気がしました。
また、介護の合間にこのブログを読むのがささやかな楽しみだったので、来年の更新も期待しています。

adoreさん・mackaさん

adoreさん
別記事での私のコメント…「良いお年を」
ごめんなさい、御父様、そうでしたね…大変失礼致しました。
激しいサウンドの中に非常に考えさせられる、また興味深いテーマ(歌詞)で見入って(聴き入って)しまいました、彼等を知れて良かったです。

Mackaさん
はじめまして、割り込むような感じで申し訳ありません(汗)実は、私も母親の介護の渦中でして、
あなたのコメントが他人事のように思えなくて書かせて頂きました、昨年の春先まで家族・親戚内でも誰よりも明るく元気で行動力があり、友人方からも慕われてた母が脳神経手術(約15時間)後、別人のようになり、月日と共に体重は減り続け、全介護要5、生活は一変しました…そんな中でも母が眠りつく顔を見て「私の事を分かっても、もう分からなくても生きててくれればいい…全力でサポートするよ」と思いながらホッとすると、それからadoreさんのブログを読むのが楽しみで…十数年前から愛読をしてましたが、何故かこれまで一度もコメントした事は無かった…でも今年に秋頃から突然書いてみたくなり、書くとadoreさんの返事が嬉しかったり、また常連さん達の色々なコメント読むのが一層楽しくて救われます、ほんと…。
いきなり私から言うの変ですけど、お互い自分の身体にも十分気を付けて、恩返しする気持ちで頑張りましょう、と言いたくなりました。
なんか馴れ馴れしくすみません(汗)
adoreさんも長々すみませんでした(汗)

まず、お父様を亡くされたことに心からお悔やみ申し上げます。

私はまだ学生ですが、両親共に還暦を迎え、祖母が来年早々に介護施設に入るなど、親しい人の老いを実感させられています。

だからでしょうか。近年は老いや死をテーマとした曲や歌詞に心を動かされることが多くなったのですが、本作のコンセプトにも興味を引かれました。

自分自身の衰えと向き合うのは、勿論大変なことなのだろうと思いますが、置いていかれる方もそれなりに辛いものです。

No title

しばらくぶりにsighを見たから余計に思いますが、川嶋未来も歳を取りましたね。
自分が若い頃憧れたミュージシャン達が世を去っていく中、次世代のアイコンだった人が歳を取っていることに、当たり前ではありますが衝撃を受けます。自分では若いつもりですが、会社ではベテランや重鎮として扱われることにも戸惑いがあるほどです。

私の両親も、家内の両親も幸い元気なのですが、実子のように可愛がってくれた伯母が昨年亡くなりました。実施のように育てている猫たちも平均寿命の半分まで来て、人生は折り返しです。
今年は宗教学のテキストを読み返しながら、自分の人生を振り返る年にしようと思っています。皆様もご健勝で。

>mackaさん

お久しぶりです。親御さんの介護、きっと大変でしょうね…。

そんな大変な中、このブログが多少なりとも楽しみを提供できているとしたら、書いていてよかったです。

私は両親とも、急速に状態が悪くなって入院してそのまま亡くなってしまったので、結局介護というものを経験しませんでした。

それは、介護で疲弊しきっているような方から見ればある意味で幸運だったのだと思いますが、代わりに親の死に対して納得感が持てないというか、もっと何かしてあげられたんじゃないか、という後悔の念が残っています。

本作は音楽性(というかヴォーカルスタイル)上、メッセージがダイレクトに伝わって来るというものではないかもしれませんが、何か感じるものがあれば幸いです。

>Kazuriさん

喪中ハガキをお送りしているわけでもないのでお気になさらず(笑)。

Kazuriさんも介護中ですか…。いわゆる「日本のメタル世代」な人たちはそういうライフステージに入っているということなのでしょうね。

それは日本でメタルを聴く人が減っても仕方がないですね。仕事に介護に子育てに、となれば音楽を聴いている時間なんて取れませんよね。

Kazuriさんもくれぐれもご自身のお身体(とメンタル)にもお気を付けください。

>周蔵さん

渋いHNなのに、まだ学生さんだったんですね。

それで既にご両親が還暦ということは、割と遅めに生まれたお子さんだったということなのでしょうか。

老いや死というのはなかなか売れ線のポップ・ミュージックでは扱われ難い重いテーマですが、それだけにそういうテーマに向き合った音楽というのは希少ですね。

ただ、やはり若いうちはあまりそういうことは気にせずにやりたいことをやる方が、結果的に納得のいく死を迎えられると思いますので、まだ学生さんだということであればあまり考えすぎない方が良いのではないでしょうか(説教臭くてすみません)。

ただ、ご両親や祖父母に対して感謝の念をお持ちなのであれば、生きていらっしゃるうち、少しでも元気なうちに何かをしてあげることを意識したほうが、後で後悔が少ないかもしれません(後悔中)。

>結城真之介さん

アラフォーくらいの年齢って、自己認識している若さと、職場などでの周囲からの認識が乖離し始める年齢ですよね(苦笑)。

平均寿命的にも折り返しの年齢ですので、一度自分の人生を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

私は宗教学のテキストなどという高尚なものではなく、両親が遺した記録や写真で振り返る感じになっていますが(笑)。

あいにく

ブラックメタルはまったく聴かないので音楽へのコメントは無しですが、私も数年前に両親が続けて病死し、さらに愛猫が若くして他界してからは、死が結構身近なモノになりました。自分も若くないし、残った時間が短いことを再認識したので、以降は寝る間を惜しんで色々なことをする様になりました。結果、睡眠時間が短くなってしまって、実は寿命を縮めてるんちゃうか?という本末転倒のジレンマには気付かないことにしています。
adoreさん、コメント書かれている皆様、亡くなられたご家族のご冥福をお祈りします。

kazuriさん
はじめまして。お母様の介護で日々大変な思いをされてると思いますが、自身のお体も大切になさって下さい。
私は昨年は親の介護と自分の手術が重なってしまいてんやわんやだったので・・・。

adoreさん
お忙しいなかこのような場を提供していただいてることに御礼申し上げます。
ご両親を亡くされたのはとても辛いことだと思います。私も何れは要介護の両親を送らなければならない立場なので、せめて後悔の無い介護生活を送ろうと思います。

周蔵さん
はじめまして。
御祖母様が年明けに施設へ入居されるという文言が目にとまったので僭越ながらコメントさせて頂きます。私自身介護の辛さから施設入居を何度も考えた身なのでさぞお辛いと思います。私見ですが介護に満点をきすのは極めて困難なので、ご自身を労ってあげてください。ちなみに私は此方で知ったpowerwolfを聴いて何度も元気をもらいました。横から失礼いたしました。

遅ればせながら

昨年もこちらのブログで色々なメタル情報やライブ感想などにふれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そしてお父様のこと、お悔み申しあげます。
そんな大変な中ブログ更新してくださっていたんですね。
改めてadoreさんには感謝です。
メタルファンも高齢化なんですから、私以外にも親の介護をしている方がいるわけですよね。
mackaさん、Kazuriさんがこのブログに心の潤いをもらっている気持ちすごく分かります。
adoreさん、今年も無理のない範囲でブログ続けてくださいね。
あと遺品整理も親孝行の一つですよ。
だからそんなに後悔しないでくださいね。

>バモスラピドス大佐さん

SIGHはもはやヴォーカル・スタイル以外にブラック・メタルの要素は薄いですが、このサイトで扱う音楽としてはやや異色であることは確かかもしれません。

睡眠時間の問題、難しいですよね。

ただ、結局睡眠不足だと楽しいことも楽しいと感じられなくなったりするので、やはり最低6時間の睡眠は必要だな、と40過ぎてからは痛感しています(苦笑)。

>mackaさん

このブログがHR/HMを愛する人の交流の場になったら幸いです。

後悔のない介護ってきっと難しいですよね。介護する側があまり犠牲になってもよくないと思いますし…。ご無理のない範囲で向き合ってくださいね。

>なな吉さん

忙しい時期は忙しいなりのやり方で更新しておりますので大丈夫です(笑)。

後悔は突然入院してそのまま逝ってしまったので、入院前に約束していたこと、やってあげたかったことを果たせなかったことと、入院後はコロナ禍のせいで殆ど面会さえできなかったことですね…。

不可抗力みたいなものとはいえ、なかなか割り切るのが難しいです(苦笑)。

>mackaさん

お気遣いどうもありがとうございます。

祖母は認知症を患っておりまして、私としては最後まで慣れ親しんだ家で暮らしてほしかったのですが、病状を鑑みると施設での生活が最善との判断になった次第です。

ただ、軽度認知障害と診断されてから10年以上に渡り、家族や行政の助けを借りながらでも、単身での生活能力が維持できていたので、よく頑張ってくれたと思います。

実家で引き取ることも当然考慮したのですが、祖母の場合寧ろ、家族ではない色々な人と交流をすることで、脳に刺激を与えて症状の改善が期待できるということが判断の決め手になりました。

どちらにせよ扶養家族の身では口出しできませんから、良い方に事が運ぶことを祈るばかりです。

私自身、もっとできたことがあったのではないかと自問自答する日々ですが、これからは祖母の為にも音楽の力も借りながら、前向きにやって行こうと思っています。

最近はブルーオイスターカルトに嵌まってます。示唆に富んだ知的な歌詞と旋律が心を癒してくれますよ。

>adoreさん

アドバイスありがとうございます。

adoreさんの紹介して下さる音楽や、コメント欄での交流は、日々の楽しみの一つになっています。本当にありがとうございます。

これからも無理のない範囲で、家族を大切にしていこうと思います。

しかし新型コロナの感染対策で、祖母の入居予定の施設では、現在家族であっても月に1回しか面会できないのが辛いところです。

コロナとの共生が唱えられて随分経ちますが、本当に一刻も早く「コロナは只の風邪」になって欲しいですね(笑)。

>周蔵さん

やはり今もコロナのせいで面会が限られてしまうのですね。
老人の方が免疫力が弱いことを考えるとやむを得ないのかもしれませんが…。

早く特効薬が開発されて「ただの風邪」扱いになるといいですね。