fc2ブログ

Lonesome_Blue "SECOND TO NONE"(2022)アルバム・レビュー

lonsomeblue01.jpg

年初なので(?)、前エントリーのLORNA SHOREに続き、このブログ的には変わり種なものをもうひとつ。

声優としても活躍している野村麻衣子(Vo)と広瀬ゆうき(B)、DESTROSEやDisqualiaといったガールズ・メタル・バンドでの活動歴があり、ソロでも活動する成美(G)、スタジオ/ツアーサポートドラマーとして活動し、真空ホロウというバンドのメンバーでもあるMIZUKI(Dr)によるガールズ・ロック・バンド。

本作は昨年6月にリリースされたデビューEPに続く、ファースト・フル・アルバムになります。

全体的にはHR/HM色の強いポップ・ロック・バンドという感じで、B'zがHR/HMであると感じられる感性の方であればHR/HMと言い切ってしまっていいサウンドだと思います。

声優がヴォーカルというとアニソン・バンドのようですが、アニメの主題歌に起用できそうなキャッチーさはありつつも、声質含め「甘さ」は控えめで、個人的には普通にJ-ROCKとして聴けました。

てか、ヴォーカルはともかく声優がベースって珍しいですね。プレイ的には、やはり元々プロとして活動していた手数の多いドラムのプレイが際立っている印象です。

#5 "Mine"みたいな哀愁歌謡ロックみたいな曲がヴォーカルの声質にハマりがいいような気がしますが、R&Rフィーリングのある曲から軽くラップ風のパートが入るようなモダンな曲、パワー・メタル然とした疾走曲まで、バラエティに富んだ(しかしバラードはない
)楽曲はどれもなかなか高品質。

ちなみにヴォーカルは上智大学中退という英語ができそうな経歴を活かしてか(?)全編英語で、そのせいもあってか海外のメタル・サイトなどでもそれなりに話題に取り上げられている感じで(私がこのバンドを認知したのも海外のメタル・ニュースサイトの見出しでした)、YouTubeのコメント欄なども英語の書き込みが目立ちます。

その辺はLOVEBITESが切り開いた流れなのかなと思いつつ、ちょっと意地悪な見方をすると、海外のメタル・ファンから見たらBABYMETALの亜流的に捉えられるのかもしれません。「メタル×アイドル」とか「メタル×メイド」とか「メタル×声優」のように、メタルとは異質なものの掛け合わせが欧米人にとっては斬新で意外性のある存在に映るのだと思います。

そういうのを「真のメタルとは認めない」という価値観があることは承知していますが、日本のメタルが欧米と差別化していくには、やはりそういうメタルとは異質な要素を掛け合わせていくしかないのではないかという気がします。結局、「真のメタル」路線で欧米に受け容れられた日本のバンドはLOUDNESSという突然変異級の才能を持ち、世界的なメタル・ブームの波に乗ることができたバンドだけだったということを考えると。

ちなみに名前だけ知っていたこのバンドのMVに触れるきっかけになったのは、年末SIGHのレビューを書いた際にMVを確認した際、「SIGHを聴いている方にオススメ」的にYouTubeにリコメンドされたことでした。

YouTubeにとっては同じ「日本のメタル系アーティスト」というカテゴライズだったのだと思いますが、SIGHの川島未来さんなんかはまさにこういうレコード会社に作られたようなバンドをメタルとして認めない筆頭の存在と思われ、AIも人の嗜好を読むことはできても、空気までは読めないんだなと思いました(笑)。





▼デビューEP収録曲で、ヴァイオリニストのAyasaが参加したこの曲、なかなかカッコいいシンフォニック・パワー・メタル・チューンなのですが、やたらとカラフルでファンシーな映像とのギャップが凄いです…。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

声があまーい!!(笑)

最初と最後のリフ以外は、割とハード目のアニソンを更にハードにした感じで、私はこれはメタルバンドではなく、メタル「系」のバンドだなと思いました。

勿論だからダメという訳ではありませんが、この声質ならメタルではなくポップスの方がボーカルの人には合っているのではないかな~

ガールズ・メタルの新星?

あまりガールズ・メタルはチェックしていませんが、TVK(ローカルな話ですいません)でこのバンドのCMが放送されていたので気になっていました。
HR/HM要素は成美(G)の経歴とギタースタイルによるところが大きそうですが、MVの曲もカッコいいHR/HMだと思います。
「真のメタル」のではないかもしれませんが(笑)、粗製乱造ではなく、こういったルックスも音楽もレベルの高いガールズ・ロック・バンドは、もっと出てきてほしいですね。
ちなみに、”Lonesome_Blue”の真ん中のアンダーバーが入っているのが正式なバンド名みたいですが、同名のバンド(や商品)と区別するためなのでしょうかね?
分かりにくいというか、今まで気が付きませんでしたね...

元々、アニソンはメタルチックな楽曲も多いので声の甘さも気になりませんでしたし正当な(?)HR/HMとアニソンの間を上手い所ついてるなという印象です。

元は聖飢魔IIやALFEE、最近ではBAND-MAIDやBabyMetalなんかもそうですが日本である程度受けるにはこのメタルっぽい位が良いのかなと思ってます。

>周蔵さん

私はロリ声ではないのでセーフだと思いましたが、周蔵さんには甘すぎましたか(笑)。

おっしゃる通り、メタル向きの声ではないのだと思いますが、BABYMETALなんかもそれがユニークポイントだったと思うので、それが日本のガールズ・メタル(?)が売れる道なのではないでしょうか。

誰の思惑でこういうメタル路線になっているのかは不明ですが…。

>なっつさん

ビクターエンタテインメントというメジャー・レーベルからリリースされているだけあって、クオリティは高いですよね。

メタルかどうかを深く考えなければ、普通に楽しめるサウンドだと思います。

バンド名のアンダーバーは「つのだ★ひろ」の★マークとか、「モーニング娘。」の句点のようなものでしょう(笑)。

>ごえたさん

日本のマーケットでメタルっぽい音楽を売るにはメタル的ではない要素を入れるしかないのだと思います。

LOUDNESSですら日本のマーケットではポップミュージックとして売れたとは言い難いので…。

>adoreさん

私はアニメをそこそこ観るので、こういう声質に割と敏感なのかも知れません。というかメタルを抜きにすれば、私のストライクゾーンに近いのかも(笑)

確かにメタルバンドとして日本のマーケット(或いは世界も視野に)で売れるには、サブカル×メタルというのが凄く有効だというのは判ります。

ただ、アニソンって結構ドラムやギターソロのアレンジがメタルっぽいものが多いですから、特にボーカルの方は声優さんということで、素直に声優アーティストとして活動した方が安牌なのにな~と考えちゃいますね。

No title

一曲目はアイドルに歌わせたワンオクロックだなと思いました。声は可愛らしい感じですけど、ちょいちょい入ってくるポリリズムが面白いですね。
何回も似たようなことを言っていますが、このくらいのメタルっぽいポップスから、こちらサイドに流れてきてくれないかなと切に思います。ちょうどトレンドに近い音楽性ですし。

これも何回も言っていますが、ヴォーカルの方が婚姻届を持って来て頂けるなら、離婚も吝かでは…。

>周蔵さん

このプロジェクト(バンド?)はアニメとメタルが好き、という周蔵さんのような人をターゲットにしているのではないでしょうか(笑)。

私は失礼ながらこの野村麻衣子さんと広瀬ゆうきさんという声優さんは存じ上げなかったので、ピンの声優アーティストとして成功できるような方なのかわからないのですが、「声優アーティスト」もだいぶ飽和していますから、彼女らそれぞれの適性や持ち味を踏まえて計画されたのがこのバンドなのではないかと思います。

>結城真之介さん

もはやこういう音楽が「メタルっぽい」という風に思われないのかもしれませんね、メタルについて何も知らない人には。

既にこういう音自体がJ-ROCKやアニソンのサウンドの一傾向、くらいの感覚なのかもしれません。

結城真之介さんが離婚を検討する女性がどれも魅力的であることを考えると、なんだかんだ言って実際に結婚している奥さんも素敵な方なんでしょうね(笑)。

ビクターさん

プロデュースだし、多くの曲はMao作だし、頭文字っていうかバンド名のイニシャルが「LB」だし、今のところアルバム名は規則的(数字順)だし、歌詞が英語だし、MV作ってるのLimitmakerだし、、、これはもう、完全に我らがLOVEBITESの妹分なんでしょう。
LOVEBITESは王道パワーメタル真っしぐらということが新曲2曲で確定したので、ややハードロック的な、も少し一般受けする音楽性で、恐らくBAND-MAIDをターゲットにしたマーケティング戦略では?と推測します。

個人的にはギミックにはあまり興味がありませんが、(聖飢魔IIが入口のお前が言うな、ってかんじではありますが、、、)実力もありそうなので、今後が楽しみなバンドのひとつではあります。

野村麻衣子さんは元々帰国子女みたいですね
広瀬ゆうきさんとはTokyo 7th シスターズというバンドリの二番煎じみたいなコンテンツで同じバンドユニットを組んで、そのライブを観たプロデューサーがバンド組んでやりたいとのことで結成されたバンドとのことです。

広瀬ゆうきさんはベース経験はあるものの、バンドやりたいと思ったらメタルバンドやることになって楽曲の難しさにかなり苦労されたみたいです、それでも多忙な中くらいついて練習し、ライブも控えているので個人的には応援したいですね

自分はアニメもメタルも大好きなのでこのバンドはめちゃくちゃ刺さりますねw

元声豚が通りますよ

元声豚の私が情報を補完しますよ。
Tokyo 7th シスターズはバンドリ!ではなくアイマスの二番煎じのアイドル音ゲーです。
バンドリ!の二番煎じとおっしゃっておられるのはゲーム画面を見たからでは?たしかに似ていますが、最初はPSPの初音ミク -Project DIVA- やみがるみたいなゲームだったのが、途中でバンドリ!みたいなゲームシステムに変更になりました。似てると言っても秋元康プロデュースの7/22音楽の時間のようにバンドリ!丸パクリでは無かったです。
元々バンドリ!自体ブシロード声優愛美がアイドルマスターミリオンライブのロックアイドルジュリア役で声優ライブでギターを弾きながら歌っているのをブシロードの木谷社長が見て、容姿と歌唱力は有るものの演技力が無い為売れなかった愛美を売り出す為のコンテンツなのは有名な話しです。
広瀬ゆうきはおそ松さんのOP担当で有名なアニソンユニットA応Pのメンバーとして有名ですが、役目を終えたという理由で何年か前に解散しました。出来れば又A応Pで歌って欲しいのですが、復活が叶わないのなら業界に残ってくれるだけでもありがたいです。
Tokyo 7th シスターズ自体結局ウリはシナリオと曲の良さ、水瀬いのりと渕上舞という人気声優の参加位なので、先を見越してのバンド結成なのでしょうね。
私自身はTokyo 7th シスターズをプレイする為にガラケーからiPhoneに機種変した位ですが、結局マイナーなゲームはいつサービス終了するか分からない為、プリインストールしませんでした。ちなみにアイドルマスターミリオンライブシアターデイズとバンドリ!ガールズパーティはゲーム開始から未だに現役で毎日プレイしているのでけっこう詳しいです。7/22音楽の時間はもうサービス終了しましたが、最終日までプレイし続けました。
ここはMETALを語る場所だと思っているので、あまりオタクコンテンツを言うべきでは無いと思っているのですが、いい機会だと思い書いてみました。
自分はガールズメタルはLOVEBITESとBAND-MAID、Gacharic Spin、DOLL$BOXXの4つで充分かな。BABYMETALは私には合わないなぁ。その辺りのボーダーラインは感覚的なものなので理屈では無いのだと思います。

>バモスラピドス大佐さん

イニシャルLBなるほど、たしかに言われてみるとそうですね。

そういう意味では、LOVEBITESは同じレコード会社が2匹目のドジョウを仕掛けたくなるくらいにはビジネス的に上手くいっているということだと思いますので、その点は喜ぶべきなのでしょうか。

>らうねさん

詳細な情報をありがとうございます。

じゃあ広瀬さんはメタルが好きなわけではないのに「ベースが弾ける」というだけでこれをやらされているとしたらかなり大変ですね(笑)。

でもまあ、それでこうして気に入ってくれる人、関心を持ってくれる人がいるのであれば、頑張る価値があるのかもしれませんね。

>ゆうていさん

ゆうていさんがアニメ/ゲーム/声優界隈に詳しいことはよくわかりました(笑)。

そうですね、傍から見たら同じようなものでも、自分が気に入るものと気に入らないものの間には本人しかわからない(というか本人ですらわからない)ボーダーがありますね。