fc2ブログ

ファビオ・リオーネがチリのカラオケ・バーでパフォーマンス

元RHAPSODY OF FIRE、現ANGRAのヴォーカリストとして知られるファビオ・リオーネがチリにあるカラオケ・バーでパフォーマンスした時の映像が公開されています。

と言ってもさすがにカラオケ音源をバックに歌っているわけではなく、どうやら地元のアマチュア・バンドと思われるメンバーの演奏をバックに歌っています。

セットリストは以下の通りで、基本的にはRHAPSODY OF FIREを中心とした、ファビオ・リオーネのグレイテスト・ヒッツ・ショウといった感じの趣。

01. Lux Triumphans
02. Dawn of Victory
03. Wisdom of the Kings
04. March of the Swordmaster
05. Holy Thunderforce
06. Eternal Glory
07. Village of Dwarves
08. Lamento Eroico
09. Land of Immortals
10. Unholy Warcry
11. Nova Era
12. Wasted Years
13. Emerald Sword

ファビオの歌唱はだいぶラフな感じではありますが、名曲揃いなのでなかなか楽しめます。音源もちゃんとラインで録音されているもののようですし、映像も複数カメラで撮影されたものが編集されており、クオリティ的にも問題なく楽しめます。

バックの演奏はさすがにANGRAには程遠いですが、「上手いアマチュア・バンド」というレベルには達しており、破綻なく楽しめます(ファビオも、ANGRAの"Nova Era"をプレイした際に、「この曲はプレイするのが簡単な曲ではないが、彼らは見事にやっている」と称賛しています)。

IRON MAIDENのカヴァーである"Wasted Years"をプレイする際には、自身がVISION DIVINEで彼らのショウの前座を務めた際に、遅刻して会場に駆け込んできたブルース・ディッキンソンにぶつかられた(「タックルされた」と表現しています)という思い出を語っています。

そして"Emerald Sword"はファビオやルカ・トゥリッリにとって、DEEP PURPLEの"Smoke On The Water"のように「バンド最良の曲ではないが、常にファンが聴きたがるためプレイせざるを得ない曲」になっていて、あまり好きではない、という思いも語られます。

そんなMC内容も含めてファンであれば楽しめるライブではありますが、「イタリアン・メタルの至宝」とも呼ぶべきファビオほどの男がわざわざチリのカラオケ・バーで、地元のローカル・バンドをバックに歌う、なんて所謂「ドサ回り」をしないと食べて行けないのだとしたら、あらためてメロディック・メタル/シンフォニック・メタルというのは厳しい世界だなあと思わざるを得ませんね。

ファビオとしては、「昼の仕事」をするくらいならドサ回りでも歌っていたい、ということなのかもしれませんが。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

複雑な気持ちで(苦笑)

先週、偶然このLIVE動画が出て来て「ファビオがこんな狭いカラオケ・バーのステージでLIVE?!」「まさかカラオケ音源でマイク持って熱唱したりしないよねぇ?」と少し戸惑いながら何曲か観てました。さすがに生演奏バック・バンド付きでホッとしつつも…あんな近距離でファビオを観れる(聴ける)羨ましさと、言葉悪くなってしまいますけど、彼程の名シンガーが…こ、こんな狭苦しい場所でと複雑な気持ちになってしまいました。ほんとHR/HM界って、音楽シーンでいつも厳しいジャンル…こんなにパワフル、エネルギッシュでメロディアスでドラマティックetc…で芸術性までも兼ね備えてるジャンルなのにもどかしい(涙)でも、どんな場所で歌うか、よりも誰が歌うか(実力)で、そんな場所の空気さえも変え、圧倒させるかですよね!…なんか、もぉ長々すみません(汗)

あと同じ会場でHelloweenのトリビュート・バンドとファビオが一緒に「Eagle Fly Free」を歌ってる動画なんてのも別にありますよね!

Turilli / Lione Rhapsodyって解散したのか...

「あのファビオが!」と思いつつ、「ファビオならやりかねん」という気も少しします(笑)

そして、チャンネルの登録者数の規模や、動画公開にあたって(おそらく)あまり宣伝されてない状況を考えると、この再生数は中々だなと思いました。
注目度自体は今も変わらないと思うんですけどねー

先にコメントされていた暁坂様の内容でTurilli / Lione Rhapsodyが解散したのを知り驚いてます。

セールス面でもあまり振るわなかったのでしょうがないかなぁと思う反面、アウトプットがそれなりに良かった為勿体ない気もします……

この企画については、元々仕事をあまり選ばない人なのであまり深い意味は無いんじゃないかと思ってます。そうじゃないと夢も希望もないので(苦笑)

ラフな歌なのでラプソ時代の曲よりWasted Yearsのがハマってる気がするのが個人的には面白いです(笑)

ライブ内容よりも……

HR/HMの厳しい現実を考えさせられてしまいました(笑)
所謂「ロックスター」としての生活が出来るHR/HMバンドって世界に100もないんでしょうね。

!(◎_◎;)

Turilli / Lione Rhapsody解散したんですか⁉︎

かなり自分好みの音楽性だったのに(ノД`)。

>Kazuriさん

RHAPSODY OF FIREの音楽なんて、それこそ大スクリーンを備えたアリーナで豪華なセットとオーケストラやクワイアを加えて表現されるべきものなのに、カラオケ・バーとはちょっと切ないものがありますね。

これくらいの人数なら日本でも集まると思うので、どうせやるなら日本でもやってほしいですね(笑)。

>暁坂さん

TURILLI / LIONE RHAPSODYはこの1、2月の南米ツアーをもって解散とのことですが、彼らの支持が一番篤いのは南米ということなんですかね。

たしかにチリの無名のチャンネルの動画にしてはよく観られているのは、YouTubeのアルゴリズムがこの動画の価値を理解して私をはじめとするファンに「おすすめ」しているということなんでしょうかね。

>ごえたさん

まあ、食うに困ってやっているというよりは、何かお付き合いとかそういうことでやっているだけかもしれませんね。

元々ユーロビートさえ歌ってしまうような人なので変なプライドもないのでしょうし。

"Wasted Years"はRHAPSODY OF FIREの曲よりかなり歌いやすい曲だというのが大きいのではないでしょうか。カラオケにあるメイデンの曲の中では一番歌いやすいと思いました(笑)。

>周蔵さん

何をもって「ロックスターらしい生活」とするかにもよりますが、きっとそうでしょうね。

特に90年代以降にデビューしたバンドに限って言うなら、一部のNU METAL系のバンドを除けばほぼ皆無かもしれません…。

>ゆうていさん

解散したみたいですね。実質アルバム1枚だけの活動でしたが。

プロジェクト名に期待される商業的な評価が付いてこなかった、ということなのでしょうか…。コロナ禍の影響もあったのかもしれませんが。

これはむしろ

商売っ気なし、ではなかろーかと。主催者はギャラなんて払えないんじゃないでしょうか。
ファビ男くん、たぶん、好奇心旺盛で頼まれたら「お、何か面白そう」って採算関係なくすぐ乗ってきちゃうか、あるいは天性の出たがりで何でも顔出すタイプと見ました。きっと、旅費と泊まるところと美味しいご飯とコレ(小指)さえあれば、行くよ!という感じかと。
“feat. Fabio Lione”で検索すると、やったらめったら出てきますもんね。高いギャラ出せない様な無名のバンドも多いから、よし、俺がいっちょ力貸してやるか、というカイ御大のような考えがあるのかもしれません。

皆さんと同じ思いをしつつ、
ポテトを食べながらの圧倒的な歌唱力に脱帽しました。

>バモスラピドス大佐さん

なるほど、金ではないと。そう解釈すると俄然ファビオが良い人に思えてきますね(笑)。

いずれにせよ、変に出し惜しみしてセルフブランディングしようとする人よりは好感が持てるかもしれません。

>yoshiさん

ポテトを食べようが、トマトを食べようが、ファビオはファビオです。Voice Of Symphonic Metalなのです。



音楽だけで食べている(いける)メタル系バンドなんて
今は全世界でも50もいないでしょうね
ハロウィンとかでもメンバーの何人かは
昼の仕事を持っていますしね

80年代からやってる人達なんかはもう年金生活者も多いでしょうしね(笑)。

>辛おkさん

「自分のバンドの音楽だけで」という意味ではきっとそうでしょうね。

『Frontiers Music』でプロデュースやバックの演奏をやるなど、裏方仕事や、いくつものバンドを掛け持ちする、ということでなんとか「音楽だけで食べている」という人はもう少しいるかもしれませんが…。

世知辛い世の中です。

>周蔵さん

他の国の年金制度のことはよく知りませんが、メタル・バンドをやっていた人でもちゃんと年金を受け取れているといいのですが。